Filters

RECOMMENDED

100 products

Showing 49 - 72 of 100 products
View
Thurston Moore - Screen Time (Clear Vinyl LP)Thurston Moore - Screen Time (Clear Vinyl LP)
Thurston Moore - Screen Time (Clear Vinyl LP)Southern Lord
¥3,842
版元完売、限定500部クリア・ヴァイナル仕様。名バンド、Sonic Youthでおなじみのサーストン・ムーアが、2021年の夏に録音した楽曲を収めた最新アルバム『Screen Time』が名門〈Southern Lord〉から登場!世界がパンデミックのシャットダウンへと直面し、人種差別的な警察の弾圧や殺人に対して人々が立ち上がった2021年の夏に録音されたインストゥルメンタル・ギター楽曲のシリーズを収めた1枚。まだ、前頭葉が未発達な子供たちに対して、スマートフォンやPCのスクリーン・タイムが及ぼす影響からインスピレーションを受けたタイトルであり、Loren ConnersやNeil Young『Deadman』辺りが好きな人にもレコメンドできる破格のエクスペリメンタル・フォーク作に仕上がっています!Lasse Marhaugによるマスタリング、Stephen O'Malleyによるスリーヴ・デザインと仕様も万全です。
Terry Riley - Organum For Stefano (CD)Terry Riley - Organum For Stefano (CD)
Terry Riley - Organum For Stefano (CD)i dischi di angelica
¥2,389
Steve Reich、Charlemagne Palestine、La Monte Youngと並んで当店ミニマル四天王としても激激レコメンドなミニマル・ミュージックを代表する名作曲家Terry Riley。2013年5月7日に、イタリア/ボローニャのサンタ・マリア・デイ・セルヴィ聖堂で行なったライブ・パフォーマンスを収めたアルバム『Organum for Stefano』がCDリリース。パイプ・オルガンと自身のヴォイスを駆使した崇高かつ天上なミニマル・ドローンの大傑作録音!Bob Drakeの手により〈Studio Midi-Pyrènèes〉にてミックス/マスタリング。
Lowtec - Old Economy (LP)
Lowtec - Old Economy (LP)Workshop
¥3,288
「1枚のヴァイナル・レコードでできるだけ長い再生時間を持つLPを作りたかったんだ。」Move D、Kassem Mosse、DJ Slyngshotなどを始めとした人気作家が集う名ダンス・レーベル〈Workshop〉を2006年から運営し、Fort RomeauやJuju & Jordash、Sleep Dといった大物たちのリミックスも手掛けるドイツの名プロデューサー、Lowtec。過去数年に及ぶスタジオでのリサーチの集大成といえる、その最新アルバム『Old Economy』を自身の〈Workshop〉よりアナログ・リリース!初期のレア・トラックや未発表曲をコンパイルした昨年のフルレングス作品『Easy To Heal Cuts』から実に1年ぶりのリリースとなったアルバム。「(本作に収録された)音楽はほとんどここ2年のものだ。スタイルは自由と言えるし、古い経済の終わりを反映している。」とのこと。官能的なレフトフィールド・ハウスと、ダウンテンポかつシネマティックなサウンドがミックスされた全15曲を収録。
Green-House - Solar Editions (CS+DL)Green-House - Solar Editions (CS+DL)
Green-House - Solar Editions (CS+DL)Leaving Records
¥1,983
今年度重要アンビエント作品が満を辞して登場。Loris S.Sarid『Music for Tomato Plants』やOmni Gardens『Moss King』といった近年の「植物のためのアンビエント」の大名作『Six Songs for Invisible Gardens』でも知られるLAのノンバイナリーのアーティスト、Green-Houseによる最新アルバムが西海岸のニューエイジ/ビート・ミュージック/現代ジャズの一大聖地である〈Leaving Records〉から到着!空想のデパートやウェンディ・カルロスから影響を受けたヴァーチュアルなクラシック、サウンドスケープといったテーマをもとに紡がれるオーガニックかつみずみずしい質感のニューエイジ/アンビエント・ミュージック傑作!この人が出す作品、どれもハズレなしです。Matthewdavidによるマスタリング仕様。
Jorge Ben - Silêncio No Brooklin (LP)
Jorge Ben - Silêncio No Brooklin (LP)Audio Clarity
¥2,644
ブラジルのトロピカリア・ムーブメントの代表格であり、サンバ・ロックとして知られるユニークなサウンドを開拓したボサノヴァの巨匠Jorge Ben。ブラジルのポップスで最も偉大なアイコンの一人であったこの人が残した67年の傑作『Silencio No Brooklin』が〈Audio Clarity〉よりアナログ・リイシュー。自身のキャリア初期である10年間に珍しく〈Philips Records〉から発表されなかった作品の一つであるため、彼のタイトルの中でも少しマイナーな作品となっていますが、彼のキャリア中最もアップビートで生き生きとしたアルバムであり、サンバとソウルの活気にあふれたミックスとも言える傑作盤!

1967年作品の2022年度再発盤。
Tom Van Der Geld - Small Mountain (LP)Tom Van Der Geld - Small Mountain (LP)
Tom Van Der Geld - Small Mountain (LP)Black Sweat Records
¥3,247
Steve Reich、Terry Riley、Mkwaju Ensembleファンにもレコメンドしたい珠玉のミニマル作品!近年、イタリア前衛音楽を大いに掘り起こしていた当店おなじみのユニークなレーベル〈Black Sweat〉からの最新復刻リリース。ジャズの聖地〈ECM〉や〈CAM〉傘下のイタリアン・ジャズ名門〈Soul Note〉にも在籍、Peter Michael Hamelも参加した名クラウトBetweenやManfred Schoofとも仕事を共にしてきた米国のビブラフォン奏者Tom van der Geld。現代音楽系名門〈Wergo〉傘下の〈Spectrum〉シリーズから1986年に発表した天上系ポスト・モダーン/ミニマル傑作の史上初アナログ再発盤。
Don Cherry - Eternal Now (Pink Vinyl LP)
Don Cherry - Eternal Now (Pink Vinyl LP)Klimt Records
¥2,678
Essential Outernational Sounds!! 偉才オーネット・コールマンの右腕としてフリー・ジャズの先駆者となり、コルトレーンとのコラボレーションでも注目を集めていた世紀の名プレイヤー、ドン・チェリーが、1973年にスウェーデンの小規模レーベル〈Sonet〉レーベルのシリーズ〈Universal Folk Sounds〉に残したアヴァンギャルド・ジャズのマスターピース『Eternal Now』がアナログ再発。その5年前に発表された傑作であり、フリー・ジャズとワールド・ミュージックが奇跡の融合を果たした『Eternal Rhythm』の続編ともいうべき立ち位置のアルバムで、『Eternal Rhythm』同様に、再びヨーロッパのアヴァンギャルド・シーンを代表する面々をフィーチャーして臨んだ一枚。西洋のスタンダードな楽器はピアノだけであり、他の楽器はアフリカ、チベット、中国、インド、ルーマニア、インドネシアのものという気合の入りっぷり。非常に緩やかにして冒険的なムードの作品で、収録曲のうち4曲は約8分以上もの大ボリューム(!) 真っ先にレジェンド= The Art Ensemble Of Chicagoの存在を思い起こさせる、新しい音楽の可能性と文化館の共通性を探求した新鮮で予測不可能な大名盤!
Sleep - Dopesmoker (Light Green CS)Sleep - Dopesmoker (Light Green CS)
Sleep - Dopesmoker (Light Green CS)Southern Lord
¥2,497
ライブ音源を追加収録。USドゥーム・メタル ~ スラッジ ~ ストーナー・ロック系最高峰の名バンドことSleepが〈Tee Pee〉より2003年に発表していた、ヘヴィ・ロック史に捧ぐ究極の聖典ともいうべき一大傑作であり、98年3rd『Jerusalem』のロング・ヴァージョン完全版として発表された金字塔的アルバム『Dopesmoker』の〈Southern lord〉からの21年度限定カセット復刻盤!
Sunn O))) - Metta, Benevolence BBC 6Music : Live On The Invitation Of Mary Anne Hobbs (2LP)Sunn O))) - Metta, Benevolence BBC 6Music : Live On The Invitation Of Mary Anne Hobbs (2LP)
Sunn O))) - Metta, Benevolence BBC 6Music : Live On The Invitation Of Mary Anne Hobbs (2LP)Southern Lord
¥3,842
BorisやEarth、Nurse With Woundといった名グループとのコラボレーションでもおなじみ、名将、Stephen O'Malley率いるドローン/ドゥーム最高峰Sunn O)))の最新作が名門〈Southern Lord〉からアナログで登場!2019年10月下旬、英国・ロンドンの伝説的なヴェニュー〈Roundhouse〉でのソールドアウト公演で幕を閉じた英国ツアーの成功を受け、BBCの〈Maida Vale Studios〉入りしたSunn O)))が、〈BBC Radio 6 Music〉の番組のために録音したスタジオ・セッション音源を収めた傑作盤!アルバム『Life Metal』と『Pyroclast』を軸にした長いツアーの終わりに作り上げた一枚となっており、今作には先のツアーにも同行していた女傑Anna Von Hausswolffも参加しています (!)
Mr. Fingers - Around The Sun (2LP)
Mr. Fingers - Around The Sun (2LP)Alleviated Records
¥4,298
この上なくグッド・ヴァイブスな一枚!シカゴ~ディープなハウス界隈の名仕事の数々で知られる大重鎮ことLarry Heard (1960-)によるMr. Fingersとしての実に4年振りとなる最新ダブル・パックが、自身の主催する〈Alleviated Records〉より堂々アナログ・リリース。2018年の『Cerebral Hemispheres』から早四年、最新アルバムが登場!ジャズ、R&Bからテクノ、アンビエントまで、彼が影響を受けたもの全てを包含した瑞々しいシカゴ・ハウス・トラックを全10曲収録。これは説明不要の好内容に仕上がっています。
H Music De-Perception (Henry Kawahara) - 南風 アルファ・ウェイヴ (7")H Music De-Perception (Henry Kawahara) - 南風 アルファ・ウェイヴ (7")
H Music De-Perception (Henry Kawahara) - 南風 アルファ・ウェイヴ (7")Em Records
¥1,650
ヘンリー川原が90年代初期にプロデュースした希少な《日本語歌もの》 曲をヘンリー川原史上初の7インチでリリース。川原しか作れなかったこのサイバーオカルト電脳異国情緒ヴォーカル・チューンを小室哲哉と坂本龍一に捧げます。

今のアート文脈から無きものとして抹消されるなら我々で存在証明してやるという意気込みだけで展開した企画ながら、世界的にも話が通じることが確認できたヘンリー川原再訪運動 (複数の記事になって取材も受けました)。そんな中、鋭意準備中の続編 『電脳的反抗と絶頂2: その他のヘンリー川原』 (仮題)の景気づけに投与するのが今回のシングルです。※コンピには未収の限定ワンオフ・リリースです。

この「Minami-kaze α Wave(南風 α ウェイヴ)」 は、川原が手がけた希少な日本語ヴォーカル曲であり、1993年にHMD (H Music De-Perception) という名で発表された「南風#3」の未発表ヴァージョンだ (マニアですいません)。 同曲は『電脳的反抗と絶頂』 にも収録したサイバーエキゾ・トラック「南風」をヴォーカル曲用に改編したもので、記録によれば宝達奈巳が歌い、既出版とMIXが微細に異なる未発表ヴァージョン。90年代末のTKファミリーを彷彿とさせるユニット名で、80年代に細野晴臣がプロデュースしたアイドル曲群に真っ向から挑んだような<ポップスもできた川原>を確認できる希少例だ。

=作品仕様=
+ 半透明GREEN VINYL
+ 片面1曲のみ収録
+ 特殊アルミ蒸着紙を使ったペラジャケ付き。見本図版の色目は実物と異なります。ギラギラになります。
Susumu Yokota - Acid Mt. Fuji (2LP)
Susumu Yokota - Acid Mt. Fuji (2LP)Midgar Records
¥4,298
大人気ジャパニーズ・テクノ傑作が2022年度リプレス!〈Syzygy Records〉や〈Transonic〉とも並ぶ日本の最初期の伝説的なテクノ・ミュージック・レーベルこと〈Sublime Records〉から発表した"SUSUMU YOKOTA"名義としてのデビュー・アルバムにして金字塔が復刻リリース!独自のトランス観とアシッドなサウンドを軸に、抜群なディープ・テクノを披露したキャリア代表作。異様にエクスペリメンタルな"Oh My God"なんかも最高です!〈Dubplates & Mastering〉でのリマスタリング仕様。
Hydroplane (LP)Hydroplane (LP)
Hydroplane (LP)Efficient Space
¥3,370
同レーベルの傑作コンピ『Sky Girl』が好きな方にもオススメ。オーストラリアのインディ・ポップ・ヒーロー、The Cat’s Miaowの後身であるメルボルンのカルト・インディ・トリオなHydroplaneが1997年にCDオンリーで発表したファースト・アルバムがSteve HiettやWilson Tannerの再発などでも知られる名門〈Efficient Space〉より史上初のアナログ化。同年の7インチ・シングル作品『We Crossed The Atlantic』はJohn Peelの支持を受けるもヒットには繋がらなかったオーストラリアのカルトなインディ・ポップ・バンドが残した知られざる傑作にして、幻想と虚無の合間を行き交うドローン・ロック/ドリーム・ポップのマスターピース!彼岸の地で邂逅したGrouper + Neil Young『Deadman』 + Mauizio Bianchiのドッキング・ライブを思わせる、虚脱感と天上なサウンドが同居した驚愕の一枚!
Have A Nice Life - Deathconsciousness (CS+DL)
Have A Nice Life - Deathconsciousness (CS+DL)The Flenser
¥1,876
予算はたった1.000ドル以下。4chanなどで広くオンラインでのカルト的な人気を獲得し、今や現代の「名盤」として確固たる地位を確立した大名作!シューゲイズ、ポスト・ロック、ダーク・アンビエント、ゴシック・ロック、インダストリアル・ロックまでも呑み込んだ破格のサウンドを展開するアメリカのロック・デュオ、Have a Nice Lifeが〈Enemies List Home Recordings〉から2008年に発表したドゥームゲイズ/ブラックゲイズの記念碑的大傑作デビュー・スタジオ・アルバム『Deathconsciousness』が〈The Flenser〉より2022年度リプレス。これまでも複数回の再発が行われてきた破格の一枚の限定カラー盤アナログとカセット版をストックしました。2002年から2007年にかけて実に録音された「黙示録的」とも評される一枚。ダーク・アンビエントからゴシック・ロックなどを独自の実験的なサウンドの美学のもとで折衷した傑作アルバムであり、病んだパラドックスでもがく、その荒涼として深遠な音場は2022年の今も破格のもので有り続けています。未体験の方は是非!
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 (2LP)
Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92 (2LP)Apollo
¥4,172

Warp Recordsに「現代のエレクトロニック・ミュージックの基準であり、発祥の地でもある。また、すべての家にはこのレコードが必要(一家に一枚)だ。」とまで言わしめた、史上最強の奇人にして最大の天才Aphex TwinのベルギーR&Sから1992年に発表されたデビューアルバムにして金字塔。正に一家に一枚!電子音楽〜テクノ〜アンビエント、ジャンルを超えて今尚燦然と輝き続ける説明不要の歴史的名盤のヴァイナルがリマスターされ待望の再プレス!

エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスが85年から92年にかけて作りためていたアンビエント・テクノ・トラックをまとめた本作。それまでハードコア・レイブなトラックによって頭角を現していたエイフェックス・ツインが突如リリースし、その美しくピュアな電子音によって大きな驚きと共にその評価を決定付けた傑作!! 本作がその後のシーンやアーティストに与えた影響は計り知れず、クラフトワークの『アウトバーン』を始めとしたマスターピースと肩を並べる1枚であると同時に、ジャンルと世代を越えて世界中で評価され続けている。モダン・エレクトノニック・ミュージックの起源であり、基準とされてきた作品であることは間違いないが、なによりもまず、すべての音楽リスナーが聴くべき、素晴らしい音楽作品であり、また何と12歳頃から作りためていたトラックを収録しているという逸話を始め、シンボルマーク、楽曲の記号性等、そのミステリアスなイメージも相まり、孤高のアーティストとしてエイフェックス・ツインのイメージを確立した作品でもある。

Keith Fullerton Whitman - GRM [Generators] (LP)
Keith Fullerton Whitman - GRM [Generators] (LP)Nakid
¥4,153
アヴァン/ミュージック・コンクレート・マニアを魅了してやまないカルトなブート・レーベル〈Creel Pone〉と〈Alpha State NYC〉を運営し、自身は電子音楽家として〈Kranky〉や〈Mego〉〈PAN〉などにも作品を残す鬼才Keith Fullerton Whitman。2009年のデビュー作『Generators』を〈GRM〉のスタジオで再構成した作品が、YPYこと日野浩志郎主宰の注目レーベル〈Nakid〉から到着。同プロジェクトの10周年を迎えた2019年、パリのGRMに招かれたホイットマンが、高級なアナログ/デジタル変換器を使ってワンテイクで録音した45分の長編!名匠Rashad Beckerによるマスタリング仕様。限定300部。
Bizarre Ko.Ko.Ko. - 00 Time (LP)
Bizarre Ko.Ko.Ko. - 00 Time (LP)Wah Wah Records
¥3,375
オリジナルは3万円近い高値での取引もある激レア盤!かつて大名門〈Creel Pone〉も目をつけていた一枚です。共にCultural NoiseのメンバーでもあるKarl Kronfeld & Walter Heinischからなるオーストリアのシンセサイザー・デュオ、Bizarre Ko.Ko.Ko.が、1984年に自身らの〈Synoptik Records〉にてプライベート・プレスした唯一作『00 Time』が、スペインのサイケ/プロッグ発掘系の名所こと〈Wah Wah Records〉から史上初のアナログ・リイシュー。初期Tangerine Dreamのプリミティブなコズミック加減に、Asmus Tietchensや80年代のConrad Schnitzler〜Peter Frohmaderのディストピックなサウンドスケープが渾然一体となった様な荒涼としたポスト・インダストリアル作品!オリジナル・マスターテープからのアナログ・カット仕様。限定500部。
Mecanica Popular - ¿Qué Sucede Con El Tiempo? (LP)
Mecanica Popular - ¿Qué Sucede Con El Tiempo? (LP)Wah Wah Records
¥3,664
マドリッド音響派とも呼ばれる、80年代スペイン・マドリッドの新進気鋭の前衛音楽家たちの密かな活躍を支えた「マドリッドの彗星」(El Cometa De Madrid)シリーズの運営者Luis Delgado (Babia, Finis Africae,Ishinohana)と、RandomizeことEugenio Muñozによるユニット、Mecanica Popular。1984年に人知れず生み出したフリーフォームなニューウェイヴ・ダンス/テープ・ミュージックの傑作『¿Que Sucede Con El Tiempo?』。2015年にはAndy Votel、Sean Canty (Demdike Stare)ら主宰の〈Dead-Cert Home Entertainment〉より再発、廃盤となっていた本作の〈Wah Wah Records〉からの2021年度復刻盤!彼らの記念碑的ファーストにして、当時のインダストリアル/ミニマル・ウェイヴから空想民俗、ジョン・ハッセルの第四世界まででもがごった煮になったエクスペリメンタル・マシーン・ファンク傑作!前人未踏の奥地で行われたConrad SchnitzlerからChris Carter、Jon Hassellのドッキング・ライブを観ているかの様。限定500部。
Mecanica Popular - Baku: 1922 (LP)
Mecanica Popular - Baku: 1922 (LP)Wah Wah Records
¥3,375
マドリッド音響派とも呼ばれる、80年代スペイン・マドリッドの新進気鋭の前衛音楽家たちの密かな活躍を支えた「マドリッドの彗星」(El Cometa De Madrid)シリーズの運営者Luis Delgado (Babia,  Finis Africae,Ishinohana)と、RandomizeことEugenio Muñozによるユニット、Mecanica Popular。1987年に人知れず生み出したインダストリアル/ミニマルの傑出した名作『Baku: 1922』。2010年に〈Electunes〉より再発、現在は廃盤となっていた本作が〈Wah Wah Records〉から元のアートワーク仕様で2021年度復刻盤!彼らの大人気セカンド・アルバムにして、当時のインダストリアル/ミニマル・ウェイヴから空想民俗、ジョン・ハッセルの第四世界まででもがごった煮になったエクスペリメンタル・マシーン・ファンク傑作!前人未踏の奥地で行われたConrad SchnitzlerからChris Carter、Jon Hassellのドッキング・ライブを観ているかの様。オリジナル・テープからのリマスタリング仕様。インサート付属。限定500部。
友川かずき - 千羽鶴を口に咬えた日々 A String of Paper Cranes Clenched between My Teeth (LP)友川かずき - 千羽鶴を口に咬えた日々 A String of Paper Cranes Clenched between My Teeth (LP)
友川かずき - 千羽鶴を口に咬えた日々 A String of Paper Cranes Clenched between My Teeth (LP)Blank Forms Editions
¥3,587
Legend!! 1950年秋田県生まれ。日本の音楽の生ける伝説であり器量。詩人・歌手・画家・競輪愛好家・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者こと友川カズキ。1970年代半ばに、東京のアヴァン・フォーク・シーンへと登場、喉を絞るような歌、そして、切ないアンニュイが孤高のサウンドと感性を生み出すこの人の77年サード・アルバム『千羽鶴を口に咬えた日々』が〈Blank Forms〉から満を持してアナログ・リイシュー。1977年に〈Harvest〉から発表された作品であり、お馴染みの大名曲「生きてるって言ってみろ」も収録!オリジナルのライナーノーツにて、友川かずき自身が語る通り「ますます内側に向かう」ことになった転換点的な一枚が史上初となるLP再発。1977年8月24日から9月25日までの一ヶ月間に東京・銀座のスタジオ〈Onkio Haus〉で録音、J・A・シーザーが編曲家として全面参加した伝説的作品。自身の故地・秋田の言葉で、叫び、叫び、泣き叫び、そして、歌い、そのフォーク・スタイルはサイケデリアの香りを放ちながら、地響きのようなロックへと膨れ上がっていく。
友川かずき - 肉声 Straight from the Throat (LP)友川かずき - 肉声 Straight from the Throat (LP)
友川かずき - 肉声 Straight from the Throat (LP)Blank Forms Editions
¥3,587
Legend!! 1950年秋田県生まれ。日本の音楽の生ける伝説であり器量。詩人・歌手・画家・競輪愛好家・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者こと友川カズキ。1970年代半ばに、東京のアヴァン・フォーク・シーンへと登場、喉を絞るような歌、そして、切ないアンニュイが孤高のサウンドと感性を生み出すこの人の76年セカンド・アルバム『肉声』が〈Blank Forms〉から満を持してアナログ・リイシュー。1976年7月に〈Harvest〉から発表された作品であり、友川が最も真の姿を見せつけた一枚が史上初となるLP再発。シニカルにして公平、真実を求める目で世界を見つめ、今や「叫ぶ哲学者」と呼ばれるに至った姿を友川かずき。自身の故地・秋田の言葉で、叫び、叫び、泣き叫び、そして、歌い、そのフォーク・スタイルはサイケデリアの香りを放ちながら、地響きのようなロックへと膨れ上がっていく。
友川かずき - やっと一枚目  Finally, His First Album (LP)友川かずき - やっと一枚目  Finally, His First Album (LP)
友川かずき - やっと一枚目 Finally, His First Album (LP)Blank Forms Editions
¥3,587
Legend!! 1950年秋田県生まれ。日本の音楽の生ける伝説であり器量。詩人・歌手・画家・競輪愛好家・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者こと友川カズキ。1970年代半ばに、東京のアヴァン・フォーク・シーンへと登場、喉を絞るような歌、そして、切ないアンニュイが孤高のサウンドと感性を生み出すこの人の75年ファースト・アルバム『やっと一枚目』が〈Blank Forms〉から満を持してアナログ・リイシュー。東京・蒲田のイタリアン・レストランでアルバイトをしていた友川かずきが25歳の若さで発表した初期の大傑作が史上初となるLP再発。自身の故地・秋田の言葉で、叫び、叫び、泣き叫び、そして、歌い、そのフォーク・スタイルはサイケデリアの香りを放ちながら、地響きのようなロックへと膨れ上がっていく。
Isik Kural - in february (Thistle Pink Vinyl LP+DL)
Isik Kural - in february (Thistle Pink Vinyl LP+DL)Rvng Intl.
¥3,098
めちゃくちゃ甘美です。これは幅広いリスナーにレコメンドしたい一枚!SatomimagaeやEmily A. Sprague、Visible Cloaksなども参加した〈RVNG〉からのコンピレーション・アルバム『Salutations』にも顔を出していたトルコ・イスタンブール出身/グラスゴー拠点のアーティスト、Isik Kuralの2022年度の最新アルバムが登場。Virginia Astleyの『From Gardens Where We Feel Secure』、Emmanuelle Parreninの『Maison Rose』辺りが好きな方にもこれはオススメ。人生の時間性を表すスナップショットの如し、サイケデリックでありながらにして牧歌的な魅惑の空気を醸す極上のアンビエント・ポップ。本作の収益の一部は、トルコ全土の子供達のためのワークショップ、教育プログラム、放課後プログラムを作成、実施する団体である〈Turkiye Egitim Gonulluleri Vakfi〉に寄付されることになっています。限定150部。
Jeremiah Chiu & Marta Sofia Honer - Recordings from the Åland Islands (LP)Jeremiah Chiu & Marta Sofia Honer - Recordings from the Åland Islands (LP)
Jeremiah Chiu & Marta Sofia Honer - Recordings from the Åland Islands (LP)INTERNATIONAL ANTHEM RECORDING COMPANY
¥3,962
版元完売最終入荷です。Brian Eno、坂本龍一、Terry Riley、Jon Hassellが好きな方にも激激レコメンド!コミュニティ・オーガナイザー、グラフィック・デザイナー、シンセシスト、教師といった多彩な顔を持つLAのアーティスト= Jeremiah Chiu、そして、同地のバイオリニスト、Marta Sofia Honerの2名による待望の初コラボ・アルバムが、シカゴの現代ジャズ一大聖地〈International Anthem〉から登場です!Chiuの繰るモジュラー・シンセとHonerのヴィオラの即興演奏が、バルト海のオーランド諸島で録音されたフィルレコ素材と折り重なり、美しくきらびやかでピースフルなサウンドスケープが大いに生まれた傑作アルバム!憂いと影と静かに揺れる、深遠なアンビエント・ジャズ。

Recently viewed