Filters

MERCHANDISE

57 products

Showing 1 - 24 of 57 products
View
Good Medicine Canvas Tote Bag - SandGood Medicine Canvas Tote Bag - Sand
Good Medicine Canvas Tote Bag - SandGood Morning Tapes
¥6,480

100% ヘヴィーウェイト・オーガニックコットン
60cm x 40cm x 13cm
Made with love & care by our friendly team in Portugal

Yoga Center Canvas Totebag - Salty BlueYoga Center Canvas Totebag - Salty Blue
Yoga Center Canvas Totebag - Salty BlueGood Morning Tapes
¥6,480

100% ヘヴィーウェイト・オーガニックコットン
60cm x 40cm x 13cm
Made with love & care by our friendly team in Portugal

世親の浄土論 - 山口益 (Book)
世親の浄土論 - 山口益 (Book)法藏館
¥9,900

従来の宗学的見地から観た浄土論でなく、大乗仏教思想史の一部として取扱っている。したがって浄土論は一宗派の教養上のものでなく、大乗仏教の発展した最終の姿であることが本論によってうけとられる。


一 世親の伝記及びその著作について
二 浄土論の題号
三 浄土論の本文形態について
四 論註劈頭の難行易行二道について
五 浄土論の帰敬偈と造論の意趣
 1 帰敬偈について
 2 帰敬偈の語の解釈
 3 願生についての論註の二番の問答について
  a 生の吟味
  b 往生の意味
 4 帰敬偈と五念門の初め三念門との配当
 5 瑜伽行派の諸論と五念門
 6 造論の意趣の偈の解釈
六 浄土の荘厳功徳について
 1 浄土の荘厳功徳の不可思議性について
 2 いわゆる十八円浄について
 3 三種の荘厳功徳成就について
  a 鏡智としての十七種荘厳功徳
  b 第一義諦妙境界相の意味
  c 十七種荘厳功徳の語句の十二について
  d 八種荘厳功徳成就について
  e 荘厳菩薩功徳成就
 4 いわゆる浄入願心章について
 5 略説入一法句故、及びその舌の文について
七 廻向門について
八 障菩提門、順菩提門、名義摂対及び、願事成就について
九 利行満足章について

無量寿経優波提舎願生偈の本分

判型・ページ数 A5・227ページ

1895~1976年1918年大谷大学卒1927年フランス留学 大谷大学学長を歴任紫綬褒章・文化功労章受賞著書 『仏教における無と有との対論』『中観仏教論攷』『般若思想史』『世親の成業論』

縄文土偶縄文土偶
縄文土偶SuryaShakti
¥28,000
縦14cm 横8.5cm
正信偈講義 全4巻 単行本 - 安田理深 (Book)
正信偈講義 全4巻 単行本 - 安田理深 (Book)法藏館
¥23,100

仏教学の大家・安田理深の、「正信偈」だけでなく『教行信証』全体にも相通じる、初公開の名講義録。

≪第一巻≫

序文

第一章 序説
 1、「正信偈」と「願生偈」
 2、「正信偈」御制作の動機
 3、偈頌と問答
 4、諸仏の伝統と知恩報徳

第二章 総讃
 1、帰命無量寿如来

第三章 弥陀章
 2、法蔵菩薩因位時
 3、本願名号正定業

第四章 釈迦章
 4、如来所以興出世
 5、摂取心光常照護
 6、獲信見敬大慶喜

第五章 結誡
 7、弥陀仏本願念仏


≪第二巻≫

第六章 依釈段 総讃
 8、印度西天之論家

第七章 龍樹章
 9、釈迦如来楞伽山

第八章 天親章
 10、天親菩薩造論説
 11、広由本願力回向
 12、帰入功徳大宝海


≪第三巻≫

第九章 曇鸞章
 13、本師曇鸞梁天子
 14、天親菩薩論註解
 15、惑染凡夫信心発

第十章 道綽章
 16、道綽決聖道難証
 17、三不三信誨慇懃

第十一章 善導章
 18、善導独明仏正意
 19、行者正受金剛心


≪第四巻≫

第十二章 源信章
 20、源信広開一代教
 21、専雑執心判浅深
 22、極重悪人唯称仏

第十三章 源空章
 23、本師源空明仏教
 24、還来生死輪転家

第十四章 結勧
 25、弘経大士宗師等

あとがき

判型・ページ数 A5・1171ページ

仏教哲学者、真宗大谷派僧侶。1900年、兵庫県生まれ。青年時代は禅やキリスト教などを学ぶが、金子大栄の著作に影響を受けて1924年大谷大学に入学。曽我量深に師事する。1935年頃より、京都で学仏道場「相応学舎」を主宰し、唯識論や親鸞思想などの講義を行った。生涯無位無官を貫き、在野にて自己の思索を深めるとともに、後進の指導にあたり多くの学生・僧侶らに影響を与えた。1982年逝去。

Meditations Classic Logo Garment Dyed 6.1oz T-ShirtMeditations Classic Logo Garment Dyed 6.1oz T-Shirt
Meditations Classic Logo Garment Dyed 6.1oz T-ShirtMeditations
¥2,000

ボディは50回のウォッシュ加工を経て制作される、Comfort Colors®社製の後染めTシャツ。

S M L XL
着丈 66.0 71.0 73.0 77.0
身幅 47.0 52.0 54.0 59.0
袖丈 18.0 21.0 22.0 23.0
肩幅 46.0 50.0 52.0 57.0
Meditations Classic Logo Champion Heritage 7oz T-ShirtMeditations Classic Logo Champion Heritage 7oz T-Shirt
Meditations Classic Logo Champion Heritage 7oz T-ShirtMeditations
¥2,458

7オンスの肉厚の生地に、アメリカンカレッジボディならではのザックリとした型が新鮮です。袖口.裾はダブルステッチ仕様、左袖にはおなじみのCマーク付。

S M L
着丈 65.0 72.5 76.0
身幅 50.5 54.5 60.0
袖丈 22.5 22.5 24.0
肩幅 47.5 53.0 56.0
Ukraine Propolis Beeswax CandleUkraine Propolis Beeswax Candle
Ukraine Propolis Beeswax CandleUkraine Beeswax
¥1,478

ウクライナの山奥で一人の職人が制作しており、現地修道院でも実際に使用されている蜜蝋キャンドルです。抗菌作用が高く、その暖かい光とともに、瞑想やヒーリングにも非常に有効で治癒を高めるキャンドルです。

燃焼時間 約12時間
直径55 x 高さ30mm

Ukraine Beeswax Candle (S)Ukraine Beeswax Candle (S)
Ukraine Beeswax Candle (S)Ukraine Beeswax
¥1,782
ウクライナの山奥で一人の職人が制作しており、現地修道院でも実際に使用されている蜜蝋キャンドルです。抗菌作用が高く、その暖かい光とともに、瞑想やヒーリングにも非常に有効で治癒を高めるキャンドルです。

燃焼時間 約15時間
直径34 x 高さ190mm
Ukraine Beeswax Candle (M)Ukraine Beeswax Candle (M)
Ukraine Beeswax Candle (M)Ukraine Beeswax
¥2,475
ウクライナの山奥で一人の職人が制作しており、現地修道院でも実際に使用されている、蜜蝋キャンドルです。抗菌作用が高く、その暖かい光とともに、瞑想やヒーリングにも非常に有効で治癒を高めるキャンドルです。

燃焼時間 約32時間
直径36 x 高さ290mm
Ukraine Beeswax Candle (L)Ukraine Beeswax Candle (L)
Ukraine Beeswax Candle (L)Ukraine Beeswax
¥9,658
ウクライナの山奥で一人の職人が制作しており、現地修道院でも実際に使用されている、蜜蝋キャンドルです。抗菌作用が高く、その暖かい光とともに、瞑想やヒーリングにも非常に有効で治癒を高めるキャンドルです。

燃焼時間 約100時間
直径68 x 高さ510mm
真宗とは何か - 鈴木大拙 (Book)
真宗とは何か - 鈴木大拙 (Book)法藏館
¥3,080

https://hozokan.tameshiyo.me/9784831887870 (試し読み)

親鸞の他力の浄土教について論じた大拙の英文論文の邦訳。
自らの力で悟りを求める自力教としての禅。仏の慈悲にすがって、往生成仏を願う他力教としての浄土教。
両者は、異なる方法で成仏を実現する教えであった。
親鸞によって開顕された横超他力の浄土教は、凡夫が自らの分別を放擲して仏の慈悲心に直接し、法そのものに包まれて生きる道を開くことで、本来の仏道としての今現在のさとりを実現したと説く。
最晩年の弟子である訳者が大拙の真宗理解に基づき訳出する。収載論文の半数は初邦訳!

序文(佐藤平顕明)

 Ⅰ

禅と浄土――二種の仏教経験
 一、信仰的仏教と思索的仏教
 二、浄土門(他力)と聖道門(自力)
 三、他力――阿弥陀仏による救済
 四、自力――有限を超えて無限に
 五、浄土の信の定型句としての念仏
 六、思弁型の禅念仏
 七、黙祷的タイプの念仏
 八、本願への信の重要性
 九、二元の世界を破る念仏
 十、信仰タイプの禅タイプへの接近

真と禅――その対照

 Ⅱ

真宗とは何か
 一、自己とは何かという問い
 二、ミリンダ王の問い
 三、絶対的自己との出会い
 四、親さまに出会った才市
 五、機法一体を具現する念仏

無限な光
 一、アミターブハ――無限な光の仏
 二、光と娑婆と地獄
 三、娑婆世界の「光明」
 四、阿弥陀とその本願
 五、本願と自己

名 号
 一、阿弥陀仏が自分の名を広めようとした意味
 二、阿弥陀仏の名を聞いて無生法忍をさとる
 三、名号の力学
 四、阿弥陀仏の心と完全に一体化する信者の心
 五、私たちと共にある阿弥陀仏

 Ⅲ

妙好人才市の研究
 一、才市の宗教詩と内省的自己批判
 二、「罪」意識の起源
 三、才市の罪の概念
 四、罪、個別的と集合的
 五、才市と和解

妙好人
 一、妙好人、浅原才市
 二、才市の歌にみられる霊性的問いと答え
 三、絶対的肯定と究極的実在の発見

 Ⅳ

英訳『教行信証』への序(未完)
 一、阿弥陀仏と極楽浄土の建立
 二、法蔵の菩薩性と本願の意味
 三、阿弥陀仏の大慈悲による往還の円環運動
 四、有限から無限に超える横超
 五、阿弥陀仏と一体の凡夫の発見
 六、本源的力から生じる阿弥陀仏の願
 七、法蔵菩薩の四十八願
 八、他力――絶対的受動性の真実
 九、限りない無礙の光明としての浄土

 あとがき

判型・ページ数 4-6・296ページ

1870(明治3)年、金沢市本多町生まれ。本名貞太郎。1891年、鎌倉円覚寺の今北洪川について参禅。洪川遷化後、釈宗演に参禅。1892年、東京帝国大学哲学科選科入学。1897年、渡米。1909年に帰国、学習院大学・東京帝国大学の講師に就任。1921(大正10)年、真宗大谷大学教授に就任。大谷大学内に東方仏教徒教会を設立、英文雑誌『イースタン・ブディスト』を創刊。1946(昭和21)年財団法人松ヶ岡文庫を創立。1949(昭和24)年文化勲章受章。同年より1958年まで米国に滞在し、コロンビア大学他で仏教哲学を講義。1956(昭和31)年宮谷法含宗務総長から『教行信証』の翻訳を依頼される。1960(昭和35)年大谷大学名誉教授となる。1961年英訳『教行信証』の草稿完成。1966(昭和41)年7月12日逝去。

妙好人 - 鈴木大拙 (Book)
妙好人 - 鈴木大拙 (Book)法藏館
¥2,750

才市を中心に、偶像化されてきた妙好人たちの他力実践者としての真実の姿を明らかにする。


一 妙好人
二 妙好人と日本的霊性的なるもの
三 念佛生活の一ヶ月
四 才市の信仰内容
五 信仰に入るまで
六 信仰の健全性と中庸性-衆生済度
七 才市の内生活と南無阿弥陀仏
八 浄土と娑婆
九 親と子-花婿と花嫁
十 南無阿弥陀仏の本体
十一 くくり
付録

判型・ページ数 4-6・294ページ

1870(明治3)年、金沢市本多町生まれ。本名貞太郎。1891年、鎌倉円覚寺の今北洪川について参禅。洪川遷化後、釈宗演に参禅。1892年、東京帝国大学哲学科選科入学。1897年、渡米。1909年に帰国、学習院大学・東京帝国大学の講師に就任。1921(大正10)年、真宗大谷大学教授に就任。大谷大学内に東方仏教徒教会を設立、英文雑誌『イースタン・ブディスト』を創刊。1946(昭和21)年財団法人松ヶ岡文庫を創立。1949(昭和24)年文化勲章受章。同年より1958年まで米国に滞在し、コロンビア大学他で仏教哲学を講義。1956(昭和31)年宮谷法含宗務総長から『教行信証』の翻訳を依頼される。1960(昭和35)年大谷大学名誉教授となる。1961年英訳『教行信証』の草稿完成。1966(昭和41)年7月12日逝去。

仏教の大意 - 鈴木 大拙 (Book)
仏教の大意 - 鈴木 大拙 (Book)法藏館
¥1,650

皇居での御進講をもとに寄稿。著者の仏教理解を簡潔に、しかも余すところなく述べた、定評ある名著。


第一講 大智 
第二講 大悲

判型・ページ数 4-6・126ページ

1870(明治3)年、金沢市本多町生まれ。本名貞太郎。1891年、鎌倉円覚寺の今北洪川について参禅。洪川遷化後、釈宗演に参禅。1892年、東京帝国大学哲学科選科入学。1897年、渡米。1909年に帰国、学習院大学・東京帝国大学の講師に就任。1921(大正10)年、真宗大谷大学教授に就任。大谷大学内に東方仏教徒教会を設立、英文雑誌『イースタン・ブディスト』を創刊。1946(昭和21)年財団法人松ヶ岡文庫を創立。1949(昭和24)年文化勲章受章。同年より1958年まで米国に滞在し、コロンビア大学他で仏教哲学を講義。1956(昭和31)年宮谷法含宗務総長から『教行信証』の翻訳を依頼される。1960(昭和35)年大谷大学名誉教授となる。1961年英訳『教行信証』の草稿完成。1966(昭和41)年7月12日逝去。

親鸞の人生観 - 金子大榮 (Book)
親鸞の人生観 - 金子大榮 (Book)法藏館
¥1,980
浄土真宗の宗祖親鸞が著した『教行信証』信巻〈真仏弟子章〉の講話。
原文に口語訳を付しつつ難解な仏典引用を解き明かし、親鸞の思想を丁寧に読み解く名著。
約50年振りに新装版として復刊。


一 総説
二 身心柔軟
三 涅槃の智慧
四 苦悩と安楽
五 師弟と善友
六 勝れた功徳
七 説聴の方軌
八 大悲の受施
九 法王の臣民
一〇 身心の教養
一一 さわりなき道
一二 菩提心
一三 大悲の行人
一四 釈迦と弥陀
一五 仏法あいがたし
一六 摂取と証誠
一七 護念の光
一八 宿業への光
一九 妙好人(上)
二〇 妙好人(下)
二一 弥勒の位
二二 無辺の同朋
二三 分限の生活
二四 涅槃の期待
二五 仏教の真宗
二六 真実と方便
二七 仏法と外教
二八 愚禿の悲歎

判型・ページ数 4-6・251ページ

1881年新潟県高田に生まれる。真宗大学卒業。1911年浩々洞の雑誌『精神界』の編集担当。東洋大学教授、真宗大谷大学教授、広島文理科大学講師、1951年大谷大学名誉教授に就任。1976年10月20日逝去。主著 『金子大榮著作集』(春秋社)、『金子大榮選集』(コマ文庫)。
歎異抄 - 金子大榮 (Book)
歎異抄 - 金子大榮 (Book)法藏館
¥1,760

金子先生の生前最後の講話で語られる他力念仏の教えは、人類の救いを根源的に明らかにする永遠不滅の教えである。『歎異抄』の真髄を簡潔な言葉で語りかける入門書の決定版。


師訓篇

第一講 人生観の基本的な意義
 歎異抄は日本の聖典
 歎異抄の構成
 人生観と生死観
 人生観と人間観
 往生極楽の道とは
 人と人との間柄
 愛憎の悲しみ
 すべての人の救われる場
 浄土は個人的ではない
 生と死の恐れ
 人生における念仏の意味

第二講 仏教の世間化か世間の仏教化か
 死と生きがい
 人生と摂取不捨
 罪悪観
 利他の心
 大乗教のめざすもの
 時代は仏教の要求に応ぜよ
 慈悲とヒューマニズムと平和の問題
 世間の仏教化と浄土
 追善追福をしない
 教育の心
 時代とともに救われる道

第三講 人生を生きる根拠
 人生観から人間観への深まり
 断念 あきらめ の教え
 障り多い人生と無碍の一道
 幸・不幸に支配されない
 善悪を超える
 断念のない寂しさ
 念仏の実践は非行・非善
 人生に喜びを与えるもの
 仏に喜びを与えるもの
 仏に予定される世界
 名残りを惜しむ人生
 『歎異抄』の良さ

歎異篇

第四講 宗教の実習
 知識人に敬遠される歎異篇
 宗義学の嫌われる理由
 歎異された二つの異義
 信心で救われるか、念仏で救われるか
 宗教の実習
 仏の大悲の心の表れ
 南無阿弥陀仏とお呪い
 他力の念仏
 名号の功徳と念仏の功徳
 体全体が念仏になってしまった

第五講 凡夫の救われる道
 『歎異抄』の問いかけ
 学問でも道徳でもない道
 学問と信心
 知識の限界を知る知識人
 他人の口を封じるための学問
 来世の往生
 煩悩具足の身をもってさとりをひらく
 六根清浄
 有限なるこの世と無限なる浄土
 普遍なるもの
 凡夫の救われる道

第六講 宿業と自由
 宿業にあらずということなし
 宿業と自由
 生業と道心
 道心
 悲しみを感じる
 悲しみを通して無限を知る
 信心歓喜
 限りなき願いに生きる

『歎異抄』本文
あとがき

判型・ページ数 4-6・211ページ

1881年新潟県高田に生まれる。真宗大学卒業。1911年浩々洞の雑誌『精神界』の編集担当。東洋大学教授、真宗大谷大学教授、広島文理科大学講師、1951年大谷大学名誉教授に就任。1976年10月20日逝去。主著 『金子大榮著作集』(春秋社)、『金子大榮選集』(コマ文庫)。

「唯識」から浄土教の菩薩像を問う 虚妄分別(煩悩)から意言分別(智恵)へ - 海野 孝憲 (Book)
「唯識」から浄土教の菩薩像を問う 虚妄分別(煩悩)から意言分別(智恵)へ - 海野 孝憲 (Book)法藏館
¥1,100

唯識思想では、菩薩が仏になる道筋を、虚妄分別の止滅から意言分別の智慧の獲得として明らかにし、さらに、仏の正覚の智慧を、無分別智と無分別後得智に分けて明らかにすることで、自利利他を完成した仏の智慧の根本を明らかにしている。
唯識思想が説く仏の智慧を基本として、浄土教で説かれる法蔵菩薩と阿弥陀仏の根源的意味を明らかにすることで、往相回向・還相回向が説かれる意義を明確にする。

序文

第一章 「虚妄分別」と「意言分別」とは
 一、ラトナーカラシャーンティの唯識説――虚妄分別の成立
 二、虚妄分別(煩悩)と菩提について
 三、虚妄分別とは何か
 四、虚妄分別(迷い)から意言分別(智慧)へ
 五、ラトナーカラシャーンティの、梵文『般若波羅蜜多論』の「菩薩の修道論」
 六、「意言分別」も、「虚妄分別」のアーラヤ識の如く、種子を有する
 七、「意言分別」とは何か
 八、意言分別とはどのような分別であるか
 九、意言分別と解脱(唯識の真観)
 十、「虚妄分別」より「意言分別」へ、さらに「無分別智(唯識の真観)」へ――「蛇・藤蔓・四塵の譬」によって解説する
 十一、「無分別智」の成立
 十二、梵文『入無分別陀羅尼経』を引用して、「無分別智・無分別後得世間智」を解説する
 十三、釈尊の「金剛座」での沈黙と、その後の伝道、説法の開始
 十四、無分別智の行者は「唖人の如く」、無分別後得智の行者は「非唖人の如し」
 十五、「無分別智」は無分別であるのに、何故、「智」であるか

第二章 『無量寿経優波提舎願生偈註』(浄土論)
 一、『浄土論』の修行者は法蔵菩薩である
 二、「一法句者謂清浄句」とは
 三、一法(法身、無分別智、清浄句)と一法句(受用身と変化身、後得清浄世間智)について

第三章 曽我先生の法蔵菩薩=阿摩羅識説に菩薩像を問う
 一、阿摩羅識(amalavijnana)とは何か
 二、阿摩羅識という言葉が消えて「幻師」という言葉が現れる
 三、「幻師」という言葉は『摂大乗論』に引き継がれる
 四、菩薩は因果の相を、幻師の如く了別する
 五、菩薩は無分別後得智・幻術師・受用身(仏身)である

第四章 唯識より浄土教の菩薩像を問う
 一、「往相廻向」「還相廻向」について改めて問う
 二、金剛法座の釈尊に「往相、還相」論は可能であるか
 三、『浄土論註』の還相廻向に対する小川説批判
 四、菩薩はすでに受用身(仏身)である
 五、「巧方便廻向」について小川説を批判する――菩薩は衆生に先がけてすでに成仏している
 六、「善巧摂化」と十波羅蜜
 七、十波羅蜜とは何であるか
 八、『大乗荘厳論』等より、浄土教の菩薩像を問う
 九、菩薩の「往相廻向」「還相廻向」について

結び
資料
跋文

判型・ページ数 4-6・138ページ

昭和11年、石川県白山市に生まれる。昭和34年、大谷大学文学部仏教学科卒業。昭和39年、名古屋大学大学院印度哲学専攻、博士課程単位取得。名古屋大学文学部助手、名城大学教授を歴任。 現在、名古屋大学名誉教授。文学博士(論文博、名古屋大学)。真宗大谷派嗣講。瑞宝章受章。
主な著書に、『インド後期唯識思想の研究』、『アビダルマ仏教とインド思想』(共著)、『「いのち」の意味』、『真宗の「命観」――私たち人間が仏となること』、『「人間の悪」に対する裁きと救い』、『悪人、善鸞は救われましたか?』、『文学者 三島由紀夫と仏教』、『世親の浄土論と瑜伽行唯識』、『浄土論の唯識思想』ほか。

 

Matrimandir - The Gold DiscMatrimandir - The Gold Disc
Matrimandir - The Gold DiscNot On Label
¥3,000
オーロヴィルの中心部にあるマトリマンディールに使われている、ガラスに金が挟まれているパネルです。4.5 x 4.5 cm
VastuVastu
VastuNot On Label
¥5,780
金色のピラミッドが三種重なった、インドでVastuと呼ばれている縁起の良い置物。ピラミッドの頂点それぞれが、ポジティヴなエネルギーを集めて健康、仕事、金運、全ての面に置いて向上するといわれており、3つにわけて置くのが良いらしいです。それぞれ7.5 x 7.5 cm
SvastikaSvastika
SvastikaNot On Label
From ¥2,300

ヒンズー教や仏教では、スワスティカは縁起が良く、神性や霊性の象徴とされています。ディワリの祝日には、ヒンドゥー教の家庭ではスワスティカを使った飾り付けが行われます。建物や機械の竣工式、新車の安全祈願などには、災いを避けるために卍が描かれていることが多い。

仏教では、スワスティカは仏陀の縁起の良い足跡の象徴とされています。仏像の胸、足、手のひらなどによく刻印されている。これはアジアの多くの地域で仏陀を象徴するシンボルであり、仏教の輪廻教義に見られる永遠の循環を象徴している。

S
M
L
5 x 5 cm
 7.5 x 7.5 cm 11 x 11 cm
Babaghuri (No.6)Babaghuri (No.6)
Babaghuri (No.6)Not On Label
¥3,000

インド中央部を流れる聖河ナルマダ川は、神話では瞑想するシヴァ神から流れ出た汗が川となったと言われ、あの聖なるガンジス川ですら黒牛に姿を変えて沐浴に来るとされる。その聖河ナルマダ流域の小さな村で産出される「ババグーリ」と呼ばれるインド瑪瑙です。このババグーリは聖者のビーズ(石)として使われ、スーフィー(イスラム神秘主義)などの修道僧の為に用いられ、古代仏教では祈祷用として、またチベットではヒーリング用としても使われていたとされています。
日本国内ではデザイナーであるヨーガン・レール(1944-2014)が収集していたことでも知られ、その自然が作り出した完全性漂うタイムレスな美しさは、ある種瞑想的であり心の静止を齎します。

3.5 x 2.5 cm

Babaghuri (No.5)Babaghuri (No.5)
Babaghuri (No.5)Not On Label
¥3,000

インド中央部を流れる聖河ナルマダ川は、神話では瞑想するシヴァ神から流れ出た汗が川となったと言われ、あの聖なるガンジス川ですら黒牛に姿を変えて沐浴に来るとされる。その聖河ナルマダ流域の小さな村で産出される「ババグーリ」と呼ばれるインド瑪瑙です。このババグーリは聖者のビーズ(石)として使われ、スーフィー(イスラム神秘主義)などの修道僧の為に用いられ、古代仏教では祈祷用として、またチベットではヒーリング用としても使われていたとされています。
日本国内ではデザイナーであるヨーガン・レール(1944-2014)が収集していたことでも知られ、その自然が作り出した完全性漂うタイムレスな美しさは、ある種瞑想的であり心の静止を齎します。

4 x 3 cm

Babaghuri (No.4)Babaghuri (No.4)
Babaghuri (No.4)Not On Label
¥3,000

インド中央部を流れる聖河ナルマダ川は、神話では瞑想するシヴァ神から流れ出た汗が川となったと言われ、あの聖なるガンジス川ですら黒牛に姿を変えて沐浴に来るとされる。その聖河ナルマダ流域の小さな村で産出される「ババグーリ」と呼ばれるインド瑪瑙です。このババグーリは聖者のビーズ(石)として使われ、スーフィー(イスラム神秘主義)などの修道僧の為に用いられ、古代仏教では祈祷用として、またチベットではヒーリング用としても使われていたとされています。
日本国内ではデザイナーであるヨーガン・レール(1944-2014)が収集していたことでも知られ、その自然が作り出した完全性漂うタイムレスな美しさは、ある種瞑想的であり心の静止を齎します。

4.5 x 3.5 cm

Babaghuri (No.3)Babaghuri (No.3)
Babaghuri (No.3)Not On Label
¥60,000

インド中央部を流れる聖河ナルマダ川は、神話では瞑想するシヴァ神から流れ出た汗が川となったと言われ、あの聖なるガンジス川ですら黒牛に姿を変えて沐浴に来るとされる。その聖河ナルマダ流域の小さな村で産出される「ババグーリ」と呼ばれるインド瑪瑙です。このババグーリは聖者のビーズ(石)として使われ、スーフィー(イスラム神秘主義)などの修道僧の為に用いられ、古代仏教では祈祷用として、またチベットではヒーリング用としても使われていたとされています。
日本国内ではデザイナーであるヨーガン・レール(1944-2014)が収集していたことでも知られ、その自然が作り出した完全性漂うタイムレスな美しさは、ある種瞑想的であり心の静止を齎します。

6 x 4 x 3 cm, 88 grams

Recently viewed