Filters

Folk / Roots

67 products

Showing 1 - 24 of 67 products
View
Le Ren - Leftovers (Opaque Yellow Vinyl LP)Le Ren - Leftovers (Opaque Yellow Vinyl LP)
Le Ren - Leftovers (Opaque Yellow Vinyl LP)Secretly Canadian
¥2,457
Restful Modern Folk Gems!! デビューEPも当店人気の注目作家!現行インディ一大聖地〈Secretly Canadian〉からあらわれたケベック州モントリオールを拠点の若手女性ミュージシャン、Le RenことLauren Spearの待望のデビュー・アルバムが登場。4年以上にわたる過去の経験を収集し、現在の意味を見出した自身の青春のコラージュであり、母親、恋人、友人など、さまざまな人間関係についての個人的な歌をパッチワークのように縫い合わせたという意欲的な一作が到着!瞬く間に聴き手を虜へと引き込む霊能なヴォーカル、異界にさえもその声が届くであろう、凛としたその響きと心打たれること間違いないでしょう。まさに、ジョニ・ミッチェルとボブ・ディランを繋ぐマスターピース!これは多くの人に手に取って欲しい一枚。
Peter Ivers - Becoming Peter Ivers (2LP+DL)
Peter Ivers - Becoming Peter Ivers (2LP+DL)Rvng Intl.
¥3,659
マディー・ウォーターズをして「生きている中で最も偉大なハープ・プレイヤー」と言わしめた名アクト!おなじみ、David Lynchの白黒映画「Eraserhead」でのコラボレーターであり、坂本慎太郎やジムオルークのフェイバリットとしても知られるカルト・ミュージシャン/パフォーマンス・アーティスト”Peter Ivers”の1970年代半ばから後半までにかけてロサンゼルスで書かれた貴重な楽曲を25曲収録したコンピレーション・アルバムが名門RVNGから登場!ハリウッドのスタジオやローレル・キャニオンの自宅で発見された激レアなテープ音源の数々が収録されており、これまでにスタジオ録音された楽曲の新しいヴァージョンや未発表マテリアルも収められています。5年以上の歳月をかけて500本以上のテープやリールの山から発掘したというファン必携のコレクション。フェティッシュなサウンドを響かせるトレードマークのハーモニカに、持ち味のファニーなボーカル・ワークはここでもみごとに炸裂。Sam LefebvreとSteven Martinによるライナーノーツとアイヴァーズの生涯を記録した新発行のエフェメラが付属。
V.A. - Whispers Lounge (LP)
V.A. - Whispers Lounge (LP)Numero
¥3,659
オブスキュアなゴスペルからブルース、ソウル、果てはニューエイジやアウトサイダー・ミュージックまで、世界各地のニッチな音楽を掘り起こしてきた大名門[Numero]からは、アメリカ各地に残された鬼レアな自主盤ラウンジ・ミュージックをコンパイルした要注目のコンピレーション・アルバムが到来!半永久的にカバーされ続ける、Burt Bacharachの"Do You Know The Way To San Jose"。60年代から70年代のミドル・エイジにかけて、アメリカ各地のレストランやクルーズ船、カジノ、ロビー、カクテル・バーで演奏していた無数のラウンジ・コンボたち。当然のこと、その全てが呑気に活動を続けていける訳でもなく、その中でも限られた存在が生計を立てるためにひっそりと自主制作盤を発表し、さらに僅かなリスナーがホーム・リスニングのために購入した貴重すぎるレコードの中から14曲をよりすぐった画期的編集盤。特性レタープレス・マッチブック・スタイル・ジャケット&22"正方形折りたたみポスターが付属。これぞ、イージーリスニングの新たなる金字塔です!
Tatiana Dordzhieva + Maria Beltsykova - Kalmykian Archaic And Soviet Folk (LP)
Tatiana Dordzhieva + Maria Beltsykova - Kalmykian Archaic And Soviet Folk (LP)Sub Rosa
¥2,846
時代の空気を余すところなく取り込んだ歴史的資料ともいうべき重要録音。現代ロシアの領土に居住する西モンゴル民族であるカルミック(オイラッツ)。ソ連時代にシベリアへと追放されることとなったその伝説的なシンガーであるTatiana DordzhievaとMaria Beltsykovaらによる奇跡的な録音を収めた貴重なアーカイブが〈Ored Recordings〉と〈Sub Rosa〉の”LCDM / ethographics”シリーズによって共同アナログ・リリース。”Dzhangar”と呼ばれるカルミックに伝わる叙事詩を収めたもので、1943年から1944年のカルミック人の国外追放に関する歌や儀式的な結婚式の歌、宗教的な仏教歌、1812年の祖国戦争におけるカルミック人の英雄的なバラードまで、旧ソ連へと眠る豊穣なフォークロアを存分に味わえる大変素晴らしいショーケース的な録音となっています。これは是非一度アナログで浴びてみたい一枚!
Mike Cooper - Spirit Songs (LP)
Mike Cooper - Spirit Songs (LP)Eargong Records
¥2,354
2005年にMike Cooperの自主CD-Rレーベル〈Hipshot〉からリリースされた『Spirit Songs』が自身によるリミックスとリマスターが施され装い新たに初アナログ化!!指弾きのアコースティックギターとエレクトリックラップスチールギターで演奏された10曲が収録されており、時折リアルタイムでループ処理され、より洗練されたJandekを思い起こさせるような、静かに蛇行し、半即興的に歌詞を歌っている。Thomas Pynchonの2つの小説『重力の虹』と『V』にインスパイアされたカットアップされ何年もかけて拡張された歌詞の流れは、複数の電子音レイヤーの上を滑り、巧みに指弾きされたアコースティック・ギターが組み合わさって、感動的な世界観を生み出している!異才を放つMike Cooperらしい、フォーク、ブルース、フリー・インプロ、エキゾチカ、アンビエント、エレクトロニカなど、様々なジャンルやスタイルの境界線を超えていく探究心溢れる作品!
Tin Pan Alley - キャラメル・ママ (LP)
Tin Pan Alley - キャラメル・ママ (LP)Life Goes On Records
¥2,385
近年のシティ・ポップ再評価でさらに箔が付いた、言わずと知れた名盤がイタリアの〈Life Goes On Records〉から再発リリース。1973年からキャラメル・ママ名義で数々の作品のバックバンドとして活動していた細野晴臣、松任谷正隆、鈴木茂、林立夫の4人によるバンドがティン・パン・アレーと改名し、1975年に発表された1stアルバム。南佳孝、山下達郎、大貫妙子、久保田麻琴、桑名正博などが豪華ゲスト参加している!細野晴臣のセルフ・カヴァー「Choo Choo Gatta Got '75」や、YMO結成の3年前にすでにここから始まっていたことを感じとれるMartin Dennyサウンドを彷彿させるトロピカルな名曲「イエロー・マジック・カーニバル」も収録!
Bill Fay - Still Some Light: Part 1 (2LP)
Bill Fay - Still Some Light: Part 1 (2LP)Dead Oceans
¥3,671
2月下旬入荷予定、ご予約受付中。Jim O'Rourkeのフェイバリットでも知られるイギリスのシンガーソングライター、Bill Fayの2010年に〈Jnana Records〉からCDでリリースされていた編集盤が〈Dead Oceans〉から装いを新たにアナログで再発リリース。1970年『Bill Fay』と1971年『Time Of The Last Persecution』の2枚の素晴らしい作品を〈Deram〉に残したが、当時ほとんど知られていませんでした。1990年代に入ると、彼の作品はカルト的な人気を博し、2005年に再発されたことで、彼の世俗的なフォークやポップスの賛美歌が新たなファンを獲得し、彼のキャリアが再評価された。本作は、2010年にリリースされた1970年代のデモやホーム・レコーディングを集めたものです。今回の再発盤には、これらの楽曲に加えて、Kevin Morby、Mary Lattimore、Julia Jacklin、Steve GunnなどのBill Fayの音楽から多大な影響を受けた現代アーティストによるリワークが収録。
V.A. - Music From The Motion Picture Soundtrack Entertainment (LP)
V.A. - Music From The Motion Picture Soundtrack Entertainment (LP)Numero
¥2,978
USインディー・バンドSpokaneの元メンバーで、映画監督として映画ファンから注目されているRick Alversonによる2015年作"Entertainment"の〈Numero〉からリリースされたサウンドトラック。本作は、Gregg Turkingtonが演じたNeil Hamburgerというキャラクターをベースに、観客が敵対的または無関心な様々な場所でパフォーマンスを行うスタンダップ・コメディアンを描いています。Neil Hamburgerを演じたGregg Turkingtonは、私的にプレスされた珍品の熱心な収集家であり、彼が自称No.1ファンであるというFrank Sinatra Jr.の曲も収録。またロサンゼルスの修道女、ベトナム戦争をギターで訴えるイタリア語のフォーク奏者、オハイオ州コロンバスの公民権活動家やレコードマンなど、落ちぶれた個性的な人々が参加しています。映画の世界に見事にハマる素晴らしい選曲!!
Karen Dalton In My Own Time - 50th Anniversary Super Deluxe Edition (3LP+2x7"+CD)
Karen Dalton In My Own Time - 50th Anniversary Super Deluxe Edition (3LP+2x7"+CD)LIGHT IN THE ATTIC
¥18,900

4月上旬入荷予定、ご予約受付中。今は確信を持って言える、60年代最高の女性シンガーの1人。1960年代前半からNYグリニッチ・ヴィレッジで活動、ステージでも共演していたボブ・ディランからも後にフェイバリットに挙げられるなどしていたものの、決して商業的成功をおさめることのなかった孤高の女性シンガー、Karen Dalton。その1971年大傑作2ndアルバムであり、最大の人気作が50周年記念デラックス・エディションで登場。伸びやかなギターやヴァイオリンの響きと美しいピアノの演奏が清々しさすら感じさせるポジティブな「Something On Your Mind」、1st「It’s So Hard To Tell Who’s Going To Love You The Best」ゆずりの渋さと人生を悟りきったような平く穏やかな歌声が素晴らしい「When A Man Loves A Woman」、フォークロアテイストの溢れる「Katie Cruel」等々比較的バリエーションに富んだないようですが、どれも素晴らしいの一言。1stの枯れきった渋い演奏と歌声は唯一無二の傑作でしたが、2ndでは独特の枯れたハスキーな歌声がより豊かになっています。アクの強い1stがあまり好みでないという方にもオススメ。ナンバリング入り。限定2,000部。

1–10: Originally released as Just Sunshine – PAS 6008, 1971
11–13: Alternate Takes from album sessions, 1970/71
14–15: Recorded live at Beat Club, Germany, April 21, 1971
16–19: Recorded live at The Montreux Golden Rose Pop Festival, May 1, 1971

Ithaca - A Game For All Who Know (LP)
Ithaca - A Game For All Who Know (LP)Trading Places
¥2,698
Agincourtの後にメンバー自宅の空き部屋で録音され、1972年に限定99部のみで発表されたUKプログレッシヴ・フォークサイケ傑作アルバム。
Grouper - Shade (LP)
Grouper - Shade (LP)Kranky
¥2,897
2021年の最重要作の真打ち登場です!!米ポートランドを拠点に活動するドローン/フォークの女性作家Liz HarrisことGrouperが前作『Grid Of Points』以来となる3年ぶり待望の新作を〈Kranky〉よりリリース。通算12枚目となる本作は、従来のスタジオ作品ではなく、15年にわたってレコーディングされた曲のアンソロジーです。"休息"と"海岸"をテーマにまとめられたこのアルバムは、一部は数年前にタマルパイス山のレジデンスで録音され、他の作品はさらにその前にポートランドで作られ、残りは最近アストリアで行われたセッションで録音されたもので、喪失感、欠陥、隠れ場所、愛などについて歌われている。爪弾かれるフォークギターが印象的な”Ode to the blue”はどこまでも優しいアンセム。Vashti BunyanやJudee Sillが好きなアシッド・フォーク愛好家にも刺さる彼女の歌声は、まるで光と翳りの境界を漂いながら儚くも美しい世界に誘ってくれるようです。
Grouper - Shade (CD)
Grouper - Shade (CD)Kranky
¥2,163
2021年の最重要作の真打ち登場です!!米ポートランドを拠点に活動するドローン/フォークの女性作家Liz HarrisことGrouperが前作『Grid Of Points』以来となる3年ぶり待望の新作を〈Kranky〉よりリリース。通算12枚目となる本作は、従来のスタジオ作品ではなく、15年にわたってレコーディングされた曲のアンソロジーです。"休息"と"海岸"をテーマにまとめられたこのアルバムは、一部は数年前にタマルパイス山のレジデンスで録音され、他の作品はさらにその前にポートランドで作られ、残りは最近アストリアで行われたセッションで録音されたもので、喪失感、欠陥、隠れ場所、愛などについて歌われている。爪弾かれるフォークギターが印象的な”Ode to the blue”はどこまでも優しいアンセム。Vashti BunyanやJudee Sillが好きなアシッド・フォーク愛好家にも刺さる彼女の歌声は、まるで光と翳りの境界を漂いながら儚くも美しい世界に誘ってくれるようです。
Grouper - Grid Of Points (LP)
Grouper - Grid Of Points (LP)Kranky
¥2,897

ほの暗く甘い幻想の中で新たなる境地へと至った2018年の名作。「Paradise Valley」(2016)や「Children」(2017)といったシングルの発表、2015年にはEternal TapestryのJed Bindemanらとドリーム・ポップ・バンド、Helenでもアルバムを出していましたが、Grouper名義でのニューアルバムは実に四年ぶり。前作の「Ruins」の色調にかなり近い作品ではないでしょうか。高熱に阻まれたりと苦労しながら、これを一週間ちょっとで仕上げたというのだからとんでもない・・・しかし、どこか解放感と虚無が混在するような不思議な音世界に私たちは迷い込むこととなります。前作と同じく、ピアノと歌によるミニマムな構成ながら、無限の広がりの中で温かな歌声が響き渡り、精神世界の深いところへと沈んでいく、ドローン・フォーク屈指の名作。彼女の「最高傑作」と感じる人も多いのではないでしょうか。もはや、音楽という枠からさえも逸脱した、あまりにも孤高な場所から届けられているように思います。音楽を愛する全ての人のための一枚。

V.A. - Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973 / 木ですら涙を流すのです (Purple Vinyl 2LP)
V.A. - Even A Tree Can Shed Tears: Japanese Folk & Rock 1969-1973 / 木ですら涙を流すのです (Purple Vinyl 2LP)LIGHT IN THE ATTIC
¥5,394
限定パープル・カラーヴァイナル仕様。古きに思いを寄せる名レーベル、Light In The Atticより、日本産の名盤や名曲を再発する新シリーズ、Japan Archival Seriesが始動!第一弾として、1969-73年までの日本のアンダーグラウンド・フォークやロックの金字塔の数々を収録した2枚組LP。先日、惜しくも棄世されたエンケンこと遠藤賢司や金延幸子、古井戸、はっぴいえんど、浅川マキ、はちみつぱいなど、今も色褪せないフォーク・ロック〜ニューミュージックの巨塔たちが一堂に会した奇跡のコンピレーション。音楽好きなら誰もが一度は耳にしたことのあるメロディや歌が波のように連なる、懐かしき日々の回顧録。日本人の方ならなおさらマストではないでしょうか。オリジナル・アートワークをフィーチャーしたフォールド・ポスターとYosuke KitazawaとJake Orrallによるライナーノーツとバイオグラフィーが付属。

SIDE-A
1. 遠藤賢司 / カレーライス
2. 山平和彦&ザ・シャーマン / そっと二人で
3. 金延幸子 / あなたから遠くへ
4. 古井戸 / ろくでなし
5. 加藤和彦 / アーサー博士の人力ヒコーキ

SIDE-B
1. はっぴいえんど / 夏なんです
2. 西岡たかし / 満員の木
3. 南正人 / 夜をくぐり抜けるまで
4. 浅川マキ / こんなふうに過ぎていくのなら
5. 布谷文夫 / 水たまり

SIDE-C
1. 細野晴臣 / 僕は一寸
2. 吉田拓郎 / 蒼い夏
3. 赤い鳥 / 竹田の子守唄
4. 愚 / マリアンヌ
5. 斉藤哲夫 / われわれは

SIDE-D
1. ジプシーブラッド / 過ぎし日を見つめて
2. はちみつぱい / 塀の上で
3. 加川良 / ゼニの効用力について
4. ザ・ディランII / 男らしいってわかるかい
Karen Dalton - 1966 (LP+DL)
Karen Dalton - 1966 (LP+DL)Delmore Recording Society
¥3,798

歴史に埋もれた宝石の原石的な未発音源集!!クリア・グリーン・ヴァイナル仕様で9年ぶりに〈Delmore Recording Society〉より再発。1960年代前半からNYグリニッチ・ヴィレッジで活動し、フォークリヴァイヴァルの時代にステージでも共演のあるボブ・ディランからも後にフェイバリットにあげられるが決して商業的成功をおさめることのなかった孤高の女性シンガーのデビュー前の録音作。1966年、コロラド州サマヴィルにある彼女の山小屋にオープンリールレコーダーを持ち込んで、このような極上の音楽の夕べを録音。彼女とRichard Tuckerがライブのリハーサルをしているときに、Carl Baronが「録音」ボタンを押したのである。その結果、最も生々しい自然な姿が記録され、まるでその場に居合わせたかのような体験ができる、空気ごと閉じ込められた作品。Tim HardinやFred Neil、度々比較されるBillie Holidayのカバー、そしてスタジオアルバムの『In My Own Time』にも収録される「Katie Cruel」の初期バージョンも収録。スタジオ・レコーディングのオリジナルアルバムは1969年の『It's So Hard To Tell Who's Going To Love You The Best』と、1971年の『In My Own Time』の2枚のみで、もちろん素晴らしい内容だが、自宅のキッチンや友人たちと暖炉を囲みながら歌うことが好きだった彼女には、このように肩の力が抜けたリラックスした自然体で歌うことが音楽をやる上で最も重要だったのではないかと思わせる。録音状態は良くないが、そこがまたより大切にしたくなるような優しい気持ちを引き出してくれる。今は確信を持って言える、60年代最高の女性シンガーの1人!!

Flight - I’m Coming Home (LP)
Flight - I’m Coming Home (LP)Forager Records
¥3,795
ミシガン州の町グレイリングにて、正式な音楽教育を受けて来なかった2人のティーンエイジャーであるPhil Stancil & Doug Slaterによって1971年に結成された知られざるフォーク・デュオ、Flight。1年の歳月をかけてお互いの共通の脆弱性の感覚を探り、2つのスタジオで2日間かけて録音された8つの未発表楽曲たちを収めた半世紀越しの初LP作品が〈Forager Records〉から登場。2枚のシングルがたった50部限定でプレスされたのみで、大部分の楽曲が長い間埋もれたまま忘れ去られて居ましたが、昨今ようやく奇跡の発掘。若者によって内省的な感情を爆発させた表現というものがまだまだ希薄だった1971年のアメリカの世界を垣間見ることができるタイムレスなサウンド!レアなシングル版からの別ヴァージョンも追加収録。オリジナル・マスターテープからの修復/リマスタリング&オールド・スタイルなチップ・オン・スリーヴ仕様。メンバー2人直筆のライナーノーツが付属。Niko Biancoによるオリジナルの手書きアートワーク(これがまた素晴らしい...)をフィーチャーと万全の体制で贈る一枚です!
Abner Jay - I Don't Have Time To Lie To You (LP)
Abner Jay - I Don't Have Time To Lie To You (LP)Mississippi Records
¥2,673
アメリカの器量と言っても過言ではない現代の音楽のマジックにして、ジョージア出身のアメリカのマルチ奏者、孤高のワンマン・バンド、アウトサイダー・ブルーズマンであるAbner Jay (1921 - 1993)。若干9歳の頃の1930年から1993年のその死まで長きに渡る音楽のキャリアを育んできた彼の極上な宅録音源の数々をコンパイルした〈Mississippi〉からの編集盤。その膨大なホーム・レコーディング・カタログから選りすぐった未発表楽曲を収録。1950年代後半にR&Bバンドと録音したもの、1960年代前半にフォーク・バラードとして録音したもの、1970年代にエレクトリック・バンジョー、ドラム、ハーモニカを使ってワンマンバンドで録音したものなど、このLPに収録されている曲の大半は何度も繰り返し録音されてきたものですが、"I'm So Depressed"や "Ol Man River"といった名曲の新録版などを始めとして、彼の数々の傑作の中でも最も心に残るパワフルなヴォーカル・パフォーマンスを楽しめる一枚。オールド・スタイルなチップオン・ジャケット仕様でのリリース。〈Brandie Records〉とAbnerの遺族から公式ライセンス。時代性を超越した魅力がここに。
Julie Byrne - Rooms With Walls And Windows (LP)
Julie Byrne - Rooms With Walls And Windows (LP)Orindal Records
¥2,297
滅茶苦茶良い声です!Solid Melts (C V L T S、Branches他) やTeen Riverのカセットレーベルからも発表している現行女性フォーク作家、Julie Byrneのファースト・アルバム。 深い谷底から甘い香りと共に登り詰めるボーカル、起伏は小さくただただ暖かみを添えてくれるギターという素朴な演奏ながら、Vashti BunyanからAngel Olsenに通じる心地良い魅力を持った秀逸な作品です。収録曲はカセット作品2本をリマスターしたものとのこと。
Frank and His Sisters - Frank & His Sisters (LP)
Frank and His Sisters - Frank & His Sisters (LP)Mississippi Records
¥2,390

キリマンジャロ山の南麓の緩やかな丘陵部にあるタンザニアの都市モシで1950年代初頭にFrank Humplick、Thecla Clara、Maria Reginaの3人によって結成されたファミリー・バンド、Frank and His Sisters。東アフリカ各地にファンを得て敢行したツアーや録音でも知られており彼らの超レアなSP盤音源を収録したアルバムが、[Mississippi Records]と[Lucia Records]の共同リリースで登場!John FaheyのフィンガースタイルとThe Carter Family、The Beach Boys、そして、黄金時代のタンザニア音楽が融合を果たしたかのような夢のギター・ミュージック。晴れの日の午後に窓を開けて聴きたい牧歌的な響きです!

V.A. - Alan Lomax's American Patchwork (2LP)
V.A. - Alan Lomax's American Patchwork (2LP)Mississippi Records
¥3,597
まさに一生物な音楽の源泉。極めて早い時期からアメリカの各地のフォークやブルースはじめ、民俗音楽の収集や記録をおこなったレジェンドといえばAlan Lomax (1915-2002)。1978年から1983年にかけて行われた最後のフィルレコ・セッションで記録された音源の数々をコンパイルした2LPが〈Mississippi Records〉から登場!RL BurnsideやNapoleon Strickland、Boyd Rivers、Tommy Jarrellなどを始め、アメリカのフォーク/ブルース史に置いて見過ごされてきた伝説的な演奏が新規リマスタリングを経て初レコード化。ビデオ・クルーらと共にアメリカ南部と南西部を旅し、ケンタッキー州の炭鉱夫からバイオリン弾き、ストリングス・バンド、ゴスペル・カルテット、戦前のブルース・サーキットの演奏者たちまで、各地に息づくフォークロアを実に約350時間ものボリュームで捉え、それらは、91年に「American Patchwork」シリーズとして編集されアメリカの公共テレビにて放送。しかしながらそのような形式のために何百もの個別の演奏や魅力的なシーンは聴かれず終いに。今作のセットでは、ミシシッピ、アパラチア、ルイジアナの”ローカル・サラウンド”の最後の記録を記録するために行った録音の中から特筆すべきレコーディングたちをピックアップしたもの。〈Alan Lomax Archive〉のNathan Salsburgによる豪華ライナーノーツが付属。フォーク・ミュージック好きならばこれを浴びないでは終われないでしょう。
Vashti Bunyan - Heartleap (LP)
Vashti Bunyan - Heartleap (LP)Dicristina Stair Builders
¥2,385
ブリティッシュ・フォーク神話の女神、Vashti Bunyanが初のセルフ・プロデュースにして最終アルバム。
前作Lookafteringからは9年ぶり。自身が好む1人で録音していた時期、マスターピースの"Just Another Diamond Day"発表以前の状態に立ち返ろうと、ほとんどの作業を彼女自身で担当して制作。そのためこれだけの制作年月が必要だったようですが、やはりVashti Bunyan。出てくる音全てがVashti Bunyan。暖かい歌声と詩の世界、それを詰め込んだ演奏の素朴さはこの人の他誰も生み出せない結晶です...アートワークはその前作Lookafteringに続いて娘のWhyn Lewisが制作。Lookafteringとは対になっているとの事です。
HTRK - Rhinestones (CD)
HTRK - Rhinestones (CD)N&J Blueberries
¥2,294
心許す者、皆死んでいった。2年ぶりのニュー・タイトル!今年度重要作です。かつては、誉れ高き〈Ghostly International〉や〈Blast First Petite〉といった名門レーベルにも名を連ね、数々の傑作を送り出してきた豪州発の名エクスペリメンタル・ユニット、”HTRK”(=Hate Rock)。創設メンバーであったSean Stewartの死を経て、現在は、Croatian AmorやPowell作品でヴォーカルを務める女性作家、Jonnine StandishとNigel Yangのデュオ編成で活動するHTRKの21年度最新5THアルバムが、自身らの設立した新レーベル〈N&J Blueberries〉から満を辞して登場。B1"Real Headfuck"ではJonnineの夫であり、CS + Kremeでの活動もおなじみのConrad Standish がベースでゲスト参加。Dean BluntからGillian Welch、Slowdiveファンまでも魅了すること間違い無しな、イーサリアルにして夜行性なドローン・フォーク・サウンドが堪能できる極上盤!PVCスリーブ入り。
Reiko Kudo and Tori Kudo - Tangerine (LP)Reiko Kudo and Tori Kudo - Tangerine (LP)
Reiko Kudo and Tori Kudo - Tangerine (LP)A Colourful Storm
¥3,129
1月下旬入荷予定、ご予約受付中。国産アシッド・フォークの傑作が再発!2009~12年の間に録音され、2013年に〈Hyotan Records〉からCDがリリースされた傑作『みかん』が〈A Colourful Storm〉から初ヴァイナル化。2人は70年代後半から伝説的ユニットNoise名義で活動、1980年に歴史的名盤『天皇』を世に放ち、その後はJim O'Rourkeとの共演などもある非定型バンドMaher Shalal Hash Bazの中心人物として日本のアンダーグランドミュージック界を牽引している。工藤冬里と、その妻・工藤礼子の30年以上に及ぶ実験・即興の集大成。工藤礼子の静かで儚くも存在感ある歌を中心とし、緊張感のあるピアノ伴奏と工藤冬里の繊細であり的確な見事なギターが優しく寄り添い幻想的な世界へと誘う。息の合わさった2人だからこその生まれたあたたかくロマンティックな絶品!!カナダ人劇作家のJacob Wrenが1曲ベースで参加。John Chantler録音による、ロンドンCafe Otoでのコンサートで録音された「We May Be」も収録されている。ポストカード、インサート付属。
Dean Blunt -  BLACK METAL 2 (LP)Dean Blunt -  BLACK METAL 2 (LP)
Dean Blunt - BLACK METAL 2 (LP)Rough Trade
¥2,907
神出鬼没の天才ディーン・ブラントが実に7年ぶりに〈Rough Trade〉に帰還。あのカルト・クラシックの続編をリリース!!

インガ・コープランドとの伝説的ユニット、ハイプ・ウィリアムスでの活動や、アルカやエイサップ・ロッキーとのコラボレーションをはじめ、突発的にレーベルや名義を変えながらリリースされてきた作品がどれもカルト的な人気を誇る天才ディーン・ブラントが実に7年ぶりに〈Rough Trade〉に帰還し、最新作をリリース!
オルタナティヴなソフト・ロックからカットアップした異形AORにハードコア・ノイズまで飛び出す『BLACK METAL』の続編となる本作は、ほぼ全編に渡ってギター・サウンドがフィーチャーされており、現在の世界を象徴するようなヴェイパーウェーヴ以降のディストピアを遠くから見つめるディーン・ブラントの本心をリスナーが遂に垣間見れるようなブルースでヒップホップなアルバムとなった。
フランク・オーシャンやキング・クルールなど同時代の天才たちが商業的な成功を収めていった中、頑なにシステムから離れ続けた最後の天才による独白がここに幕を開ける。

Recently viewed