Filters

Ambient / Minimal / Drone

580 products

Showing 1 - 24 of 580 products
View
Post Moves - Heart Music (2LP)Post Moves - Heart Music (2LP)
Post Moves - Heart Music (2LP)Where To Now?
¥3,397
裏〈Orange Milk〉な〈Noumenal Loom〉や〈Alien Transistor〉などからも作品を発表するブルックリンのマルチ奏者であり、〈Lobby Art Records〉主催者としても知られるSam WencによるプロジェクトPost Movesの最新アルバムがアナログ・リリース。版元は、Wanda GroupやSpace Afrika、H. Takahashiなどのリリースでもおなじみの名門〈Where To Now?〉。ギター、ペダル・スティール・ギター、ビブラフォン、エレクトロニクス、フィールド・レコーディング、ファウンド・オブジェクトを駆使し、構造化された作品と形のない作品の両方を作曲し、「フォーク・ミュージック」を構成する概念を曖昧にすることを試みているというSam Wenc、本名義としては2年ぶりとなる新作。Henry FlyntからTortoise、Oren Ambarchi、清水靖晃の音楽までもが渾然一体と化したかのような、現行ポスト・インダストリアル以後の破格のミニマル/エレクトロニック!〈Room 40〉主催の名電子音楽家Lawrence Englishによるマスタリング仕様。180g重要盤。限定300部。
Timo van Luijk, Frederik Croene - Fortune de Mer (LP)
Timo van Luijk, Frederik Croene - Fortune de Mer (LP)La Scie Dorée
¥3,254
Christoph HeemannとのIn Camera、そして、Andrew ChalkとのElodieなどでの活動もおなじみ、フィンランド出身・ベルギー拠点の実験音楽家であり、〈La Scie Dorée〉や〈Metaphon〉といった極めて優良なレーベルの運営者でもあるTimo Van Luijkと、その盟友で〈B.A.A.D.M.〉や〈La Scie Dorée〉からも作品を発表している同国のピアニストのFrederik Croeneによる18年傑作『Fortune De Mer』をストック。Timo Van LuijkとFrederik Croeneのコラボレーション作品としては二枚目に当たるアルバムであり、Elodie〜Current 93、ポスト・ミニマル、バロック音楽までもがあちら側の世界で邂逅したかのような漆黒でオブスキュアな音場に包まれる前衛的作品!マスタリングを手がけたのは、ジムオルークとのコラボ作も当店人気だったベテラン実験作家Jos Smolders。限定300部。
Fennesz - Hotel Paral.lel (2LP)
Fennesz - Hotel Paral.lel (2LP)Editions Mego
¥4,671
シューゲイズするグリッチ/アンビエントな電子音楽の巨星として多くの聴衆を惹き付け続けるオーストリア出身の名作家Christian Fenneszによる大人気プロジェクトであり、坂本龍一やジム・オルーク、David SylvianなどとのコラボレーションでもおなじみのFennesz。1997年に名門〈Mego〉から発表した作品『Hotel Paral.lel』の2022年度リプレス盤!〈Mego〉を率いてきた偉才Pitaが亡き今、残されていた最後のリリース群の一角に当たるリイシュー作品となります。その後のフェネスの作品よりも遥かにダークで実験的な作品であり、フリーフォームなノイズからスライスされたテクノ・ビート、アブストラクトなアンビエントの質感が渾然一体となったラディカルで時代を超越した作品に仕上がっています。Stephan Mathieuによるリマスタリング(!) Andreas Kauffeltの手により〈Schnittstelle〉にてヴァイナル・カット。
Ziggy Zeitgeist, Erica Tucceri - Jin Mu (LP)Ziggy Zeitgeist, Erica Tucceri - Jin Mu (LP)
Ziggy Zeitgeist, Erica Tucceri - Jin Mu (LP)La Sape Records ‎
¥3,482
ニューエイジ〜アンビエント・リスナーにも!〈Rhythm Section International〉や〈Moontown Records〉からも作品を繰り出すメルボルンのソウル・コレクティヴ30/70の一員Ziggy ZeitgeistとそのコラボレーターErica Tucceriによる初のデュオ・アルバム『Jin Mu』が、先鋭的なジャズ・バンド”GODTET”を送り出した〈La Sape Records〉からアナログ・リリース。タイトルの『Jun Mu』とは、中国の十二支から取られたもので、テクノロジーに支配された時代から抜け出し、リスナーへと内省し、考え、想像する場を提供するべく録音されたという一枚。Jon HassellからLes Halles、Walter Maioliを繋ぐスピリチュアルかつ瞑想的な極上の第四世界アンビエント・ジャズ・アルバム。
Af Ursin - Itinera (LP)
Af Ursin - Itinera (LP)La Scie Dorée
¥2,647
Andrew ChalkとのユニットElodieやMirrorでも活動、La Scie Doréeの主催者でもあるTimo Van Luijkの変名プロジェクト、Af Ursinが2017年に発表していた作品。淡々としながらもドローン状のエネルギーを帯びて徐々に熱を高めてゆく即興、In Camera/Mirrorのような感触を持った音響作品と、彼の世界観が遺憾なく展開される傑作。ナチュラルなアナログ音源が完成度をより一層高めています。
Elodie - La Porte Ouverte (LP)
Elodie - La Porte Ouverte (LP)Faraway Press
¥2,647
Andrew Chalk x Timo Van Luijkによる職人的名アンビエント・ユニットElodieが2016年にカセットのみで発表していた作品のヴァイナル・リイシュー。Tom James Scottのピアノが光る新たな風。アンビエントでアヴァンにも寄りつつ、しかししっかりとElodieでこその奥ゆかしさが息づいている美しい作品。限定300部。
Louise Landes Levi, Timo van Luijk, Bart De Paepe - Kami (LP)
Louise Landes Levi, Timo van Luijk, Bart De Paepe - Kami (LP)Sloowax
¥3,254
Andrew Chalk & Timo Van Luijkというイギリス / ベルギーの重鎮作家によるアンビエント以上の名プロジェクト、Elodie 5枚目のアルバム"Le Manteau D'Etoiles"。2012年11月のベルギーはルーヴェンでおこなわれたライブの模様を素材につくられた作品。ピアノにTom James Scott、クラリネットにJean Noel Rebillyという、Andrew Chalkと近年縁の深い作家たちも交えた4人編成での録音です。中心メンバー2人それぞれのソロ作でみえる深化がここでも絡み合い、"Cristaux De Lumiere"にただよう安らかな水面の美、なにも説明のいらないただただ透明な"L'Aurore"や、Elodieがもつ森林のサイケデリアがささやく"Le Manteau d'Etoiles"はじめ、時間も場面も越えた大きな大きな光の即興絵巻にただ聴き入ってしまうばかり。ゲストの2人による凛とした管 + 鍵盤楽器の色がまたすばらしい。深化つづけるElodieの姿として、また熟成された音楽観としてとても大きなものを持っています。このプロジェクト屈指の傑作でしょう。
Elodie - Le Manteau D'Etoiles (LP)
Elodie - Le Manteau D'Etoiles (LP)Faraway Press
¥2,647
Andrew Chalk & Timo Van Luijkというイギリス / ベルギーの重鎮作家によるアンビエント以上の名プロジェクト、Elodie 5枚目のアルバム"Le Manteau D'Etoiles"。2012年11月のベルギーはルーヴェンでおこなわれたライブの模様を素材につくられた作品。ピアノにTom James Scott、クラリネットにJean Noel Rebillyという、Andrew Chalkと近年縁の深い作家たちも交えた4人編成での録音です。中心メンバー2人それぞれのソロ作でみえる深化がここでも絡み合い、"Cristaux De Lumiere"にただよう安らかな水面の美、なにも説明のいらないただただ透明な"L'Aurore"や、Elodieがもつ森林のサイケデリアがささやく"Le Manteau d'Etoiles"はじめ、時間も場面も越えた大きな大きな光の即興絵巻にただ聴き入ってしまうばかり。ゲストの2人による凛とした管 + 鍵盤楽器の色がまたすばらしい。深化つづけるElodieの姿として、また熟成された音楽観としてとても大きなものを持っています。このプロジェクト屈指の傑作でしょう。
Mirror - Some Days it Rains all Night (LP)
Mirror - Some Days it Rains all Night (LP)La Scie Dorée
¥2,828
Jim O'RourkeやAndreas Martinとも共演を重ね、90年代末音響ドローン黎明期より活動する、知る人ぞ知る伝説のユニット"Mirror"の実に15年振りとなった2021年の傑作。アンビエントもドローンも超越した独自の音世界を作り続ける英国孤高の音響職人Andrew Chalk、そして、H.N.A.S.やMimirでもお馴染みの独音響職人Christoph Heemannによる名ユニット、"Mirror"が2020年に奇跡の復活!それぞれの盟友とも言える、Vikki JackmanとTimo van Luijkを迎えた豪華陣容で送る今年度重要作。ドイツのケルンにある著名なジャズ・クラブ〈Loft, Cologne〉にてレコーディング。Andrew Chalkによるアートワーク。時代の節目といえる時節に発表されるに相応しい、集大成的な仕上がり。この二人の絶頂期特有のスロウに時空が歪んでいくかのようなを、真骨頂とも言える孤高のドローンを展開。
Elodie - Echos Pastoraux (LP)
Elodie - Echos Pastoraux (LP)La Scie Dorée
¥2,647
孤高の音楽家Andrew ChalkとAf UrsinやIn Camera等でもその才能を発揮するベルギーのTimo van LuijkによるElodieの1stフルレングスアルバム。鳥のさえずりや川のせせらぎといったフィールドレコーディングと様々な楽器(バグパイプ、ギター、琴、パーカッション、シンセ、etc)、非楽器の演奏がミックスされたサウンドは非常に多彩なサウンドバリエーションながらもあくまで無国籍。両名の作品同様こじんまりとした世界観ではありますが、静かで美しいドローン、メロディを奏でる/奏でないアブストラクトな演奏、インプロヴィゼーション等どのサウンドも瞑想の域に達した素晴らしい内容。時間の経過を忘れるようなAndrew Chalkの作品に通ずる時間感覚がここでもはっきりと生きています。これはまさに理想型といえる素晴らしい内容。非常に新鮮な感覚を味わえると思います。鈴木大介氏、Ian Middleton氏も参加。アートワークの表現も相変わらず素晴らしくまさにこのようなサウンドです。
Elodie - Traces Ephémères (LP)
Elodie - Traces Ephémères (LP)La Scie Dorée
¥2,647
Andrew Chalk x Timo Van Luijkによる職人的名アンビエント・ユニットElodieの2014年発表されていた、細かな18曲のアンビエンス。侘び寂びや孤高の静寂風景が漂うこれまでの3作の生楽器演奏な感触そのままに、より色彩豊かで奥行きのある表現へと変化しています。透き通った川のせせらぎのようなドローン、歓喜の歌声を上げる神々しいシンセ、パーカッションと弦が高次元で会話するインプロ的表現、Jean Noel Rebillyがクラリネットで参加した微睡みに、Tom James Scottのピアノや琴が光る新たな風。アンビエントでアヴァンにも寄りつつ、しかししっかりとElodieでこその奥ゆかしさが息づいています。Andrew Chalk作の水彩画アートワークも素晴らしい。限定350部。Sean McCannやWooのファンにも是非。
Af Ursin - Trois Mémoires Discrètes (LP)
Af Ursin - Trois Mémoires Discrètes (LP)La Scie Dorée
¥3,254
2020年発表の名作が待望のリプレスです!2010年から2012年にかけて録音された音源で構成されるアルバムで、イングリッシュ・ホルン、パーカション、ダブル・ベース、ハモンド・オルガンを使用したドローンベースの演奏による、Andrew Chalkの作品にも似た、ひっそりと佇む瞑想的作品。幾分シリアスな世界観ではありますが、セピア色の夢を見ているような気分になる、時空を超越した幻想的/内省的作品です。この人もAndrew Chalkと同じく完全に独自な音楽で以って完全に独自な世界を完成させつつあります。2021年度リマスター仕様、限定300部。
KMRU - Peel (2LP+DL)
KMRU - Peel (2LP+DL)Editions Mego
¥4,798
〈Resident Adviser〉の「15 East African Artists You Need To Hear」にも選出!東アフリカは、ケニア・ナイロビ出身の要注意なサウンド・アーティスト/プロデューサー、Joseph KamaruことKMRUが、現代実験電子音楽の大名所〈Editions Mego〉から発表していた名作がリプレス。まさにフィールド・レコーディング・テクニックと電子アンビエンスの奇跡的なミックス!ついうっとりとさせられる耽美に抑制されたサウンドスケープ、限りなく素晴らしいです。今年の3月にカナダ・ケベック州モントリオールへと旅し、コロナ禍で国境が閉鎖されたことでナイロビへと帰国していた最中に制作された一枚。環境音楽的なミニマリズムや静けさを愛でる風趣さえも抽象的なドローン/サウンド・アートのストラクチャーへと落とし込んだ傑作アルバム!Stephan Mathieuの手により〈Schwebung Mastering〉にてマスタリング。
Hiroshi II Hiroshi - Hiroshi II Hiroshi Vol. 1 (Clear Blue Vinyl LP)
Hiroshi II Hiroshi - Hiroshi II Hiroshi Vol. 1 (Clear Blue Vinyl LP)HMV Record Shop
¥4,180
8月6日発売。国産バレアリック・マスターピース('93)がClear Blue Vinylにて再プレス!藤原ヒロシ、川辺ヒロシ(東京 NO.1 SOUL SET)のユニット"HIROSHI II HIROSHI"。当時はビニールジャケット付ピクチャーディスクで流通した彼らのチルアウト~バレアリック古典作品(EP)で、現在では中古市場で高価で取引される人気盤。たおやかなギターの爪弾きで架空のリゾートへ誘う冒頭"H2O"や、とろけるような音響に西日の愁いを馳せた極上避暑地ダブワイズ"BEAUTY & BEAST + BAGLE(DUB)"ほか、後に国内に広がるカフェ・デル・マー流行の嚆矢となったエバーグリーンな全6曲を収録。また作品世界を鮮やかに写し出した、永井博氏によるブルーが眩しいアートワークは、CD期のデザインを忠実に再現。"GOOD MELLOWS"などに代表されるモダン・バレアリックの文脈でも再評価の脚光を浴びる1枚。

A1:H2O
A2:BEAUTY & BEAST+BAGLE (INST)
A3:PULSE OF CALM

B1:BEAUTY & BEAST+BAGLE (DUB)
B2:PULSE OF CALM (GUITAR)
B3:EASTWOOD RIDES AGAIN
Pauline Oliveros - The Wanderer (LP)
Pauline Oliveros - The Wanderer (LP)Important Records
¥3,897
米国前衛音楽の一大集積地〈Lovely Music〉から84年に発表していた女流作家Pauline Oliverosの傑作、ゾウジャケで実験音楽ファンに愛される名作、The Wandererが同国の電子/実験音楽の一大聖地[Important Records]より初ヴァイナル・リイシュー!
前作Accordion & Voiceに続いてLovelyMusicから発表していたもので、アコーディオンのオーケストラが瞑想の持続を、そしてパーカッションも加わり無国籍な反復へと拡大するThe Wanderer、Accordion & Voiceに収録のHorse Sings From Cloudの瞑想超越なコンサート演奏版を収録。Accordion & Voiceと合わせてOliverosの持続~反復観が出た名作です。
Pauline Oliveros - Accordion & Voice (LP)
Pauline Oliveros - Accordion & Voice (LP)Important Records
¥3,897
米国前衛音楽の一大集積地〈Lovely Music〉から82年に発表していた女流作家Pauline Oliverosの傑作、Accordion &Voiceが同国の電子/実験音楽の一大聖地[Important Records]より初ヴァイナル・リイシュー!
アコーディオン&声の深すぎるドローンHorse Sings From Cloud、山々への讃歌をアコーディオンが大らかに奏でるRattlesnake Mountainの2曲構成。Oliverosの重要な要素"アコーディオン"の表情豊かな音色と神髄が刻まれた名作です。
Eliane Radigue - Chry-ptus (2LP)
Eliane Radigue - Chry-ptus (2LP)Important Records
¥4,763
ドローンマスター、チベットと電子音楽を合一させたグル、Eliane Radigueがモジュラー・シンセサイザーを用いて制作したごく初期の傑作「Chry-Ptus」が待望のヴァイナル・リイシュー! CD版は、Schoolmapから2007年にリリース。ブックラ100によって制作された”Chry-Ptus”の2ヴァージョンと、ラディーグ自身がCCMIXで新規リアライズした2001年版、屈指のラディーグ信奉者としても知られるGiuseppe Ielasiによる2006年版を収録した未だ人気の高い一枚。これぞ、瞑想音楽の至る境地と言うべきなのでしょうか、圧倒的な静穏と”無”が眼前を支配する、驚異のミニマル・ドローン大傑作。RTIでの高品質プレスと盤質も万全!
Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)
Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)We Jazz
¥3,482
Loop Collectiveの創設メンバーにして、SquarepusherやGoldieとも仕事を共にしてきた英国・ロンドンの作曲家/ピアニストのDan Nicholls。同国の偉才=Shabaka HutchingsやKit Downesらと組んだ傑作『Ruins』でも知られる彼の最新アルバム『Mattering and Meaning』が〈We Jazz〉から登場。自身の生涯の友ともいうべきアコースティック・ピアノへの驚くべき親密さと自発的な再創造のアプローチを提供する全9曲を収録。ピアノ演奏を軸に、ループ、アブストラクトなアンビエント・エレクトロニクス、フィールド・レコーディング、サウンド・エフェクトなどを織り込んだスピリチュアルなアンビエント・ジャズの傑作であり、人間的な魅力と温かみのある語彙との出会いが垣間見れる昨年度の重要アルバム!
K. Freund - Hunter on the Wing (LP)K. Freund - Hunter on the Wing (LP)
K. Freund - Hunter on the Wing (LP)Last Resort
¥3,197
アンビエント・ジャズ〜バレアリックな地平を大いに切り拓いてきたロンドンの名所にして、〈NTS Radio〉でも同名のショーを行っている〈Last Resort〉からは、懐かしの〈Experimedia〉にも在籍していたKeith Freund (Lemon Quartet, Aqueduct Ensemble)による最新ソロ・アルバムが登場。CFCFやG.S Schrayらとのコラボレーションでも知られるこの人ですが、ソロ作の発表は実に11年ぶり。ピアノとハンドメイドの電子楽器、テナー・サックス、2本の弦楽器が織りなすのは「あちら側」の世界で鳴り響く、ここではないどこかの音楽。架空の00年代の日本を旅する様なイマジナリーなエレクトロニカ・サウンドから、レーベル・カラーのバレアリック/アンビエント・ジャズまでが彼岸の景色の中で溶け合う極上の一枚。Rei HarakamiやJohn Carroll Kirby、清水靖晃辺りのファンにもレコメンドしたい自由で遊び心に溢れた音世界を堪能できます。
G.S. Schray - The Changing Account (LP)
G.S. Schray - The Changing Account (LP)Last Resort
¥3,197
リリース遅れていましたが遂にアナログ版がドロップ。鋭い審美眼による安定のリリースで定評のあるロンドンの新鋭レーベルであり、〈NTS Radio〉でも同名のショーをホストしている〈Last Resort〉からは、ここの人気アクトでありオハイオ州アクロンで活動する気鋭アーティストG.S. Schrayの2年ぶりの最新アルバムが到着。第四世界からバレアリックまで通過し、幻想が幻想を織り上げる珠玉のニューエイジ/アンビエント・ジャズ傑作にして今年度重要盤!夕暮れ紅く染まり行くイビザの水平線上にて共演を果たしたGigi MasinとSuzanne Kraft、Joseph Shabasonを観ているかのような、極上のエキゾ・アンビエント・トリップ。故・Andrew Weatherallも絶賛した要注意作家であり、今後もますます活躍が気になる人物です!
Iury Lech - Otra Rumorosa Superficie (LP)
Iury Lech - Otra Rumorosa Superficie (LP)Utopia Records
¥3,774
オリジナル盤カセットは最早入手不可能にも近い一枚!配給元最終ストック。ウクライナ出身の作曲家、映像作家、ライターであり、70年代中盤から90年代にかけてスペイン・マドリッドの前衛音楽シーンで絶大な影響を誇っていたIury Lechが同国地下実験音楽の聖地〈Hyades Arts〉より1989年に発表した1作目のアルバム『Otra Rumorosa Superficie』が〈Utopia Records〉からアナログ・リイシュー。〈Grabaciones Accidentales〉の〈El Cometa De Madrid〉(マドリッドの彗星)シリーズで紹介されたアクトを筆頭に筆頭に独創的なアーティストたちが世界でも類を見ないクリエイティヴなシーンを興隆させたマドリッド音響派周辺のシーンを代表する1枚。先に再発されていた次作同様、天上風景を醸すモダン・クラシカルの傑作ですが、こちらにはよりアヴァンギャルドかつ仄暗い影を滲ませており、深い内省を感じさせる一枚となっています。そこ知れず幽玄にして幻影的なモダン・クラシカルの傑作。180g重量盤。限定300部。
Iury Lech – Musica Para El Fin De Los Cantos (LP)
Iury Lech – Musica Para El Fin De Los Cantos (LP)Wah Wah Records
¥3,664
『ニューエイジ・ミュージック・ディスクガイド』にも掲載しました。〈CockTail d'Amore Music〉からの17年再発盤も廃盤となっていた中で嬉しい復刻。ウクライナ出身の作曲家、映像作家、ライターであり、70年代中盤から90年代にかけてスペイン・マドリッドの前衛音楽シーンで絶大な影響を誇っていたIury Lechが同国地下実験音楽の聖地〈Hyades Arts〉より1990年に発表した2作目のアルバム『Musica Para El Fin De Los Cantos』がスペインのサイケ/プロッグ発掘系の名所こと〈Wah Wah Records〉からアナログ・リイシュー。〈Grabaciones Accidentales〉の〈El Cometa De Madrid〉(マドリッドの彗星)シリーズで紹介されたアクトを筆頭に筆頭に独創的なアーティストたちが世界でも類を見ないクリエイティヴなシーンを興隆させたマドリッド音響派周辺のシーンを代表する1枚。この世からはみ出すその音響美と幻想的な音風景は途轍もなくノスタルジックにして天上。彼岸の地で邂逅を果たしたRafael ToralとMusica Esporadica、Klaus Schulzeのドッキング・ライブの様な破格の美しさを醸す傑作!限定500部。
Rada - Upadesa (LP)Rada - Upadesa (LP)
Rada - Upadesa (LP)Wah Wah Records
¥3,275
Amon Düülに、Canの前身ことThe Inner Space、イタリアン・ミニマル重鎮= Roberto Cacciapagliaにフランスの電子音楽/ニューエイジ巨匠Ariel Kalmaまで、数多くの復刻を展開してきたスペインのサイケ/プロッグ発掘系の名所こと〈Wah Wah Records〉からは、ベネズエラ版クラウス・シュルツェことAngel Radaが83年に残したコスミッシェ・ニューエイジ傑作『Upadesa』が史上初のアナログ・リイシュー。オリジナルは自身のレーベルの〈Uraniun Records〉から自主プレス。Klaus SchulzeとArturo Cameroへと捧げられていた作品であり、2万円以上の高値で取引されることもある激レア盤!アコースティック・ギターでCarlos Urzuaがゲスト参加。Tangerine DreamやHarmoniaなどのジャーマン・エレクトロニクスに惹かれる方ももちろん必携な哀愁の宇宙音楽集!リマスタリング仕様。Salvatore Malderaによるライナーノーツが付属。限定500部。
Claire Rousay - everything perfect is already here (CD)Claire Rousay - everything perfect is already here (CD)
Claire Rousay - everything perfect is already here (CD)Shelter Press
¥2,204

現行エクスペリメンタル最重要角による今年度新作!Felicia Atkinsonら率いるフランスの実験系一大名門レーベルこと〈Shelter Press〉からは、テキサス・サンアントニオの女性ミュージシャンであり、対象物とその潜在的な音を用いて、クィアネス、人間関係、自己認識を探求する昨今大人気のClaire Rousayのニュー・アルバムが登場。〈American Dreams〉からの21年傑作『A Softer Focus』が大ヒットを飛ばした鬼才による今年度初ソロ作がこちらです。Alex Cunningham (violin)、mari maurice (electronics and violin)、Marilu Donovan (harp)、Theodore Cale Schafer (piano)といった豪華面々をフィーチャリングした意欲的な一枚。幻想とあちら側との境目を漂いっぱなしな暖かさ。まるで、Mary Lattimoreから吉村弘、Machinefabriek、Julianna Barwickのミッシング・リンクの如し、ラジカルかつ静謐なアンビエント・ミュージック。明証Stephan Mathieuがマスタリングを担当。限定900部。傑作盤!

Recently viewed