Filters

NEW ARRIVALS

840 products

Showing 49 - 72 of 840 products
View
冥丁 - 古風 (LP)冥丁 - 古風 (LP)
冥丁 - 古風 (LP)KITCHEN. LABEL
¥4,600

国内外のエレクトロニック〜アンビエントシーンで大きな注目を集める冥丁が待望の3rdアルバムをリリース!前二作『怪談』『小町』続く「LOST JAPANESE MOOD」を描き出す三部作の最終章。

デビューアルバム『怪談』がPitchfork2018年度の「ベスト・エクスペリメンタル・アルバム」の1枚に選出、そして翌年2019年発表の2ndアルバム『小町』も国内外で高い評価を獲得するなど、日本の古い文化をモチーフにした唯一無比のオリジナリティーで一躍世界のエレクトロニック~アンビエントシーンに躍り出た広島在住のアーティスト冥丁(メイテイ)が、待望の3rdアルバムをシンガポールKITCHEN. LABELよりリリースする。

前二作『怪談』『小町』に続き、本作『古風』でも再び日本の古い文化に焦点を当て、”日本の古い美学への風刺”をテーマに「LOST JAPANESE MOOD」(失われた日本のムード)を描き出す3部作を完結させる。ピアノや和楽器の音色、フィールドレコーディング、わらべ歌や民謡の破片を、遊び心を伴った冥丁の稀有な感性で組み合わせ、想像上の過去と現在を繋いだノスタルジックかつ幻想的な音の情景が描き出されている。連作となる「花魁 I」(M-3)と「花魁 II」(M-8)では、古いドラムや金属の音を加工した疾走感のあるヒップホップのリズムで、これまでにない緊張感揺らめくサウンドを構築。さらに、意味がわからないまで解体された声のサンプル使いは、宮崎駿氏の「世の中にはロジックで物事を考えるべきではない瞬間もある」という概念に共感し、言葉を超えた別の何かを生み出している。また、家父長的な日本社会で長年苦しんできた労働者階級の女性たちに捧げた「女房」(M-6)や、梅毒が蔓延する過酷な労働環境で働く遊女たちを描いた「花魁」(M-3, 8)など、昔の日本社会において自由がなかった女性たちを取り上げ、溝口健二監督のようなアプローチで彼女たちの想像を絶する痛みを優しさをもって形にしている。

本作をもって冥丁は日本の忘れ去られた過去の文化への探求に別れを告げるが、『古風』は世界から完全に切り離された歴史の一部を日本のみならず海外のリスナーにも語り継いでいくことができる作品である。

Merzbow - Animal Liberation - Until Every Cage Is Empty (CD)Merzbow - Animal Liberation - Until Every Cage Is Empty (CD)
Merzbow - Animal Liberation - Until Every Cage Is Empty (CD)Cold Spring Records
¥1,792

徹底したアヒンサーを提唱実践、「ノイズ」の枠を超越したオルタナティヴな表現を試み続けるジャパノイズ伝説Merzbowの新作が、暗黒系ノイズ/インダストリアル〜ネオ・クラシカルの大聖地〈Cold Spring〉から登場。

アートワークは、80年代の動物愛護運動やアナーコパンクを反映したもので、このリリースの収益は、動物の権利に関するチャリティーに寄付されます。

「Covid-19は、生きた動物を販売する劣悪な環境の生鮮食品市場から発生したという説がある。養鶏場がなければ、鳥インフルエンザの蔓延によるニワトリの大量殺戮もない。人間の動物に対する残虐行為、動物虐待、種差別が積み重なって、人類と地球全体に災いをもたらしているのである。パンデミックは、動物と人間の関係を考える機会である。ヴィーガンは人類の未来です」(秋田正美 2021)

Merzbow - Aqua Necromancer (2LP)
Merzbow - Aqua Necromancer (2LP)Absurd Exposition
¥3,395
徹底したアヒンサーを提唱実践、「ノイズ」の枠を超越したオルタナティヴな表現を試み続けるジャパノイズ伝説、Merzbow。1998年に〈Alien 8 Recordings〉からCDオンリーでリリースしていた傑作『Aqua Necromancer』が2022年度史上初のアナログ・リイシュー!ソフト・マシーンやレ・オルメといったプログレ・バンドからサンプリングしたドラムを使用したダイナミックなサイケデリック・ノイズ作品!オリジナルは、1998年5月に自身の〈ZSF PRODUKT〉スタジオで録音&ミックス。〈Munemihouse〉にて2021年5月に東京でリマスタリング。
Equations Collective - Equations Collective x Lena Platonos x Rabih Beaini (12")Equations Collective - Equations Collective x Lena Platonos x Rabih Beaini (12")
Equations Collective - Equations Collective x Lena Platonos x Rabih Beaini (12")99CHANTS
¥2,334
モートン・フェルドマンやジョン・ケージとも親交の深いポスト・ミニマル不動のヒロイン、Bunita Marcusの待望の最新作を発表していたイタリアの実験系レーベルの〈99CHANTS〉からは、昨年同レーベルよりデビューしていた複合芸術グループEquations Collectiveの1stアルバム『The Helicon Sessions』のオリジナル・セッションを再構築したリミックス・シングルが登場。〈Dark Entries〉も紹介していたギリシャの電子音楽家Lena Platonos & Equations CollectiveのYiorgos Konstantoulakis、そしてレバノン出身のプロデューサー/DJであり〈Morphine Records〉の主宰者であるRabih Beainiによって再構築/解体をテーマに再解釈された実験的な楽曲を2曲収録。
Donato Dozzy - 12H (2CD)Donato Dozzy - 12H (2CD)
Donato Dozzy - 12H (2CD)Presto!?
¥3,669
2019年にリリースされていた超重要作をストック。NeelことGiuseppe Tillieciとのアンビエント・テクノ/エクスペリメンタル・デュオ、”Voices From The Lake”としての活動も有名ですが、漆黒のダブ音響派テクノの最先端にいるプロデューサー、Donato Dozzyによるアルバム。Lorenzo Senni主宰のイタリア現行エクスペリメンタル界の台風の目〈Presto!?〉から発表されていたもので、イタリア・ミラノの現代美術センターである〈Pirelli Hangar Bicocca〉とクラブ〈Ex Cinema Aramis / Strip Tease〉で開催された、Lorenzo Senniがキュレーションを、〈Presto!?〉と〈Warp Records〉がサポートする2部構成イベント『Positive Feedback』に関連したもの。イタリア国立21世紀美術館(=MAXXI)のディレクターを務めているBartolomeo Pietromarchiがキュレーションし、ローマのテヴェレ川にまたがる橋「Pont de la Musique-Armando Trovajoli」にて発表された、Donato Dozzyのサウンド・インスタレーション音源を約2時間にも渡って収録したアルバム。冒頭から既に天上突破を果たしますが、アップデートされたニューエイジ観を示したアンビエント・サウンドスケープとアクアティックなディープ・テクノの狭間で揺らぐ長尺の好トラック群を12曲収録。Giuseppe Ielasiによるマスタリング。全音楽好きにレコメンドの一枚です!
Morteza Mahjubi - Selected Improvisations from Golha, Pt. I (LP)
Morteza Mahjubi - Selected Improvisations from Golha, Pt. I (LP)Death Is Not The End
¥3,798
若干10歳でデビューを果たした、ペルシャ伝統音楽のピアニストMorteza Mahjubi(1900-1965)。イラン国営ラジオ番組「ゴルハ(ペルシャの歌と詩の花)」で1965年に死去する直前迄放送されていた秘蔵ピアノソロ音源を、各地の骨董音楽を大いに掘り起こす大名門〈Death Is Not The End〉がコンパイル!3世紀から7世紀には既に整えられていたというペルシャ古典音楽、まるでその歴史の重みを背負ったように美しく、思慮深く奏でられるイラニアン・トーンとイラニアン・メロディ。そして、聴き入れば聴き入るほど底深くへ浸透してくる深淵極まりないピアノの響き。冒頭のトレモロだけでもうその素晴らしさがわかりますが、中盤から後半にかけては更に壮絶です。神秘的なピアノの音色と流麗なメロディが彩る超絶美。西洋のピアノ音楽を聴かれる方にも是非聴いていただきたいです。
Reality - Disco Party (LP)Reality - Disco Party (LP)
Reality - Disco Party (LP)Jazzman
¥3,937
オリジナル盤は一生拝むこともないであろうウルトラレアな骨董品が復刻です。昨年には本邦〈P-Vine〉の〈Groove-Diggers〉シリーズから日本盤も発表されていた作品!1976年にレアグルーヴの一大聖地的なレーベルとしてもおなじみ〈TSG Recods〉からリリースされていたREALITYなる知られざるグループの残した唯一のアルバムが2022年度アナログ・リイシュー。本作の復刻を手がけたのは、スピリチュアル・ジャズからブルーノート、和ジャズまでも掘り起こしてきた名門〈Jazzman〉。〈TSG〉のカタログの中でも最も無名の作品と言われる本作は、かつて〈PPU〉も紹介していたバンドリーダーのDr. Otto Gomezとその仲間たちによってニューヨークで行われた長時間のセッションで録音されたアルバムとのこと。1970年代半ばのダンスフロア・ファンクとプロト・ディスコ・ファンクの極上ナンバーの数々が全8曲収録されたレア・ファンク傑作盤!180G重量盤仕様。ライナーノーツ&豪華写真が付属。限定500部。
Maria de Fátima Bahia Com 'H' - (LP)Maria de Fátima Bahia Com 'H' - (LP)
Maria de Fátima Bahia Com 'H' - (LP)Altercat Records
¥4,655
バレアリック好きにもレコメンド!オリジナル盤は$300級の取引も為されたこともある南米マニア垂涎の激レア盤!Dom Um RomaoやGilberto Gil、Arthur Verocaiといった名アクトとも仕事を共にしてきたブラジル人歌手、Maria de Fátimaが1981年にウルグアイで録音した極上のブラジリアン・アルバムこと『Bahia Com 'H'』が、昨今活発に南米のオブスキュアな音楽を掘り起こしているベルリンの要注目レーベル〈Altercat〉からアナログ復刻。シンセサイザー奏者として、マリアの当時の夫であった、Hugo Fattoruso (OPA)が参加した、官能的にしてイーサリアルな傑作盤!貴重写真やライナーノーツを収録した豪華ブックレット(12ページ)が付属。今回が史上初のアナログ・リイシューとなります。
Matthew Halsall - Oneness (3LP+DL)Matthew Halsall - Oneness (3LP+DL)
Matthew Halsall - Oneness (3LP+DL)Gondwana Records
¥4,997
待望の再プレス。Nat BirchallやGoGo Penguin、Mammal Handsといった著名アクトの在籍でも知られる名インディ・レーベル〈Gondwana Records〉のレーベル・オーナーであり、アリス・コルトレーンやフォラオ・サンダースのスピリチュアル・ジャズ、ワールド・ミュージック、エレクトロニカ、現代アートや建築の影響までも取り込んだ独自のサウンドを築き上げてきたトランペッター、Matthew Halsall。19年に発表した大人気3枚組LP作品『Oneness』が2021年度リプレス!10年以上保管庫に置かれていた〈Gondwana〉のアーカイブから選りすぐった未発表音源を大ボリュームで収録。自身の過去作『Fletcher Moss Park』(2012)と『When the World Was One』(2014)のインスピレーションとなる音楽を初めて探求した実験期間であった2008年の1月、3月、9月に録音された、自身のGondwana Orchestraの誕生を知る上でも興味深いスナップショットと言える楽曲群がコンパイルされた傑作!ハープ奏者のRachel Gladwin、ベーシストのGavin Barras、サックス奏者のNat Birchallといった、後にハルソールの音楽に重要な役割を果たすこととなる多くのミュージシャンが参与した瞑想的なアンビエント/スピリチュアル・ジャズ集成。
Phi-Psonics - The Cradle (Deluxe Edition) (2LP+DL)
Phi-Psonics - The Cradle (Deluxe Edition) (2LP+DL)Gondwana Records
¥4,337
Tom Waitsとの共演も知られるLA出身のベーシスト/作曲家Seth Ford-Youngによるプロジェクトであり、Sylvain CartonやMitchell Yoshida、Josh Collazoといった面々が参加、瞑想的かつ没入感のある楽器編成で活動しているジャズ・グループ、”Phi-Psonics”。ロックダウン直前に限定リリースされていた彼らの作品にして、2020年の裏ベスト的一枚であるアヴァンギャルド/スピリチュアル・モーダル・ジャズ作品『The Cradle』のデラックス・エディションが〈Gondwana〉からリマスタリング仕様で登場。ジャズやクラシックの影響を受けながら、フォード自身の音楽的な体験や人間関係、そして、若くして出会ったスピリチュアル、ヨガ、哲学からインスピレーションを存分に詰め込んだ、ディープかつスピリチュアルにしてソウルフルな現代ジャズ作!ボーナス・トラックを追加収録。
Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)
Dan Nicholls - Mattering and Meaning (LP+DL)We Jazz
¥3,587
Loop Collectiveの創設メンバーにして、SquarepusherやGoldieとも仕事を共にしてきた英国・ロンドンの作曲家/ピアニストのDan Nicholls。同国の偉才=Shabaka HutchingsやKit Downesらと組んだ傑作『Ruins』でも知られる彼の最新アルバム『Mattering and Meaning』が〈We Jazz〉から登場。自身の生涯の友ともいうべきアコースティック・ピアノへの驚くべき親密さと自発的な再創造のアプローチを提供する全9曲を収録。ピアノ演奏を軸に、ループ、アブストラクトなアンビエント・エレクトロニクス、フィールド・レコーディング、サウンド・エフェクトなどを織り込んだスピリチュアルなアンビエント・ジャズの傑作であり、人間的な魅力と温かみのある語彙との出会いが垣間見れる昨年度の重要アルバム!
t e l e p a t h テレパシー能力者 - 現実を超えて (2LP)t e l e p a t h テレパシー能力者 - 現実を超えて (2LP)
t e l e p a t h テレパシー能力者 - 現実を超えて (2LP)Geometric Lullaby
¥6,785
7月中旬最終入荷、お見逃しなく。まさにこれぞ、泣く子も黙るヴェイパーウェイヴ・クラシックであり真の金字塔。奇跡のアナログ再発です!一度ジャンルの死を宣言されて以後のVaporにおける最大級の作家として、今も熱狂的なファンを増やし続けるオハイオ発のレジェンド、t e l e p a t h テレパシー能力者 。2014年にカセットで自主リリースして以来、同ジャンル最大級の骨董品と化している大名作であり、その最高傑作『現実を超えて』が〈Geometric Lullaby〉より史上初、待望のアナログ・リイシュー!!!!!!!!! ヴェイパーウェイヴの基本的手法でもある、80年代へのノスタルジアに基づいたサンプリングから音楽性を遠ざけながら、よりミニマルにしてアトモスフェリックな実験的な世界観を追求した、派生ジャンルの「ドリーム・パンク」の代表的な作家、そして、HKE (Hong Kong Express)との2814名義でも『新しい日の誕生』という歴史的名作を残すt e l e p a t h テレパシー能力者。ヴェイパーウェイヴという音楽における最大の動機でもあった、確かに存在していた/存在しえなかった、輝かしく鮮やかな過去へのノスタルジアや幻想、アイロニーたちを、ある種、彼岸や別世界を見つめる様な、幻視的な美意識とまなざしのもとで温かく愛で上げ、より純にしてインティメートな夜行性の音楽へと昇華した傑作であり、テン年代という時代にひとつの永遠を作り上げた真なるマスターピース。リマスタリング・オーディオ仕様。帯付属。180g重量盤。
t e l e p a t h テレパシー能力者 - アンタラ通信 (2LP)t e l e p a t h テレパシー能力者 - アンタラ通信 (2LP)
t e l e p a t h テレパシー能力者 - アンタラ通信 (2LP)Geometric Lullaby
¥6,785
7月中旬最終入荷、お見逃しなく。まさにこれぞ、泣く子も黙るヴェイパーウェイヴ・クラシックであり真の金字塔。奇跡のアナログ再発です!オリジナルは、2015年に聖地〈Dream Catalogue〉のテープ部門〈Dream Cassettes〉よりカセットで発表、Vapor系最大級の骨董品と化している、t e l e p a t h テレパシー能力者が残した大名作『アンタラ通信』(ジャケもこれまた最高なのです...)が〈Geometric Lullaby〉より史上初、待望のアナログ・リイシュー!!!!!!!!! ヴェイパーウェイヴの基本的手法でもある、80年代へのノスタルジアに基づいたサンプリングから音楽性を遠ざけながら、よりミニマルにしてアトモスフェリックな実験的な世界観を追求した、派生ジャンルの「ドリーム・パンク」の代表的な作家、そして、HKE (Hong Kong Express)との2814名義でも『新しい日の誕生』という歴史的名作を残すt e l e p a t h テレパシー能力者。夜行性にして瞑想的、イーサリアルでメランコリックなヴェイパーウェイヴ以降のアンビエント・ドローン/ニューエイジ・ミュージックを代表する、ドリーム・パンク系の屈指の名盤。リマスタリング・オーディオ仕様。帯付属。180g重量盤。
RON TRENT PRESENTS WARM:What do the stars say to you (White Vinyl LP+DL)RON TRENT PRESENTS WARM:What do the stars say to you (White Vinyl LP+DL)
RON TRENT PRESENTS WARM:What do the stars say to you (White Vinyl LP+DL)Night Time Stories
¥4,165
アーティストが監修を務めるオリジナル・コンピレーション・シリーズで人気を博す〈Late Night Tales〉から派生した姉妹レーベルで、第一弾アーティストのクルアンビンがいきなり世界的ブレイクを果たし、その独特の美学が評価を高めているレーベル〈Night Time Stories〉より「ハウス・ミュージックの伝説」として、さらには超一流のミュージシャン/ソングライター/プロデューサーとして第一線で活躍を続ける、ロン・トレントの最新アルバムがリリース!
参加ゲストとしては前述のクルアンビンに加えて、ブラジルの伝説的バンド、アジムスのドラマー、イヴァン・コンチとベーシストのアレックス・マリェイロス、フランスのジャズ/フュージョン界のスター、ジャン=リュック・ポンティ、そしてアンビエントのパイオニア、ジジ・マシンといった面々が名を連ねており、マスタリングはフランソワ・ケヴォーキアンが手がけた超豪華なコラボレーション作品となっている。
また、作品中ドラム、パーカッション、鍵盤、シンセ、ピアノ、ギターなどをロン自身が奏でており、生楽器とエレクトロニクスの調和がディープで陶酔的なサウンドを生み出している。ジャズ・ファンク、ポップ、ニュー・エイジ、ニューウェーブ、コズミック、バレアリック、サンバ、アフロビート、ラテンロック他...彼の飽くなき探究心で培われた音楽的豊かさが詰め込まれた最高傑作の誕生!
Brian Eno - Ambient 4 (On Land) (LP)
Brian Eno - Ambient 4 (On Land) (LP)Virgin EMI Records
¥3,789
1978年より始まったブライアン・イーノによるアンビエントシリーズ最終章として1982年に発表された異色作。
銅金裕司 / 藤枝守 - エコロジカル・プラントロン (LP)銅金裕司 / 藤枝守 - エコロジカル・プラントロン (LP)
銅金裕司 / 藤枝守 - エコロジカル・プラントロン (LP)Em Records
¥2,860
「植物からみた生きものたちのインターフェイス」。
植物の視点から我々の身体を包み込む生態系の連鎖を音によって体感させるラディカルなインスタレーション、 『エコロジカル・プラントロン』(1994 年)を再検証復刻。

バイオアーティストの銅金裕司が、植物と話し植物から話しかけてくる装置を目指し、90年代初頭に研究開発した画期的なシステムそれが「プラントロン」だ(※関連の博士号論文もある)。
植物(ラン)から生態電流を取り出して人間の知覚できる物理現象に変換するこの装置は、植物の知性をヒトが感得できるか探ることを第一義とし、物理現象じたいを興じるためのものではない。 『エコロジカル・プラントロン』はこの「プラントロン」を運用した初のインス タレーションの<音>の記録だ。

本作は銅金の「プラントロン」を作曲家の藤枝守がインスタレーション用のサウンド・システムに構築したもので、植物とヒト環境の往信で生まれた生態電流を電子音にプログラム変換、不定形かつ不規則な電子音の粒が放出される(※注)。
強引に例えればクセナキスやペンデレツキの図形楽譜曲にどこか似た雰囲気を想像できるかもしれない。生態電流といえば、ヒトの脳波を使ったローゼンブームやルシエらの実験音楽が思い出さ れるが、本作はヒト主体でなく植物ファースト、そもそも<音楽作品>として 提示されていないことを記しておきたい。

今回の復刻ではギャラリーで制作された自主盤音源をリマスターし、『エコロ ジカル・プラントロン』から派生した二つの作品「マングローブ・プラントロン」 と「ピアノラ・プラントロン」をボーナス・ディスクに収録した。初のLP版も発売となる。
本装置の1991年の実験公開以降、疑似・類似の試みがいまも出現しているが、そのオリジナルが「プラントロン」であったことは明記しておく。 解説には銅金の最新寄稿を掲載し、この実験と開発秘話、本作の意図を改めて 探る。

※注:藤枝は、ヒトが制御不能のこの音塊からある種の規則性を聞き出うとす る過程で現代音楽が置き去りにしてきた「メロディー」を再発見し、それを端緒に「植物文様」というシリーズを作曲し発表している。*視聴音源track3はCD版のみ収録
Patty Waters - You Loved Me (LP)Patty Waters - You Loved Me (LP)
Patty Waters - You Loved Me (LP)cortizona
¥3,637
今回、初のアナログ・リリース!伝説的アヴァンギャルド・ジャズ・レーベル〈ESP-Disk〉からの60年代の作品も知られる、アイオワ出身のフリー・ジャズ/アヴァンギャルド・ジャズ・ヴォーカリストであり、Bill EvansやCharlie Mingus、Chick Corea、Herbie Hancockとも共演してきた奇跡の歌声…..ESPの暗黒面にして数々の作家に影響を与える女性ボーカリスト、Patty Waters。1970年代に残された未発表のシングルや貴重なセッション音源を収めたコンピレーション・アルバム〈You Loved Me〉が、占星術ニューエイジなJean Hoyouxの再発盤や今年度ベスト格なAnn Eysermansなどを送り出してきたベルギーのカルト・レーベル〈cortizona〉から到着。オールド・スタイルなフォーク・ミュージックの素朴さに、スピリチュアル・ジャズのアヴァンギャルドネス、端正なミニマリズムの溶け合う、極上の録音の数々を収録。Eric Terino によるライナーノーツが掲載されたインサートが付属。
Glass Museum - Reflet (LP)Glass Museum - Reflet (LP)
Glass Museum - Reflet (LP)Sdban Ultra
¥3,879
今年度の現代ジャズでも大変重要な一枚かと!キーボーディストのAntoine FlipoとドラマーのMartin Grégoireが2016年に始動させたベルギーのデュオにして、衝撃的な2018年のEP『Deux』や絶賛された2020年のアルバム『Reykjavik』も記憶に新しいGlass Museumによる最新アルバムが〈Sdban Ultra〉から登場。スピリチュアル・ジャズの気品と、エレクトロニカの郷愁、ディープ/ミニマル・ハウス的なダンス観も兼ね備えた、非常にシネマティックなコンテンポラリー・ジャズ傑作アルバム!
Raphaël - Stop, Look, Listen (LP)Raphaël - Stop, Look, Listen (LP)
Raphaël - Stop, Look, Listen (LP)Sdban Records
¥3,721
オリジナルはほぼ見かけない希少盤につきお見逃しの無く!〈Jazzman〉の『Spiritual Jazz』シリーズの欧州編でもピックされたオブスキュアなアメリカのジャズ・ピアニストであり、以前には〈Heavenly Sweetness 〉も掘り起こしていたことのあるPhil Raphaël。渡欧先・ベルギーのライブラリー系レーベル〈Selection Records〉に残した、恐らく唯一作と思われるアルバム『Stop, Look, Listen』が〈Sdban〉よりアナログ・リイシュー!Horace Tapscott等の〈Nimbus〉作品も思い起こさせるスピリチュアル・モーダル・ジャズ傑作盤。
Le Petit (Donato Dozzy & Stefano Ghittoni) - Le Petit (LP)
Le Petit (Donato Dozzy & Stefano Ghittoni) - Le Petit (LP)Maga Circe Musica
¥4,297
Neelとのアンビエント・テクノ/エクスペリメンタル・デュオ、”Voices From The Lake”としての活動も有名、漆黒のダブ / 音響派テクノの最先端Donato Dozzyと、ミラノのベテランStefano GhittoniによるユニットLe Petitのセルフ・タイトルが、昨今Dozzyの始動させた要注目レーベル〈Mage Circe Musica〉からリリース。マエストロ・Daniele Baldelliのコズミック・ディスコの美学を独自に解釈し、屈折したリズムと、サイケデリックなエレクトロニクス、ヘヴィなダブのアトモスフィアを追求した実験的なサウンドが存分に堪能できます!
Racine - Amitiés (CD)Racine - Amitiés (CD)
Racine - Amitiés (CD)Danse Noire
¥2,551
まさに、孤独と内省、痛みを超えた先に差し込む一筋の光の様な美しさがあります。スイスととチベットの血を引くディコンストラクテッド・クラブ/ポスト・クラブ女傑Aïsha Deviらが運営する同ジャンルの一大聖地であり、El Mahdy Jr.にJ.G. Biberkopf、bod [包家巷]、Yikiiなどツワモノ揃いな〈Danse Noire〉。ここから一昨年、Deconstructed Club以降なニューエイジ/アンビエントの傑作を送り出していたフランス系カナダ人アーティスト、Racineによる最新作がCDリリース。内的な混沌と疎外感から無感覚になるためのサウンドトラック的な一枚であり、腐食した呪詛的なサウンドをポスト・インダストリアル的な意匠へと落とし込んだ、屈折的にして解読不能な音塊!
Elektro Nova - Electro Nova (2LP)
Elektro Nova - Electro Nova (2LP)Smalltown Supersound
¥4,577
北欧のエレクトロニック・ミュージック/ニュー・ジャズ/実験音楽の一大集積地である〈Smalltown Supersound〉がまだベッドルームで運営されていた1998年に残された、Elektro Novaの傑作『Electro Nova』がまさかの初の2LP化!20年以上の歳月を経て、Deathprodの手によるミキシングとマスタリングによりアナログ再発。DeathprodことHelge Stenも「ノルウェーから生まれた最も重要な音楽の一つ」と評した、神話に近いドローン傑作録音!Thomas Könerに、Harley Gaber、Kali Malone、そして、もちろんDeathprodファンにもレコメンドな荒涼としたドローン/サウンドスケープ大名作。限定500部。
Jake Muir - Lady's Mantle (Clear Vinyl LP)Jake Muir - Lady's Mantle (Clear Vinyl LP)
Jake Muir - Lady's Mantle (Clear Vinyl LP)Sferic
¥3,767
〈Ilian Tape〉や〈Boomkat Editions〉といった各地の名所に一際エッジの効いた作品を残す、Dubient以降の現行アンビエント・ミュージックの要注意作家、Jake Muirが18年に発表し、レア化していた〈Sferic〉からの人気アルバム『Lady's Mantle』がクリア・ヴァイナル盤仕様で待望のリプレス。当初は地味なレーベルだと思っていたここ〈Sferic〉も今やカルト的な人気を誇る大名門。「あちら側」の世界に片足を踏み入れた、イーサリアルかつ耽美な深海系イルビエントの傑作!〈Room 40〉主宰の名作家Lawrence Englishの手によるマスタリング、〈Dubplates & Mastering〉でのアナログ・カット。限定500部。この機会に是非。
Aphex Twin - Come to Daddy (12")
Aphex Twin - Come to Daddy (12")WARP
¥1,815

これは未体験の方は是非!まさに金字塔です。1997年に大名門〈Warp〉より発表、今も多くの聴衆を魅了し続けている、鬼才Aphex Twinの名作『Come to Daddy』。アグレッシブにして複雑、混沌としてユーモラスなドリルンベース/IDM史上に残る歴史的な大傑作!

Recently viewed