Filters

Vinyl

MUSIC

2526 products

Showing 1801 - 1824 of 1972 products
View
1972 results
坂本慎太郎 x VIDEOTAPEMUSIC - バンコクの夜 (12")
坂本慎太郎 x VIDEOTAPEMUSIC - バンコクの夜 (12")Em Records
¥1,980
「映画館に観客を取り戻す」を旗頭に活動する映画製作集団、空族(くぞく)待望の最新劇映画『バンコクナイツ』へのトリビュートとして放たれる最強の2作品。両作ともエム・レコードのタイ音楽アーカイブ・シリーズの音源をサンプリング使用する条件で制作され、リリースはヴァイナル12インチのみ。夢と現(うつつ)が交錯し、タイ~バンコク~イサーンとは何なのかを音で貴方に問いかける。

「悲しみのない世界 (You Ishihara Mix) 」のMV制作をきっかけに交流が始まった坂本慎太郎とVIDEOTAPEMUSICの初の連名単独リリース。坂本とVIDEOTAPEMUSICの世界観が溶け込んで2017年邦楽ポップスのターゲットになりえる音楽に昇華した。A面「夢で見た町」はファンにはおなじみの中村楓子をヴォーカルにフィーチャーし、中盤からダブ接続するレゲエのディスコ・ミックスのような体裁の麻薬的長尺曲。B面には「バンコクの夜」「ディスコ・バンコク」と題したエキゾでエレクトロなインスト・チューン、そして「夢で見た町」のインスト・ヴァージョンを入れた全4曲入りEP。装丁:坂本慎太郎。
Squarepusher - Feed Me Weird Things (2LP+10")
Squarepusher - Feed Me Weird Things (2LP+10")Warp
¥4,158

限定クリア・ヴァイナル仕様。スクエアプッシャーのデビュー作にして不朽の大名盤が、25周年を記念して待望のリマスター再発決定!

鬼才スクエアプッシャーによる衝撃的デビュー・アルバムにして、その後の音楽シーンに多大なる影響を与えた大名盤『Feed Me Weird Things』。1996年にエイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスによるレーベル〈Rephlex〉よりリリースされ、10年以上もの期間、CDやLPはもちろん、ストリーミングやダウンロード配信も行われていなかった本作が、リリースからちょうど25年目にあたる6月4日に待望の再発決定!発表に合わせて「Theme From Ernest Borgnine」が公開! スクエアプッシャー本人が監修した今回のリイシュー盤の音源は、オリジナルのDATからリマスターされており、同時期にリリースされたEP作品『Squarepusher Plays…』のBサイドに収録された2曲「Theme From Goodbye Renaldo」と「Deep Fried Pizza」も収録。16ページの拡大版ブックレットでは、制作当時を振り返るセルフライナーノーツや、使用機材の情報を含む本人による各曲解説、当時の貴重な写真やメモが掲載され、キャリア初期の背景を解き明かす内容となっている。紙ジャケ仕様の国内盤CDは、高音質UHQCD (全てのCDプレーヤーで再生可能)となり、ブックレット訳とリチャード・D・ジェイムスによる寄稿文の対訳、そして解説書を封入。 2020年リリースの最新アルバム『Be Up A Hello』では、90年代の機材を多用したという点も注目を集めたが、若干19歳の時に作った楽曲も収録されている『Feed Me Weird Things』を聴けば、当時の初期衝動が今もなお彼を突き動かし、常に型破りな作品を生み出し続けていることが理解できるだろう。 様々なサブジャンルが誕生した当時のエレクトロニック・ミュージックにおいて、今作がこれだけ特別な輝きを放ち、他のアーティストによる同時代の良作と一線を画していた理由の一つには、ジャズの影響を強く受けたトム・ジェンキンソンが、ジャズとエレクトロニクスの革新的な融合を成し遂げ、その卓越したベースプレイを披露した最初の作品であることも挙げられる。複雑に構成され、時には超高速に展開するビートが刺激を与えてくれる一方で、すでに完成されていたベースプレイは、心地よく魅力的に響き渡り、先進的な音楽ファンのすべてを虜にした。 スクエアプッシャーは、フルートという楽器を使わずに、フルートに開いた穴だけでどんな音が鳴らせるかと考える人物だ。過去に一度も鳴ったことのない音を出すため、リチャード・ロジャーズとジュリー・アンドリュースは『サウンド・オブ・ミュージック』すなわち音楽の響きをもたらし、ジョン・ケージやサイモン&ガーファンクルは(「4分33秒」や「サウンド・オブ・サイレンス」で)静寂の響きをもたらし、そして今、スクエアプッシャーは “サウンド・オブ・サウンド” つまり “音による響き” を我々にもたらす。 ― PRichard.D.Jams ※ ※リチャード・D・ジェイムス (アートワークに掲載された原文まま) リチャード・D・ジェイムスとグラント・ウィルソン・クラリッジが主宰した〈Rephlex〉にとっても最重要作品の一つである今作『Feed Me Weird Things』のトラックリストは、トムから渡されたテープをもとにリチャードが監修して組まれたという。アートワークには、リチャードが他のアーティストのために書いた唯一の寄稿文も記載されている (国内盤CDの解説書には対訳を封入)。 初期のEP作品や、96年にリリースされた『Feed Me Weird Things』をきっかけに〈Warp〉と契約したスクエアプッシャーは、同年末に『Port Rhombus EP』、翌97年には『Vic Acid EP』と『Hard Normal Daddy』を〈Warp〉からリリースし、以降レーベルを代表するアーティストとして今もなお第一線で活躍している。

University Challenged - Oh Temple! (2LP+DL)
University Challenged - Oh Temple! (2LP+DL)Hive Mind Records
¥3,797
版元完売。まるで、Natural Snow BuildingsとYellow SwansとBorisの奇跡の邂逅。英国拠点の日本人サイケ・バンドとしてもお馴染み、Bo NingenのKohhei Matsuda、Ajay Saggar、Oli Heffernanというエクスペリメンタルな欧州のロック界隈で活動するミュージシャン三者が、19年のオランダでのライヴを皮切りに結成した期待の新バンド、University Challengedによる待望のデビュー・アルバムが〈Hive Mind〉から登場!こりゃ凄い。コスミッシェ・ムジークからドローン、スピリチュアル・ジャズ、モダン・クラシカル、アシッド・フォークまでもが溶け合った様な、永続的かつ霊能的なサイケデリック・ミュージック。カテゴライズ困難なサウンドの連続です!限定300部。
Pavel Milyakov - Masse Métal (2LP)
Pavel Milyakov - Masse Métal (2LP)The Trilogy Tapes
¥3,589
〈Berceuse Heroique〉や〈Minimal Wave〉傘下〈Cititrax〉にも在籍。ここ数年に渡り、ロシアの地下テクノの台風の目で在り続けた折り紙付きのアクト、ButtechnoことPavel Milyakovが〈The Trilogy Tapes〉より最新アルバムをリリース!毎度大いに攻めたキュレーションで観衆を湧かせてやまないドイツの人気音楽フェスティバル〈Berlin Atonal〉のオーディオ・ビジュアル・プロジェクトの一環として、数年に及ぶサウンド・リサーチの集大成として完成。従来より多様なメディアやパフォーマンスを通すことでダンス・ミュージック以外のアプローチにも積極的に参与してきた彼らしく、さらに複雑で実験的な世界観へとアップデート。今日の殺伐とした世界観を投影していくかのように、ダンサブルな要素さえも排除(=まるで踊ることさえも否定)した虚無的なサウンド・デザインを貫徹。〈Berlin Atonal〉のパフォーマンス会場であったという高さ20メートルのコンクリート建造物から得た多大なインスピレーションを軸にインダストリアル/ミニマリスティックに荒廃し切った音場へと収束。現代世界における人間の自己決定、人間と自然との関係やそれ自体にさえも疑問を提起するキャリア屈指の重要作。
The Durutti Column - Red Shoes (LP)
The Durutti Column - Red Shoes (LP)Materiali Sonori / Spittle Records
¥2,398
ポスト・パンクという枠からも大いにはみ出たイギリスの伝説的名バンドにして、1980年に〈Factory〉から送り出された大傑作ファースト・アルバム『The Return Of Durutti Column』以来、ニューウェイヴとアンビエント・ミュージックの間を埋める様な注目すべきアルバムを次々と発表してきたThe Durutti Column。イタリア版〈Rough Trade〉的なレーベルとしてもお馴染みの名門〈Materiali Sonori〉より92年にCDリリースしたコンピレーション・アルバムが〈Spittle Records〉から初LP化。92年の初頭に録音された8曲の新録音と5つの未発表曲が収録されており、”When The World”、”For Madeleine"、”For Zinni”といった過去楽曲の新ヴァージョンもフィーチャーしたタイトルとなっています。Manuel GöttschingやGünter Schickert、さらにはJohn Martynといったコスミッシェ・ムジーク/宇宙音楽の巨匠たちからのインスピレーションが詰め込まれた魅惑的なアンビエント・ギター・トリップ。〈Materiali Sonori〉からの公式ライセンス。
Arlene Tiger, The Clay Pitts Orchestra - Female Animal: The Original Soundtrack‎ (LP)
Arlene Tiger, The Clay Pitts Orchestra - Female Animal: The Original Soundtrack‎ (LP)SURVIVAL RESEARCH
¥2,398
『フレンチ・コネクション』にも出演したNY拠点の女優Arlene Farberが後に夫となるJerry Gross監督が60年代後半から70年代前半にかけて監督・配給したポルノ映画『Female Animal』のオリジナル・サウンドトラックがアナログ復刻!魅力的な農民の少女に降りかかる淫らな不幸を描いた堕落したプロット(グロスはポン引きとして出演)を、Derek Wareの謎めいた変名Pittsが指揮したClay Pitts Orchestraによる豪華なラウンジ・ミュージック風サントラで綴った怪盤。
Devo - Hardcore Volume 1 LP (LP)
Devo - Hardcore Volume 1 LP (LP)Superior Viaduct
¥2,310
悪名高い「ケント州立大学銃撃事件」の舞台にもなったケント州立大学周辺から生まれた、初期パンクの大いなるはみ出し者"Devo"が、74年から77年にかけて、小さなスタジオや地下室、ガレージなど様々なロケーションで4トラック・マシンを駆使してレコーディングされた、デビュー以前の初期音源を集めた大人気盤『Hardcore Devo』。世界各地のアヴァンギャルドな音楽史を現代へと再提示してきた名門レーベル〈Superior Viaduct‎〉からのアナログ復刻盤!誰が聴いても最高な初期Devoの真骨頂的世界観を余す所なくパッケージ。プリミティヴ&ノイジーな脱線シンセ・パンク・サウンドを存分に堪能できる大傑作盤!彼らこそまさにデヴィッド・ボウイが言ったように”未来のバンド”というべき存在でしょう。
Gabrielle Roth - Endless Wave: Vol 1 (2LP)
Gabrielle Roth - Endless Wave: Vol 1 (2LP)Time Capsule
¥3,998

70年代後半に現代エクスタティック・ダンスの概念を築いた演出家でアーバン・シャーマンとも称されたガブリエル・ロス。
世界的に有名な彼女のダンス瞑想「ファイヴ・リズム」のサウンド・トラック(96年作)を45rpm高音質で初アナログ化。

(再マスター180g重量盤、45回転高音質カット)

【Track List】
A1: Body Parts (Eternal Dance)
A2: Flowing (Dolphin)
A3: Staccato (Bushbeat)
B1: Chaos (Snake)
B2: Lyrical (Ghostdancer)
B3: Stillness (Stone Circle)
C1: Body Parts
C2: Flowing
C3: Staccato
D1: Chaos
D2: Lyrical
D3: Stillness

Phew / John Duncan / Kondo Tatsuo - Backfire Of Joy (LP)
Phew / John Duncan / Kondo Tatsuo - Backfire Of Joy (LP)Black Truffle
¥2,945
知られざる秘蔵音源が待望のアナログ・リリース・・・・Aunt SallyやMost等での活動も通し、ジャパニーズ・アンダーグラウンドに四十年にも渡って君臨してきた女傑、Phew、50年にも及ぶ命脈を誇る西海岸発の実験界隈”LAFMS”一派のひとりJohn Duncan、日本の作曲家Kondo Tatsuoの3組が残した幻の未発表録音がOren Ambarchi主宰の豪州実験シーンの聖地〈Black Truffle〉から現代へと再提示!ジョン・ダンカンが初来日した際に行われた演奏で、東京の法政大学にて1982年にコンサート録音されていたという大変貴重な音源。古くから雑誌やテープ、レコードのトレードが行われているなど、古くからLAFMSと関わりの深い日本のアンダーグラウンド・シーンですが、その初対面を果たすこととなった際に残されていたこのトリオとしては唯一の演奏。アーカイブ写真と自身らによる書き下ろしライナーノーツが付属。
Can - Delay 1968 (LP)Can - Delay 1968 (LP)
Can - Delay 1968 (LP)Mute
¥3,615

数量限定ピンク・クリアヴァイナル仕様。Radioheadもカヴァーしたことでもお馴染みな大名曲"The Thief"収録!ジャーマン・ロック神Canの初代ヴォーカリストであるMalcolm Mooney在籍時の1968年に録音、発表は1981年となった13thアルバムが14年リマスター音源にて再発!Holger Czukayによると『Delay 1968』はもともと1stアルバムとして発表される予定だったそうですが、 レーベルの意向によって親しみやすいアルバムを制作し、それが現在1stとして知られる『Monster Movie』になったのだとか。68年の時点にして、既にポスト・パンクやノーウェイヴ、エレクトロニカの到来さえも予見していたような、エッジの効きまくりなサイケデリック・サウンドを存分に披露した名作。未聴の方は若いうちに浴びておきましょう!

Asa Tone - Temporary Music (LP)
Asa Tone - Temporary Music (LP)Leaving Records
¥2,554
Don’t DJ meets 第四世界&インドネシア音楽なエキゾティック・アンビエント・サウンド!エレクトロニック・バンド、Young Magicの1/2にして、レコード・コレクター、ヴォーカリスト、DJ、女性アーティストでもあるジャカルタ出身の多才な存在、Melati Malay、気鋭レーベル〈Human Pitch〉重要格であり昨今密かに注目を集めるNY拠点のマルチメディア・アーティスト、Tristan Arp、〈100% Silk〉から16年にカセット・デビューしたブルックリン拠点のKaaziによる最新トリオ、Asa ToneがMatthewdavid主宰の[Leaving Records]からファースト・アルバムを発表!18年に、Melati Malayがインドネシアに帰国した際に3人で同国を旅行し、ジャングルのキャノピーに一時的なスタジオを設置。Rindik、Moog Sub 37、Infinite Jets、Sulingといった小規模な楽器のコンビネーションと、デジタル処理とアナログ処理の両方を駆使して録音した即興パフォーマンスに基づく作品。Melatiのヴォーカルと数台のシンセサイザー、合成音声、マレット等のインストゥルメントを華麗に繋ぎ、インドネシア的ポリリズムとジョン・ハッセルの第四世界、リバイバル通過後のニューエイジ・アンビエントが溶け合ったエスノ&オリエンタルな音世界を顕現させた大傑作。これは、眠れますし、浸れますし、踊れます。限定300部。
Giraffe - Desert Haze (LP+DL)
Giraffe - Desert Haze (LP+DL)Marionette
¥2,336
音響ダブを通過した電子音楽やエレクトロ・アコースティック作品のリリースを通じ、弊店でもじわじわと人気を獲得している、Honest Jon's配給の気鋭レーベル、Marionetteからは、Sascha Demand (guitar)、Jürgen Hall (keys)、Charly Schöppner (percussion)の3人によるトリオ、Giraffeの最新LP作品が満を持して登場です!シュールで不穏な響きを聴かせるギターのインプロヴィゼーションに、不気味さを抱いたトライバルなパーカションが絡み、ドロドロとしたシンセが高域でユラユラとさまよう、ナンとも名状しがたいサウンドの数々。Burnt Friedmanと灰野敬二の不失者の音楽が融合したらこんな世界観が生まれるのかもしれません。まるで古代の秘教音楽儀式、ミステリアスな空気感たっぷりの濃密盤です!リバース・ボード・ジャケット仕様。
Suzanne Ciani - A Sonic Womb: Live Buchla Performance at Lapsus (LP)
Suzanne Ciani - A Sonic Womb: Live Buchla Performance at Lapsus (LP)Lapsus Records
¥2,841
こりゃ凄まじい・・・・一推しです!これまでのこの人の作品群のなかでもトップクラスに”尖った”音が聴こえてきます!グラミー賞に5度にも渡ってノミネートされた電子音楽のパイオニアにして、Buchla使いの若手アンビエント/エレクトロニック作家Kaitlyn Aurelia Smithともコラボレーションしているイタリア系アメリカ人女性ピアニスト、Suzanne Ciani。自身がヘッドライナーを務めた19年の〈Lapsus Festival〉でのパフォーマンス音源がアナログで登場!自身のBuchla 200e synthesizerを携えながら、〈Intorno Labs〉によって特別にデザインされたマルチ・チャンネルのサウンド環境下で披露されたライブ・パフォーマンス。アポカリプティックなドローン・ドゥームで幕を開ける圧巻の冒頭から、タンジェリン・ドリームやクラスターといった70年代のジャーマン・エレクトロニクスにも通じるSci-fiなシンセ・サウンドに、Emptyset〜Yves De Mey辺りを思わせるエクスペリメンタルに尖った音像までもが交差するコズミックな電子音世界。
Gas - Oktember (LP+DL)
Gas - Oktember (LP+DL)Kompakt
¥2,317
アンビエント史へと刻む一枚が再来!大名門〈KOMPAKT〉主宰、Wolfgang Voigtによる大人気アンビエント・プロジェクト、GASが〈Mille Plateaux〉から99年にリリースしたEP作品「Oktember」がヴァイナル復刻!波のようなシンセ、音の海のなかを遊泳する感触と深遠な反復、ズシリと重く圧のあるドローン/アンビエントの中に確かな熱を感じさせる永続的ミニマル・サウンドスケープ。2002年に「Pop Ambient」のコレクションの一環としてリリースされた1990年のTAL名義の楽曲”Tal '90"が追加収録。180g重量盤。
Abul Mogard - Kimberlin (Original Soundtrack) (LP)
Abul Mogard - Kimberlin (Original Soundtrack) (LP)Ecstatic
¥2,992
これは間違いなく下半期の重要作として要チェックの一枚!Leyland KirbyやWilliam Basinskiが好きな方にもたまらない冷徹ダーク・アンビエント大作!工場労働者としての半生を過ごし、定年退職後、音楽の道を歩み始めたセルビア人音響シンセシストであり、UKのエクスペリメンタル名門レーベル”Ecstatic”が昨今力を入れて推薦している要注目作家Abul Mogardが、映像アーティストDuncan Whitleyの短編実験映画のために初となるサウンドトラック作品を制作!遅咲きの作家ながらこの人、作品を出すたびにどんどん進化しているのが肌で感じられます。大胆に放出するそのサウンドはまさに忘我の極み。淡々と静穏なアンビエンスがいぶき、時には洪水のように溢れ出してやまず、深遠なるドローン世界を描き出した大傑作。これぞ、ドープ・アンビエント・ドローンの頂点です。D&Mでのマスタリング&カッティングと盤質も万全。両面カラー・インサートが付属。クリア・ヴァイナル仕様の限定500枚。
Dick Hyman - The Age Of Electronicus (LP)
Dick Hyman - The Age Of Electronicus (LP)Pleasure For Music
¥2,078
これはまさに早すぎた現代ジャズ・・・マジモンのド変態ミュージックで、どうかしています。ジェームス・ブラウン・カヴァーの”Give It Up Or Turn It Loose”はColdcutやDJ Harveyにもサンプリングされたアメリカのジャズ・ピアニストであり、とことん尖ったストレンジなムーグ・サウンドで今もなお多くの聴衆を魅了し続ける伝説的ミュージシャン、ディック・ハイマン。ブロードウェイから映画やテレビの劇伴、ジャズ、クラシック、ポップス、電子音楽までも横断し大いに活躍した彼が1969年に発表した世紀の大名作「The Age Of Electronicus」が実におよそ50年振りの再プレス。J DIllAもネタに用いた"Alfie"を始め、常軌を逸して奇妙でエッジーなムーグ世界を描き出したアヴァンギャルドな一作!
Cinema (Alex Meirelles / Annabel / Ronaldo Tapajos / Tete Sa) - Cinema (LP)
Cinema (Alex Meirelles / Annabel / Ronaldo Tapajos / Tete Sa) - Cinema (LP)Discos Nada
¥2,989
またしても凄い再発が到来!数々のMPB作品へと参与するキーボーディストのAlex Meirellesらが率いるブラジル地下の秘宝にして、〈Music From Memory〉のブラジル産電子音楽ニューエイジ・コンピ「Outro Tempo」でも紹介されていた奇跡のオブスキュア・ミニマル・アンサンブル”Cinema”。昨年にはデッドストックも出回っていた彼らの85年唯一作が史上初のアナログ・リイシュー!デッドストックが大量発掘されるまでオリジナルは幻にも近いレコードでしたが、この度めでたくリイシューも実現。室内楽からミニマル、架空の民族音楽、オペラ、ニューエイジ、プログレまでも呑み込んだアフロ・ブラジル音響派な大名作。Suso SaizのOrquesta De Las Nubesが伝統的なラテン音楽へと挑んだならばこうなったのかとも夢想します。
V.A.- Our Town: Jazz Fusion, Funky Pop & Bossa Gayo Tracks from Dong-A Records (Blue LP)V.A.- Our Town: Jazz Fusion, Funky Pop & Bossa Gayo Tracks from Dong-A Records (Blue LP)
V.A.- Our Town: Jazz Fusion, Funky Pop & Bossa Gayo Tracks from Dong-A Records (Blue LP)Beat Ball Music
¥4,287
(限定ブルー・カラー・ヴァイナル仕様)これまた凄いのが出ましたーーーー!韓国の名レーベル〈Beatball〉からは、韓国産のシティ・ポップ/AORな名曲たちを世界へと紹介する画期的コンピレーションが登場!80年代後半に設立された韓国のインディ・レーベル〈Dong-A Records〉に残されたレア音源の数々を一挙コンパイル。16年にLP再発も組まれた女性シンガーソングライターJang Pil-Soonや、キリンジやLampにも通じる音楽性で昨年の再発盤も注目されたLIGHT & SALT始め豪華楽曲を全10曲収録。Kwon Seo-young (tototatatu)によるジャケット・アートワークをフィーチャー。豪華ライナーノーツ(韓国語)を記載した4パネル・インサート、そして、〈Dong-A Records〉の会員証のレプリカまでもが付属。
Ursula K. Le Guin & Todd Barton - Music and Poetry of the Kesh (LP+DL)
Ursula K. Le Guin & Todd Barton - Music and Poetry of the Kesh (LP+DL)Freedom To Spend
¥2,096

文明崩壊後・・・・二万年後の北カリフォルニアの地での暮らす人類の末裔、「ケシュ」の生活を描いた、Ursula K. Le Guin(ゲド戦記の原作者としても知られるSF作家)の未来叙事詩「Always Coming Home」(1985)の原書に付属していたサウンドトラック・カセット作品が、大名門RVNG傘下のFreedom To Spendの手によって初のヴァイナル・リイシュー。

音楽は、著書の友人でオレゴン拠点のマルチメディア・パフォーマー、Todd Bartonが担当!本作では、「ケシュ」と呼ばれる太平洋沿岸の架空の女系民族の一人、Stone Tellingの物語を描いており、劇や儀式のために使用される”Houmbúta”というホルンや、雌牛と甲殻類の甲骨から作られた”Wéosai Medoud Teyahi“という骨製フルートなど、オリジナルの楽器をフィールドレコーディングしています。喜びに満ち、のどかで瞑想的なケシュの歌の世界観の中で、北カルフォルニアの壮大な自然が躍り、ブックラ・シンセサイザーや空想上の民族楽器が原初の神秘を想起させるファンタズマゴリックな空想民族音楽。想像を遥かに凌駕した霊的なスケールで展開される精神世界に感服・・・・。これはMeditations的にも2018年最大級の再発案件、神域突入してます!Moe Bowsternによるライナーノーツ&オリジナル歌詞シートの複製が付属。1stプレスは限定1000枚。

Irena and Vojtěch Havlovi - Melodies In The Sand (LP)
Irena and Vojtěch Havlovi - Melodies In The Sand (LP)Melody As Truth
¥2,868
Sufjan StevensやBryce Dessnerのファンにもレコメンド!!!日本在住時代は、Chee Shimizu、Dr. Nishimuraといった偉才たちとのDiscossessionを経て、現在はオランダにてバレアリック/ニューエイジの新たな地平を切り拓くJonny Nash主宰の名レーベル〈Melody As Truth〉から意外なタイトルが到来!!欧州のクラシック音楽の多様な様式から、実験的フォーク、モダン・クラシカル、ミニマル・ミュージックまでも横断してきたチェコの夫婦デュオ、Irena & Vojtěch Havloviの最新アルバム。前衛音楽集団、Capella Antiqua e Modernaの一員として、チェコスロバキア時代の80年代中頃から活動を始めたふたりのおよそ10年振りとなった作品であり、ここ最近の〈Melody As Truth〉のコンテンポラリーで深遠な世界観に見事にフィットした恐ろしくディープなモダン・クラシカル〜アンビエント室内楽。この世のものとは思えないほどに透き通ったエーテルな響きに呑まれます。名音響作家Stephan Mathieuの手によるマスタリング。チェコ音楽のプロフェッショナルとしても知られるジャーナリストのPavel Klusakがライナーノーツを担当。一生物をお探しの方にも是非。
Gail Laughton - Harps Of The Ancient Temples (LP)
Gail Laughton - Harps Of The Ancient Temples (LP)Pleasure For Music
¥2,497

第1期のニューエイジ黄金時代を捉えた名コンピレーション盤「I Am The Center」でも取り上げられていた、ジャズ・ハープ奏者であるGail Laughtonによる1969年発表の唯一作アルバムが遂にヴァイナル・リイシュー!

多数の映画や、ルーニー・テューンズ作品の楽曲に関わり、 BEAVER & KRAUSE『GANDHARVA』にもクレジット、そしてジャズ・ハーピストとしても素晴らしいキャリアを持つ、USハープ奏者GAIL LAUGHTONの1969年リリース作品がヴァイナル・リイシュー。リドリー・スコットが『ブレードランナー』で使用した ”Pompeii ”をはじめ、ディープなアンビエント / ニューエイジ・ミュージック・フリークからの支持も頷ける、アンビエント的魅力のハープ作品集!!

吉村弘 - Green (Clear/Green Swirl Vinyl)吉村弘 - Green (Clear/Green Swirl Vinyl)
吉村弘 - Green (Clear/Green Swirl Vinyl)LIGHT IN THE ATTIC
¥3,933

限定クリアグリーン・カラーヴァイナル仕様。「ふと目がさめると、午後の向う側。グリーンなサウンドが、まわりの風景をつつみこみます」。今年度ベストと言える最重要リリース!テン年代に隆盛したニューエイジ・ミュージック・リバイバルの中で巨大な再評価を浴び、今や国産アンビエントの中でも最大級の人気を誇る一枚が公式再発!日本の環境音楽/アンビエントのパイオニア、吉村弘が86年に発表したキャリア重要作品「Green」が、日本の知られざるアンビエントやニューエイジ、環境音楽を一挙コンパイルした昨年の大傑作編集盤「Kankyo Ongaku」(グラミー賞ノミネート!)も爆発的な人気を博した大名門〈Light In The Attic〉から初となる復刻リリース!

オリジナルは10万円越えで取引されることも多々な鬼レア盤にして、某動画サイトの再生回数は200万を優に超える超人気作!70年代にはタージ・マハル旅行団の公演にもゲスト参加、80年代からは、数多くのミュージアムやテレビ番組、ギャラリー、ファッション・ショー、公共施設、化粧品会社などに至るまでデザインや音響を手がけ、現代日本の都市のサウンド・デザインにも寄与してきた吉村弘。『Green』は吉村自身もフェイバリットに挙げていた音源で、ホーム・スタジオにて1985年から86年の冬にかけてYAMAHAのFMシンセサイザーで録音された作品で、忙しい東京の都会の喧騒とはまるで対照的に、ゆったりとした色調でやさしく広がるエヴァーグリーンなサウンドを披露。どこまでも優しく風雅に響き渡り、人の心へと確かな潤いと彩りをもたらしてくれる極上の一枚(本作の制作の際には、吉村自身もふと眠ってしまったことがあったとのことです。)ヴァイナル・リマスタリング仕様&〈RTI〉での高品質プレスと盤質も万全。これまで未公開だった吉村手書きのトラック・ノートも付属。これはアンビエント~ニューエイジ・ファンならずとも、全音楽好きが一度聴くべきマスターピースです!

Tim Story - Threads (LP+DL)
Tim Story - Threads (LP+DL)Dais Records
¥2,498
限定600部クリア・ヴァイナル仕様。全ニューエイジ/アンビエント・ファンに捧げます。制作当時、若干20代前半にしてこの洗練された世界観!オリジナルは1982年にテストプレス盤のみが75年から79年まで活動していたファンジン〈Atem Magazine〉傘下のインディ・レーベル〈Atem〉より発表。Univers Zero、Art Zoyd、This Heat、Present、Aqsak MaboulといったRIOの巨星たちの影に隠れていた、伝説的なアメリカのアンビエント/劇伴作家、TIM STORYの幻のファースト・アルバムが〈DAIS〉から史上初のアナログ・リイシュー! Hans-Joachim RoedeliusやWilliam Ackerman、Dieter Moebiusらとの共作も知られる人物。リサイクル品のビブラフォン、質屋のレスポール、母親のスピネット・ピアノ、ガールフレンドのお父さんが組み立てたシンセキットなどなどを駆使し、オハイオ州の自宅地下室の寝室で4トラック・リール・トゥ・リールでレコーディングされた作品!多様なムードを行き来しながらミニマルなメロディと陰影がにじむ宝石の様なサウンドが詰め込まれた超オブスキュアなコスミッシェ・エレクトロニクス!果てしなく可憐な音の清流に呑まれ・・・揉まれ・・・もはや溶けてください。
Lisa Lerkenfeldt - Collagen (LP)
Lisa Lerkenfeldt - Collagen (LP)Shelter Press
¥2,783
〈Aught Void〉や〈Longform Editions〉といったかなりニッチな地下レーベルを渡り歩いてきた豪州・メルボルンの女性実験作家、Lisa Lerkenfeldtが〈Shelter Press〉から初のアナログ・リリース!これは激ヤバ・・・!コンタクト・マイクやストリングス、フィードバック、ピアノ等の音素材、静寂とミニマリズムを軸に、テクスチャーや音響的な要素への異様なこだわりっぷりをここでも存分に披露、これまでのキャリアの中でも集大成にも近い恐ろしい仕上がりに。緩やかな流れに身を任せるなかで、むしろ感覚は加速していく様な凄まじい音体験!16Pに及ぶブックレット付属。限定500部。

Recently viewed