Filters

Psychedelic / Progressive

128 products

Showing 121 - 128 of 128 products
View
Save 67%
The Reverend Marco D 'andrea - The Garden (LP)
The Reverend Marco D 'andrea - The Garden (LP)L'Arome Productions
¥861 ¥2,646
DominoやCity Slangからの諸作品も名高い人気シンセ・ポップ・デュオ、Junior BoysのJeremy Greenspanと、Caribouのツアー・バンドことCaribou Vibration Ensembleにも参加するRyan Smith主宰レーベルであり、Junior BoysやJessy Lanzaのアルバム・リリースも行っているカナダ・ハミルトンのGeej Recordingsからは、同地のインスタレーション・アーティスト、Marco D'Andreaによるプロジェクト、Reverend Marco D'Andreaのデビュー・アルバムがリリース!イタリア出身の父親のハード・ロックやサイケのレコード・コレクションやそのカトリックの影響のもと生まれ育ち、現在はアート・コレクティヴ/ヘヴィ・メタル・バンドのShit Pyreや、コラボレーティヴ・スタジオ/ギャラリー/アート・コレクティヴのCasino Artspaceの一員としても活動。大変信仰深くパーソナルな世界観を描くエーテル状のアンビエント/ドローン・サウンドを基調に、Spacemen 3ともMy Bloody Valentineとも似つかない孤高のサイケデリック・ワールドを体現した知られざる傑作。ほぼ無名と言っても間違いなさそうな作品ですが、これは絶対に埋もれさせてはいけないと思います!
Joel Horwitz - The Planets (LP)
Joel Horwitz - The Planets (LP)Orbeatize
¥3,044
昨年リリースされたNumero Groupのエクスペリメンタル・ミュージックのコンピレーション「Switched-On Eugene」にもその楽曲が収録されたばかりの米国の知られざるプロデューサー、Joel HorwitzがカリフォルニアのStudio E Redlandsで密かに録音していた1978年作が世界中のマニアックなレコードを紹介する人気ブログ、Boxes of Toysを運営し、昨今、レコード・レーベルとしても活動を始め、独特の審美眼を発揮しているGianni aka Cesare Barbetta主宰のイタリアの発掘レーベル、Orbeatizeから再発リリース!これはかなりスペーシーにぶっ飛んだ変態的シンセサイザー・プログレ・サウンド!本作はカセットMTRで録音され、テープでしかリリースしていなかった非常に貴重な作品。自然と香るジャーマン・エレクトロニクス愛、怒涛のインプロヴィゼーションによる極彩色のコズミック・ニューエイジ・サウンドはClusterやTangerine Dreamら同時代の主要アーティスト達にも引けを取りません!デジタル・リマスタリング仕様。限定600枚。ドラッグレスなトリップ体験をご所望の方は是非。
O.S.T - Eaten Alive (LP)
O.S.T - Eaten Alive (LP)Hanson Records
¥2,519
これは奇想天外なアヴァギャルド・ホラー・サスペンス音楽!1930年代にテキサス州で起こったジョー・ボール事件をモチーフに作られている名作スリラー映画「悪魔の沼」のサウンドトラック。映画の殺人シーンの音楽をエディットした超絶グロテスクな作品が名門ノイズ・レーベルHanson Recordsからヴァイナルで復刻!登場人物たちの悲鳴から沼地の音、爆発音、陰惨に湿ったシンセサイザーまでもが組み合わさり、恐怖と混沌に聴衆を引きずり込むタイヘン趣味の悪い一枚。ドロドロとしたイントロとアウトロ、本編の殺人シーンに悲痛な叫び声を余す所無く全部収録したというこだわりの編集です!
HENRY COW - Leg End (LP)
HENRY COW - Leg End (LP)RER VINYL
¥3,175
トレードマークとなった靴下ジャケな大名作!! Fred FrithとTim Hodgkinsonが仕掛けた名エクスペリメンタル・ロック・バンド、Henry Cowの73年1stアルバム!! 本拠地[ReR]からの再発盤が本年度遂にリプレス!! "Rock In Opposition"へと連なる偉大なる命脈。Soft MachineとFrank Zappaといった先駆者たちからの絶大な影響を底流に、類を見ないほど緻密に練り上げたアヴァン・ロック。仰々しいアレンジは一切なく、フリーフォームな即興演奏の妙が一糸乱れず炸裂。間違いなくカンタベリー・シーン最高峰の一枚。未体験の方は是非!
Harry Roesli Gang - 発火点 (CD)
Harry Roesli Gang - 発火点 (CD)La Munai Records
¥2,200
大・大・大推薦...!!! インドネシア産Prog Rock & Obscure Groove...!! 活動初期にはロックやブルースを演奏、自身の祖父である著名作家Marah Roesliのようにライターを夢見て未発表の詩の数々を残し、Bob Dylanに触発されたアコースティックなプロテスト・ソングまでも制作していたインドネシア・バンドン出身のシンガーソングライター、Djauhar Zaharsjah Fachruddin Roesli (1951-2004)。同氏が率いた伝説のロック・バンド、Harry Roesli(ハリー・ルスリ)が残した76年のカセット・アルバムが奇跡の再発!!!

17年にリイシューされたカルト盤「Philosophy Gang」(73年)でも話題になりましたが、同バンドでのアルバム発表ののちには、Jakarta Art Educational Instituteに学び、オランダのロッテルダム音楽院へと進学。インドネシアに帰国してからは、クセナキスやケージ、シュトックハウゼンのサウンドと、同国の作家ユディスティラ・ANM・マサルディの詩をミックスしたアヴァンギャルド・プロジェクトを始動。 小説家のPutu Wijayaや映画監督/俳優のNano Riantiarnoといった著名人とのコラボレーションのなかで世界的にパフォーマンスを展開したりと多角的に活動。実に20人近い演奏者が参加し、ガムランを始めとしたインドネシアの伝統的なインストゥルメントや合唱団のみならず、シンセサイザーやギターといった西洋の楽器も加えながら、プログレやサイケデリック・ロック、ファンク等のサウンドとインドネシア独特のグルーヴを奇跡的バランスで溶け合わせた破格の一枚!邦訳歌詞、解説、帯付属、ゲートフォールド・ジャケット仕様。絶対にお見逃し無く...!!
Kim Ji-yeon & Revival Cross - My Heart Wavers (CD)
Kim Ji-yeon & Revival Cross - My Heart Wavers (CD)Beatball
¥2,023
あまりにもムーディーでエニグマティックな1974年産韓国歌謡の一大名盤!韓国ロックのゴッドファーザーこと、Shin Joong- hyunに影響を受けたという同国のギタリスト/作曲家のHahm Joong-ahが彼の最初のバンド「Golden Grapes」の解散後に結成したグループ、「Revival Cross」の幻のアルバムがボーナス・トラックを2曲追加して再発!

プロモ用として制作され流通しなかった知られざる名盤が遂に世界デビュー!本作ではShin Joong-hyunのアシッド・ロック・ユニットであるthe Menともコラボレーションしていることでも知られるシンガー、Kim Ji-yeonをフィーチャー。弊店でも紹介してきた韓国サイケのディーヴァであるKim Jung- miやLim Ah-youngのShin Joong-hyunプロデュース作品にインスパイアされた、韓国歌謡界の底知れぬ魅力を香らせる一枚。これを前にしてはただズブズブと沈んでいくのみです!
Tony Conrad With Faust - Outside The Dream Syndicate (CD)Tony Conrad With Faust - Outside The Dream Syndicate (CD)
Tony Conrad With Faust - Outside The Dream Syndicate (CD)Superior Viaduct
¥2,070
ミニマル~ドローン・ミュージック発祥地としても音楽史残る、La Monte Youngが60年代末にニューヨークで設立したグループ「永久音楽劇場」に、John Cale, Angus MacLiseと共に参加、また映像作家としても活動を続けるミニマリスト、Tony Conradとクラウトロック・レジェンドFaustとの1973年伝説的コラボ名作レア盤!!!

Tony Conradが1972年にドイツを訪問した際、同国が生み出した前衛ロックバンド’Faust’と出会い、このセッションが実現。
Tony Conradが「変化のないビートをキープ」とドラマーへ指示を出していたそうですが、極限まで音数が削ぎ落とされたシャーマニックかつロックのダイナミズムが存分に維持されたドラムスに、正に「永久音楽劇場」直系の東洋的でトランシーなバイオリンのドローンが延々ミニマルに交差。アヴァン~ロック~インド音楽等それぞれも最もサイケデリックな要素の部分のみが原子レベルで出会い、既存の音楽構成からトランスフォーメーションしたかのような極限的内容。オリジナルのマスターテープから丁寧にマスタリングされ、Jim O'Rourkeがライナーノーツを担当。

Derya Yıldırım & Grup Şimşek - Kar Yağar (CD)
Derya Yıldırım & Grup Şimşek - Kar Yağar (CD)Les Disques Bongo Joe
¥1,879
2017年にデビューを果たしたドイツのアシッド・アナトリアン歌謡集団、Derya Yıldırım & Grup Şimşekのファースト・アルバムが、世界各地のエスニックなグルーヴを発掘してきたスイスの名門Bongo Joeから堂々リリース!これまた心震える美しさです。トルコの民謡をベースにした音楽「ハルク」(Halk)に於ける同国の弦楽器バーラマの女性奏者Derya Yıldırımと、それぞれドイツ、フランス、イタリア、イギリス出身の男女4人によるクインテットGrup Şimşekによる演奏。アナトリアの器量を感じさせるミステリアスな歌声へとサイケデリックなギター・サウンドやプログレ感溢れるオルガンなどが絡み合い、しっとりとした民族風のパーカッションも味わい深く聞かせてくれるエスニック・サイケ・アルバム!Altin GunやKhruangbinが好きな方にも是非!

Recently viewed