Filters

Ambient / Minimal / Drone

1290 products

Showing 1153 - 1176 of 1290 products
View
Benoit B - Kismet (LP)
Benoit B - Kismet (LP)Natural Selections
¥2,889
80年代の日本の電子音楽やゴッホにインスパイアされたリバイバル・ニューエイジ傑作『Japonaiserie』で一躍注目を浴び、その後も名門〈Into The Light〉や〈Unthank〉〈Wisdom Teeth〉といったレーベルから良好なリリースを繰り広げるフランス出身のプロデューサー、Benoit Bによる最新作がアナログ・リリース。リリース元は当店でも以前紹介していたDeep NalströmやMårbleといったバレアリック再興以後なニューエイジ作品を繰り出していた〈Natural Selections〉で、実に同レーベル3年ぶりのタイトルとなります。ここのレーベル・カラーらしい極彩色の第四世界な空気とレフトフィールドなダンス観を大いに発揮、イマジナリーで豊穣な桃源郷景色を描き出す天上なニューエイジ/アンビエント・エレクトロニック・アルバム!限定プレス。
Deaf Center - Pale Ravine (2LP+DL)
Deaf Center - Pale Ravine (2LP+DL)Miasmah Recordings
¥4,131
言わずと知れたモダン・クラシカル/ダーク・アンビエント大名盤!Erik Skodvin & Otto A. Totlandという北欧ノルウェイの名作家ふたりによる名ユニット、Deaf Centerによる2005年〈Type〉からの傑作『Pale Ravine』が待望のアナログ復刻!05年当時盤のアナログ・オリジナルも2016年の〈Miasmah〉からのリプレスLP盤も共に高騰・入手困難と化している中で大人気ファースト・アルバムが嬉しい再発!古い無声映画にインスパイアされた作品であり、スカンジナビアらしい神聖な空気や険しい自然の風趣、漆黒のアトモスフェリックな意匠の中へと古ぼけたサンプルやフィルレコ素材が織り交ぜられた極上のアンビエント・ミュージック。未発表音源を追加収録した2022年ダブル・パックでのリリースとなります。限定300部。
David Behrman - ViewFinder / Hide & Seek (LP)
David Behrman - ViewFinder / Hide & Seek (LP)Black Truffle
¥2,968
昨年末にこの世を去った偉才、Jon Gibsonにとっては遺作に当たる作品か。モダン・クラシカル/ミニマル・ドローン/ニューエイジ・ファンにも推薦!ベルギー時代にはHenri Pousseurに師事、ライブパフォーマンスやインスタレーションに使用される「メモリ」を備えたマイクロコンピュータを駆使した演奏でも知られ、Robert AshleyやGordon Mumma、Alvin Lucierとも並ぶ、戦後アメリカの実験音楽の重要な地位を占める孤高の電子音楽家であり、オーストリア・ザルツブルク出身の誉れ高きレジェンド、David Behrman。1989年から2020年にかけて、故・Jon GibsonとWerner Durandとともに録音してきたコラボ最新作品がオーレン・アンバーチ率いる豪州前衛音楽の牙城〈Black Truffle〉から登場。2種類の実演を収録した”Unforeseen Events”は、作曲とソプラノ・サックスを担当したWerner Durandによって1989年・ベルリンでの演奏と、Jon Gibsonのソプラノによる1999年のニューヨーク版が収録。B面には、2002年に発表したインスタレーション作品の”ViewFinder”をベースに制作した遠隔コラボレーション作品であり、実験音楽界の伝説的人物の生命力を強く示す重要なリリース。David Behrman & Werner Durandによるライナーノーツが付属。マスタリングを手がけるのはやはり名手Joe Taliaと万全です!
Andrew Pekler - Tristes Tropiques (LP+DL)
Andrew Pekler - Tristes Tropiques (LP+DL)Faitiche
¥2,977
〈Edições CN〉からの梅沢英樹氏との最新作も素晴らしかった旧ソ連・ウズベキスタン出身ベルリン在住の名エクスペリメンタル・コラージュ作家、Andrew Pekler。Jan Jelinek主宰の実験系名門〈Faitiche〉から16年にリリース、現在廃盤となっていた『Tristes Tropiques 』が21年度リプレス。民族学的な音の思索というコンセプトを追求したアルバムで、フランスの社会人類学者クロード・レヴィ=ストロースの画期的な民族誌的文章にちなんで名付けられたアルバム。(それらを使用せずに)エキゾチカや民族誌的録音の意味や「他者性」のような文化的カテゴリーを扱ったもので、Dolphins Into The FutureやJan Jelinekを彷彿させるイマジナリーで浮遊感溢れる第四世界/エキゾチカ・ミュージックのマスターピース!限定500部。
Blank Gloss - Melt (LP+DL)
Blank Gloss - Melt (LP+DL)Kompakt
¥3,297
〈Kompakt〉の名物シリーズ『Pop Ambient 2021』にも登場、大いに才覚を見せつけたばかりのカリフォルニアの新鋭アンビエント・デュオ、Blank Glossによるデビュー・フル・アルバムがアナログで登場!!!これまたトンデモなく美しい、嫋やかに浮かび上がるチルアウト・ミュージック。〈Melody As Truth〉と〈Posh Isolation〉作品の泣きの旋律がゆったりとした時間感覚の中で交錯し合うかの様な、天上アンビエント作。
山本達久 - Ashioto (LP)
山本達久 - Ashioto (LP)Black Truffle
¥3,443
石橋英子、Daisuke Fujiwara (Galaxy 2 Galaxy)も参加!多数の実験ユニットへの参加を通して、ジム・オルークや坂田明、中尾勘二、Giovanni Di Domenico、石橋英子といった名作家たちとも活動をともにしてきたパーカッショニスト/作曲家の山本達久が、豪州の実験ギタリストOren Ambarchiが主宰する一大聖地〈Black Truffle〉から最新アルバムを発表!今年〈Space Shower Music〉から発表されている「Ashiato」とは兄弟作となる一枚!ストーリーテラーな足取りで妖しく激しく練り上げた孤高の即興劇。シャルルマーニュ・パレスタインのミニマル作品と実験音響の邂逅を思わせるようなイントロダクションから始まり、ネオクラウト meets ニュー・ジャズなプログレッシヴ・サウンドを展開、静謐なアンビエント・クラシカルへと繋がっていくAサイド、ドローン〜室内楽〜コンクレートを軸に荒涼として壮大な宇宙観を披露、そして、最終局面ではインプロヴィゼーション的狂熱がエニグマティックに炸裂する圧巻のBサイドともに恐ろしく秀逸なアルバム。これは是非ともアナログで聴きたい超傑作盤。デザインは〈Black Truffle〉恒例としてLasse Marhaugが担当、須藤俊明によるエンジニアリング、山本氏の大盟友ジム・オルークの手によるマスタリング、タイコウクニヨシによるアートワークと布陣もカンペキです。限定300部。
Angel 1 - Purple Haze (CS+DL)
Angel 1 - Purple Haze (CS+DL)Constellation Tatsu
¥1,278
レア化していた2013年の傑作がしー辰のレーベル10周年記念で復刻!インターネットの海を自由気ままに広げるニューエイジ再興以降のアンビエント作家Angel 1。リバイバルを大いに切りひらいた大名門〈Constellation Tatsu〉から13年にカセットで発表した限定カセットが、実に9年振り奇跡のリプレス!James Ferraro『Far Side Virtual』からモールソフト、ローファイ・ハウス、ヒプナゴジック・ポップまで軽やかに横断、タイムレスなニューエイジ・バイブを放つグレートなアルバム!
Rapoon - Fallen Gods (2LP)
Rapoon - Fallen Gods (2LP)Abstrakce Records
¥3,945
リマスタリングを手がけるのはナンとNurse With WoundのColin Potter。オリジナルはオランダの実験音楽界隈を代表する大名門〈Staalplaat〉よりCDオンリーでリリース。かのZoviet Franceの創設者の一人として活動してきたRobin Storeyによるエスノ/ダーク・アンビエント・プロジェクトRapoonの94年作が、TomagaやFinis Africae、Nurse With Wound作品までも手掛けてきたスペインの要所〈Abstrakce Records〉より史上初のアナログ復刻。本作『Fallen Gods』は、1992年に送り出されたデビューアルバム『Dream Circle』とその1年後の2ndアルバム『Raising Earthly Spirits』に続くRapoonプロジェクトの多作期の中で登場した作品。インドの古典楽器に新たに焦点を当てることで現代性と神秘主義の間の二重性に根ざした、無数のアイデアを合一したトライバル/ダーク・アンビエントな傑作!限定500部。
James Newton - Flute Music (LP)
James Newton - Flute Music (LP)Morning Trip
¥3,366
『インディペンデント・ブラック・ジャズ・オブ・アメリカ』(尾川雄介)掲載!〈Flute Music Productions〉からリリースされたオリジナル盤は実に$200以上の高値を付ける希少自主盤です。〈Blue Note〉や〈Celestial Harmonies〉〈ECM〉と数々の名所から作品を送り出してきたアメリカのジャズ・フルート奏者であり、Chico FreemanやDavid Murrayとも演奏を共にするJames Newtonの幻の77年ソロ・デビュー・アルバムにしてニューエイジ・ジャズの傑作が〈Morning Trip〉から史上初の復刻!まさにニューエイジ始祖ヤソス meets スピリチュアル・ジャズな破格の一枚。ジャズならではの緊迫した空気の中で至福のフルートの声が大いに響き渡る、トランス・ミュージックの域に到達したマスターピース!
Erik Wøllo - Silver Beach (Expanded Edition) (2LP)Erik Wøllo - Silver Beach (Expanded Edition) (2LP)
Erik Wøllo - Silver Beach (Expanded Edition) (2LP)Abstrakce Records
¥3,674
ニューエイジ本にも掲載した作品です!〈ECM〉の代表的作家、Terje Rypdalの継承者と評されている北欧ノルウェイのギタリストであり、ロックからジャズ、エクスペリメンタル・エレクトロニック、そして、クラシックまで横断してきた孤高のミュージシャン、Erik Wøllo(エリック・ウォロ)。近年は盟友Steve Roachと共に〈Projekt〉レーベルから主に作品を発表しているこの人が残した作品群の中でも最もリズミカルな部類に入る傑作『Silver Beach』の2021年拡張エディションが登場!版元は、スペイン・バルセロナの実験系要所であり、Nurse With WoundからColin Potter、Legendary Pink Dots、Finis Africae、K. Leimerまで大変強力なカタログを擁する名レーベル〈Abstrakce Records〉。感情の起伏を豊かに縁取ったクリスタルかつ天上なエスノ・ニューエイジ傑作!
D.K. - Eighteen Movements (LP)
D.K. - Eighteen Movements (LP)Abstrakce Records
¥2,924
フランスのパリを拠点とするDJ、作曲家、プロデューサーD.K.の2017年~2019年の間に行われたライブパフォーマンスでの音源を集めた作品。アンビエント、トライバルリズム、フィールドレコーディング、儀式的なバイブス、そして全体を貫く瞑想的な感覚をミックス。明るく魅惑的なD.K.の作品は、ハウス、シンセポップ、アンビエント、バレアリック、ミニマリズム、第4の世界の音楽の微調整された痕跡を組み合わせ、高次の意識形態を呼び起こすことを目的としたエネルギーとサウンドスケープを作り出しています。Moondog的なパーカッションとレインスティック、鳥の鳴き声などが入り混じり展開していく「Echo Chamber」などのエキゾなムードも素晴らしい!!
伊藤詳 - Marine Flowers (Science Fantasy) (LP)
伊藤詳 - Marine Flowers (Science Fantasy) (LP)Glossy Mistakes
¥3,593
全ニューエイジ/アンビエント・ファンにレコメンド。日本の先駆的シンセ・プロッグ名グループ、Far East Family Bandへの参加でも知られる日本のシンセサイザー・ミュージックの第一人者にして、数々のニューエイジ、ヒーリング・ミュージック作品やサントラ仕事なども手がけてきた伊藤詳。1986年に発表された激激レア作品『Marine Flowers』が35周年記念をしてリマスター再発!版元は、小久保隆や鳥山雄司の復刻リリースも手掛けたスペイン・マドリッドの注目レーベル〈Glossy Mistakes〉。盛岡夕美子の『余韻』と同じく、自身のレーベル〈Green & Water〉の〈Music For Inochi〉シリーズから発表された本作は、パラオで撮影された海の野生動物のドキュメンタリーの劇伴として構成され、パイオニアのレーザーディスク・キャンペーンのために制作されたキャリアでも重要な1作!ライナーノーツを手掛けたのは名ブログ〈FOND/SOUND〉の管理人Diego Olivas。オリジナルは4万超えの高値でも取引される希少作品につきこの機会に是非!
Kevin McCormick, David Horridge - Light Patterns (LP)
Kevin McCormick, David Horridge - Light Patterns (LP)Smiling C
¥3,173
1970年、公共職業安定所で出会い意気投合、マンチェスターの小さなクラブで演奏していた男と地元のバンドマンであった名も無き2人組、Kevin McCormick & David Horridge。当時の地元のシーンの作家たちとは一線を画し、John MartynやDavid Crosby、Erik Satie、Terry Riley、Eberhard Weber、Alice Coltraneといった別世界の音からインスパイアされ、シンプルなホーム・スタジオにてつくりあげた知られざるミニマル・ミュージック希少盤が現行リバイバル界隈の最先鋭〈Smiling C〉から奇跡のアナログ・リイシュー。ゲストに無名のシンセサイザー奏者、Rob Baxterを迎え、カセットデッキに録音した唯一作であり、ケビンの書いた自身の詩にちなんだ表題となった11曲入りのアルバム『Light Patterns』。最終的には、音楽マネジメント会社の〈Blackhill Enterprises〉の共同創設者のひとりであり、シド・バレットが在籍していた頃のPink Floydを始めとした数々のバンドやミュージシャンのマネジメントを担当してきたピーター・ジェナーの新レーベル〈Sheet〉から82年に発表、現在激レア化している逸品。アルバム・アートワークを手懸けたのは、バーニー・バブルスとロック・ファンも要注目の一枚。アルバム発売後も定期的に活動を続けるも、デヴィッドが引っ越したことにより、活動を終了。しかしながら、片割れのケヴィンは現在もロフトで夢のような音楽を生み出し続けており、今後は彼の最新楽曲を含めたソロ・アーカイヴの発表も予定されているとのことです。
Teddy Lasry - Funky Ghost 1975-1987 (LP)
Teddy Lasry - Funky Ghost 1975-1987 (LP)Hot Mule
¥4,529
管楽器からキーボード、パーカッションまでも弾きこなしたマルチ奏者であり、かつてはフランスの名プログレ・バンドMagmaにも参加。75歳になった今もレコーディングと実験を続けるレジェンドTeddy Lasry。1975年から87年にかけて制作してきたその楽曲群をコンパイルしたコンピレーション・アルバムがアナログで登場。父親のジャックはパリのキャバレーで演奏し、セルジュ・ゲンズブールやチャーリー・チャップリンといったスターとも交流、その妻でテディの母イボンヌは後に革新的な実験グループであるLes Structures Sonoresへと加わり、電子音楽の黎明期から「宇宙的」と評される神秘的なサウンドを展開していた人物。テディは、70年代前半にマグマのメンバーとして3枚のアルバムのレコーディングに参加、彼らの傑作『Mëkanïk 'Dëstruktï 'Thick Kömmandöh』は、デビッド・ボウイの『Low』やイギー・ポップの『The Idiot』にも影響を与えたとされた中で、自身の表現を突き詰めるために30年以上に渡るソロ・キャリアを始動。ニューエイジやアンビエント、ジャズ・フュージョン、スウィング、コスミッシェ・ムジークまでもが渾然一体となった独創的なサウンドをたっぷりとパッケージした一枚!豪華ライナーノーツと彼の個人アーカイブから収集されたエクスクルージヴな貴重写真が付属。限定盤。
Thomas Koner - Aubrite (CD)
Thomas Koner - Aubrite (CD)Mille Plateaux
¥2,398
荒涼として孤独、最早瞑想的ですらあります。Lustmord、Deathprod、Basinskiとも並ぶ、氷河の様に官能的なサイケデリック・ミュージック。ダーク・アンビエントの化身であり、このジャンルの革新者として数十年経った今でも人里離れた完全にユニークな音を奏でる世紀の名作家、Thomas Köner。95年に発表した傑作ダーク・アンビエント/ドローン・アルバム『Aubrite』が、ジャケットを新たに待望の復刻。Roland Kaynの有名なボックス作品『Tektra』の出版及びKönerの初期ソロ・アルバム3作を発表した名所〈Barooni〉からCDとして発表され、現在高値を付けていた貴重な一作。きわめて屈折した暗さとミニマリズムを内包した傑作。ボーナス・トラック2曲を追加収録しています。
Jurg Frey - Circles And Landscapes (CD)
Jurg Frey - Circles And Landscapes (CD)Another Timbre
¥1,978
Meditationsベストセラー!静寂のなかで音を紡いでいくWandelweiser派のベテラン作曲家Jurg Frey (1953-)。1993年~2015年までの楽曲を収録した珠玉のピアノ作品集をリリース。

Philip Thomasの演奏により、その一瞬の時間にしか存在しない奇跡のような流れを、ピアノの1音1音で記録していくような、また1音の響きからじんわりと静かな場を生んでいくような...芯まで繊細さがひろがります。Cornelius Cardewへ捧げた作品をふくむ全6曲。ピアノと時間の流れとはいかに美しいものか、どうぞお聴きください。
Jurg Frey - Collection Gustave Roud (2CD)
Jurg Frey - Collection Gustave Roud (2CD)Another Timbre
¥2,987
静寂のなかで音を紡いでいくWandelweiser派のベテラン作曲家Jurg Frey (1953-)。Another Timbreよりスイスの詩人Gustave Roud(1897-1976)にインスパイアされたという大曲入りの2CDアルバムを発表です。Andrew McIntosh、Dante Boon、Stefan Thutなど、Wandelweiser & Another Timbreな人脈が集結し、自身も演奏に参加した四人編成。徹底したミニマリズムにアンビエント感も含んだノスタルジックな色彩の中で類い稀なるリリシズムが息づく名演。日本的な引きの美を感じるところも。肩の力を抜いて聴けますよ。
Moondog - Snaketime Series (LP)
Moondog - Snaketime Series (LP)Moondog Records
¥1,895
1956年にPrestigeからリリースされていた1stアルバム。路上や鳥の鳴き声のフィールド音、パーカッションや弦楽器の演奏、妻スズコの声等50年代にして前衛的かつ誰よりもオリジナリティのある演奏を繰り広げています。どういった音楽が下地としてあったのか見当もつきませんが、人間の奥底から生まれてくる生命力と創造力に満ちた素晴らしい演奏。ジャケットはオリジナルを再現。
Pontiac Streator & Ulla Straus - Chat (LP)
Pontiac Streator & Ulla Straus - Chat (LP)West Mineral Ltd.
¥3,797
Huerco S変名のPendant、音響アンビエントの気鋭、unoと、発足当初から早くもヒットを飛ばしてきたHuerco Sによる新レーベル、West Mineral Ltd.からは、ともにLillerne Tape Clubに作品を残すミステリアスなアーティスト、Pontiac StreatorとUlla Strausによるコラボレーション作品が登場!

今最も期待されるレーベルの最新作が到来!豊かなアンビエンスで潤い澄み渡る、ベッドルーム感たっぷりな夢見ごこちのヴァイブス、聖地感抜群なフィールド・レコーディング素材、デジタルな秘境感が爆発する瞑想的なリズムで織り綴る夢想のトライバル・アンビエント・ダブ傑作。孤高の埋没感にただ沈むのみといった霊脈音源。Matt Coltonによるマスタリング&カッティングと安心。Rainforest Spiritual EnslavementやSpencer Clarkが好きな方にもオススメ。
A Certain Frank - ULYSSA Presents: A Certain Frank (CS+DL)
A Certain Frank - ULYSSA Presents: A Certain Frank (CS+DL)ULYSSA
¥1,895
NDWの伝説、Frank FenstermacherとKurt “Pyrolater” Dalhkeの2名によるデュッセルドルフ拠点のデュオであり、80年代から90年代初頭にかけてはあのDer Planとしてもスピーディーでワイルドなコールド・ウェイヴを作り上げ、自身らの率いた聖地〈Ata Tak〉から音源を発表していたA Certain Frank。その楽曲を集めたカセット・コンピが、Sam Gendel作品もリリースしている要注目のレーベル〈ULYSSA〉から到着。Der Plan以上に暖かで官能的、そしてスルメのようなサウンド。脈打つようなゴージャス6分間でサドのようなものへと近づいていく”Without You”(2001年のアルバム『Nothing』収録)、魅惑的なフルートラインと陰鬱なシンセのスタブを行き来するイマジナリーなニューエイジ楽曲「Naïve」(1996年のデビュー作『No End No...』収録)、SkalpelやPortisheadの作品に匹敵するような、影のあるトリップホップ "Nothing"など極上のナンバーが満載の格好の入門盤で、初カセット化楽曲も満載。限定100部。
Lisa Lerkenfeldt - A Liquor Of Daisies (CS)Lisa Lerkenfeldt - A Liquor Of Daisies (CS)
Lisa Lerkenfeldt - A Liquor Of Daisies (CS)Shelter Press
¥1,678
版元でも在庫少。お見逃しなく。〈Vienna Press〉や〈Aught Void〉といった通好みのドローン/アンビエント系のレーベルからも秀逸な作品を繰り出してきた豪州・メルボルン拠点の女性作家であり、ノイズ・デュオ”Perfume”の一員としても活動していたLisa Lerkenfeldtによる現在マーケットプレイスでは高騰している2020年のカセット作品が最終リプレス。パンデミック以後、「孤立の到来を告げる3台のピアノのための音楽」とのことで、オブスキュアなヒスノイズの霧の中を清廉で静謐なピアノの調べがエンドレスにループし続ける、時間というフィールドを通して展開されるファンタジーともいうべき傑作アルバム。Kassian Troyerの手により〈Dubplates & Mastering〉でのマスタリング。限定100部。
La Monte Young / Marian Zazeela ‎– The Well-Tuned Piano In The Magenta Lights (DVD)
La Monte Young / Marian Zazeela ‎– The Well-Tuned Piano In The Magenta Lights (DVD)Just Dreams
¥11,976

$800で取引される程に入手困難だった、2000年に発売されていたあの超名盤DVDが、52ページのブックレット付属で登場です!限定500部のみで追加プレス無し、これはお見逃しなく!

「20世紀の音楽の偉大な成果の1つ」と評され、La Monte Youngの作品中で最も重要であり、革命的音楽モニュメントとも言えるThe Well-Tuned Pianoの、1987年NYで行われたGramavision版よりも遥かに長時間公演となった6時間24分に及ぶ濃密永久音楽DVD。東洋の神秘と伝統、自然倍音、数週間を掛けて純正律に調律されたベーゼンドルファー、そしてMarian Zazeelaの霊的な照明と共に、恐らく再演は困難であろう歴史的音楽の全貌に取り組むまたとない機会。本作品の解読していく上でも参考となる52pのブックレットが付属。6時間を超える大作DVDですが、オーディオとして流して聴くにも十分耐えうる音質で、Gramavision版をお持ちの方にも是非。※音源リンクはGramavision版です

La Monte Young / Marian Zazeela - The Tamburas Of Pandit Pran Nath (CD+Booklet)
La Monte Young / Marian Zazeela - The Tamburas Of Pandit Pran Nath (CD+Booklet)Just Dreams
¥3,789
なんとあの音楽史上に残る1999年発表のミニマル・ラーガドローン歴史的名作が再プレス!1982年にLa Monte YoungとMarian Zazeelaがタンブーラ2台を使用した、歴史に刻まれるべくドキュメント。それらは彼等のGuru = Pandit Pran Nathへの、強い敬意の意味でもあります。
延々と続く渦の様なタンブーラの太いドローンがモアレのような効果を生み出し、瞑想状態そのものの様な状態を搔き出した高純度な瞑想的作品。44Pのブックレット付。
Grouper - Shade (LP)
Grouper - Shade (LP)Kranky
¥2,987
米ポートランドを拠点に活動するドローン/フォークの女性作家Liz HarrisことGrouperが前作『Grid Of Points』以来となる3年ぶり待望の新作を〈Kranky〉よりリリース。通算12枚目となる本作は、従来のスタジオ作品ではなく、15年にわたってレコーディングされた曲のアンソロジーです。"休息"と"海岸"をテーマにまとめられたこのアルバムは、一部は数年前にタマルパイス山のレジデンスで録音され、他の作品はさらにその前にポートランドで作られ、残りは最近アストリアで行われたセッションで録音されたもので、喪失感、欠陥、隠れ場所、愛などについて歌われている。爪弾かれるフォークギターが印象的な”Ode to the blue”はどこまでも優しいアンセム。Vashti BunyanやJudee Sillが好きなアシッド・フォーク愛好家にも刺さる彼女の歌声は、まるで光と翳りの境界を漂いながら儚くも美しい世界に誘ってくれるようです。

Recently viewed