Filters

NEW ARRIVALS

840 products

Showing 769 - 792 of 840 products
View
山屋清 - 津軽・恐山 (LP)
山屋清 - 津軽・恐山 (LP)Denon
¥4,180
山屋清の「PCM録音による日本の旋律」シリーズ第一弾作品
Side Aでは、下北半島の恐山に伝え残される巫女の口寄せをテーマに琵琶・尺八と日本の太鼓を取り入れ、Side Bでは、津軽じょんがら節をテーマに津軽三味線の旧節・中節・新節を取り入れた、ジャズ・ロック・アンサンブル。

演奏:山屋清とコンテンポラリー・サウント・オーケストラ
 Side A: 平山万佐子(琵琶)、郡川直樹(尺八)、瀬上養之助・林あきら・畑中健三(太鼓)
 Side B: 沢田勝秋(津軽三味線) 三橋貴風(尺八)

Side A
1. 恐山

Side B
1. じょんがらの里
Wilson Tanner - 69 (LP+DL)
Wilson Tanner - 69 (LP+DL)Efficient Space
¥2,986

あまりにも嬉しい〈Efficient Space〉からの奇跡のリプレス!オーストラリアに沸く現代ニューエイジの屈指の泉、Andras Fox = Andrew Wilsonが描くやすらぎ盤の第2章...
本作はAndrew "Wilson" 1人だけでなく、Not Not Funからデビューしたヴェイパーウェイヴ & AORの哀愁インスト紳士、あのEleventeen Eston = John "Tanner"とのプロジェクトです! メルボルンとパースの海辺や夕陽、都市の街なみをバックに想い想いのダンスでアンビエントなたけを演奏してきた彼ら。今作はその想い想いな部分が小さく小さく、空気やムードなレベルにまでおだやかに、しかしこれまでになく色濃い境地にまで達してます。Tannerのクラリネット、Wilsonのシンセが舞うA1 "Sun Room"からしてどうしましょう...
グラフィックと音楽が同じ土台でむすびつく、オーストラリアならではのアートワークもすばらしい。Emotional RescueやPalto Flats、Music From Memoryがそうしたように、数十年たっても語り継がれてほしいアンビエントの傑作です。

Arthur Russell - Another Thought (CD)
Arthur Russell - Another Thought (CD)Be With Records
¥2,224
チェロ奏者、現代音楽の作曲家、ディスコミュージックへの傾倒と様々な顔を持つArthur Russell (1951-1992)。エイズのためにこの世を去ったその翌年である、1993年にリリースされた未発表/デモ音源集であり、今もなお多くのファンを魅了してやまない大傑作盤『Another Thought 』が、信頼の〈Be With〉から待望のCD/LPリイシュー。ラッセルの作品の初のコレクションとして発表されたアルバムであり、その人気度ゆえに幾度も再発がなされたものの、現在レア化していた逸品。"Another Thought"や"A Little Lost"、"This Is How We Walk On The Moon"を始めとした、色褪せないタイムレスな魅力を秘めた名曲が満載のマスターピース。3つ折りデジパックにインサートとオリジナル・ライナーノーツが付属。この人の入門用としても勿論激激レコメンド。
MLD - 1983 - 1986 (LP)
MLD - 1983 - 1986 (LP)Camisole Records
¥3,654
もう最高っす・・・。BGM名義では大阪の伝説〈Vanity Records〉へと若干17歳にして作品を残し、脱線ノーウェイヴ・ダブなオブスキュア・ユニット、Tristan Discoの一員としても活動したジャパニーズ・テクノ界のパイオニア、白石隆之が1983年から86年にかけてMLD / Minimal Lethal Dose名義で残した貴重音源『Perpetual Motion』と『Dynamo』からの楽曲をオリジナル・テープからコンパイルした編集盤がアナログ・リリース。ポスト・パンクからダブ、インダストリアルまでも横断した白石氏のユニークでオフビートなスタイルを確認できる一枚!いうことなしなくらいバッキバキで、〈Mannequin Records〉や〈Minimal Wave〉辺りのファンも必携。マスタリングを手がけるのは仏鬼才Krikor Kouchian。限定500部。
鈴木良雄 - Morning Picture (LP)
鈴木良雄 - Morning Picture (LP)VICTOR ENTERTAINMENT
¥4,180
80年代中期に隆盛となった環境音楽の流行に於いて、その嚆矢となった'84年作『モーニング・ピクチャー』。
全楽曲を氏が一人で編み上げ、美しい旋律を閉じ込めた本作は当時クラウス・シュルツェ主宰<Innovative Communication>からもリリースされるほか、フローティング・ポインツが自身のDJ MIXでピックするなど、国内外問わず評価されています。
近年では純度の高いモダン・ニューエイジ~アンビエントの傑作として、さらに和レアリック("和"モノ+バレアリック)を代表する作品としても認知される名盤が待望の再発です。

【収録曲】
SIDE A
1.Kane
2.Dancing Snow
3. Meet Me In The Sheep Meadow
4.Valpolicella

SIDE B
1.September Walk
2.The Bagel
3.Morning Picture
4.The Mirage
鈴木良雄 - Touch Of Rain (LP)
鈴木良雄 - Touch Of Rain (LP)Victor Entertainment
¥4,180
12月22日発売。今回のみの入荷です、お見逃しなく!『モーニング・ピクチャー』の2年後、フュージョンのテイストを巧みに取り入れた'86年作『タッチ・オブ・レイン』。
ギターに秋山将司、ドラムスに山木秀夫等、多くのトップミュージシャンと共に色彩豊かに奏でられた本作が、当時の仕様を出来る限り再現して復刻となります。
透明感のある音空間に残響が静かに揺らぐ「ホワット・ドゥ・ユー・ドゥ・ホエン・イッツ・スプリング?」や、ムーディーなサックスが香る「エンプティ・ブルース」など、収録曲全てが氏の作曲によるもの。オリジナリティをキープしつつも、全編瑞々しくコンテンポラリーな作品です。

【収録曲】
SIDE A
1.Our Sunday Morning
2.Touch Of Rain
3.From Country To Town
4.Empty Blues

SIDE B
1.新宿
2.A Letter From N.Y.
3.What Do You Do When It's Spring?
4.Sailing In The Blue
Ben Pritchard - Up In Air (2x10")
Ben Pritchard - Up In Air (2x10")Okraïna
¥3,091
工藤冬里率いる名バンドMaher Shalal Hash Bazから、インドネシア・ジャワのエクスペリメンタル・バンド、Senyawa、NYきってのアウトサイダー・ミュージシャン、Ed Askewなどを始めとして数々の曲者アクトたちが集うベルギー・ブリュッセルのカルト・レーベル〈Okraina Records〉。2001年から2006年にかけてのThe Fallへの参加でも知られるギタリストであり、10年近くに渡るソロ活動やコラボレーションを展開してきたBen Pritchardによる10インチ2枚組をアナログ・リリース。自作オルガンを携えたSholto DobieとベーシストのOtto Willbergといった面々がコラボ参加したキャリア初?のフル・アルバムが登場。Supreme DicksからLow、Neil Youngsまでもが渾然一体となったUSロック界の源流を感じさせる、エクスペリメンタル&サイケデリックなブルース/フォーク集!
Benitez y Valencia - Impossible Love Songs from Sixties Quito (2LP)
Benitez y Valencia - Impossible Love Songs from Sixties Quito (2LP)Honest Jon's Records
¥3,788
10代半ばからデュオとして歌い始めた知られざるエクアドル・キト拠点の二人組であり、29年間に渡って600曲以上を録音し、〈Discos Ecuador〉や〈Nacional〉〈Granja〉〈RCA Victor〉などに始まり、昨今その魅惑のカタログを解き明かすコンピも組まれた〈Caife〉といったレーベルにも作品を残してきたGonzalo BenitezとLuis Alberto Valenciaによる60年代の信じられざる愛の歌の数々を収めたコンピレーション・アルバムが〈Honest Jon's〉から到着。絶妙にロマンティックなハーモニーと胸を打つギタープレイに支えられた、激しく美しく、荒涼とした彼らの未知なる音楽を余すところなくパッケージした一作!
Makgona Tsohle Band - Take Your Time / Marabi Blues (7")
Makgona Tsohle Band - Take Your Time / Marabi Blues (7")Umsakazo Records
¥2,037
MahlathiniやMahotella Queensといった南アフリカの人気グループのバックバンドとしても知られる「ムバカンガ」を代表するグループの一つであるMakgona Tsohle Bandが1972年に同国最大手のレコード・レーベルであった〈Gallo〉から発表、オリジナルは最早入手不可能にも近い激レア・シングルが、〈Umsakazo Records〉からリマスタリング仕様で再発!70年代半ばまでのタウンシップ・ミュージックの器量とも言えるようなダンサブルでモダンなサウンドを武器に、アーリー・レゲエからスカ、ソウル、サックス・ジャイヴ、ロックステディまでも横断、The Funk Brothersへの南アフリカからの回答とも言える奇跡の内容!背面にライナーノーツ掲載。〈Gallo〉からの公式ライセンス。限定500部。
Pretty Sneaky - 7.1 (12")
Pretty Sneaky - 7.1 (12")Pretty Sneaky
¥2,007
昨年〈Mana〉から発表した2枚組LPが大変秀逸だった注目アクトによるニュー・タイトル。自身と同名の自主レーベルからシングル・リリースを続けてきたミステリアスなプロデューサー、Pretty Sneaky。〈Ostgut Ton〉や〈Delsin〉からの作品も知られるSHEDの変名とも噂されるこの人が最新シングルをセルフ・リリース!執拗な反復とコズミックなシンセ・アンビエンスによるディープ・ミニマル”A1"、フィルレコ素材を取り込んだトライバル/エクスペリメンタルな変化球”B1”、その延長線上から宇宙空間へと進出した”B2”の全3曲を収録。
Violent Onsen Geisha - Shock! Shock! Shock! (LP)Violent Onsen Geisha - Shock! Shock! Shock! (LP)
Violent Onsen Geisha - Shock! Shock! Shock! (LP)Urashima
¥3,476
東京を拠点に活動を展開してきた日本の実験音楽家にして「デス渋谷系」の一角を担った”暴力温泉芸者”こと中原昌也。1989年以来、影響を大きく受けたと思われるNurse With Woundなどの前衛/ノイズ音楽やテクノ、ヒップホップまでも横断した感性から、妹のカラオケでの歌声に両親の喧嘩、悲鳴、お椀が割れる音に到るまでのサンプル素材に至る奇抜な音塊が妄想的に継ぎ接ぎされた独自のミクスチャー・アプローチで多くのファンを魅了してきたこの人。The Sadistの手島美智雄主宰の伝説的レーベル〈Vanilla Records〉から89年にカセット・リリースした傑作『Shocks! Shocks! Shocks!』が初のアナログ・フォーマットでの復刻。他にはほとんど類を見ないレコーディング・コンテクストから構築された作品群はSonic YouthやBeckといった海外の人気バンドやミュージシャンのハートまでも射止め、全米ツアーに招聘されることにもなり、98年には現在ではおなじみの小説家としての顔を得て、01年には『あらゆる場所に花束が...』で第14回三島由紀夫賞を受賞、作家、映画評論家としてもその後キャリアを拡大していった名手の衝動/創造性が最大限に詰め込まれた初期の大傑作。実にスリリングなパッチワーク・サウンド/コラージュの応酬が堪能できるキラー作品!伊実験作家Andrea Maruttiによるマスタリング仕様。限定299部。
Matthew Halsall - Salute to the Sun – Live at Hallé St. Peter's (2LP)
Matthew Halsall - Salute to the Sun – Live at Hallé St. Peter's (2LP)Gondwana Records
¥4,245
Nat BirchallやGoGo Penguin、Mammal Handsといった著名アクトの在籍でも知られる名インディ・レーベル〈Gondwana Records〉のレーベル・オーナーであり、アリス・コルトレーンやフォラオ・サンダースのスピリチュアル・ジャズ、ワールド・ミュージック、エレクトロニカ、現代アートや建築の影響までも取り込んだ独自のサウンドを築き上げてきたトランペッター、Matthew Halsall。2020年11月に6年ぶりのアルバムとして発表した『Salute to the Sun』のライブ・ヴァージョンが2LPで登場。マンチェスターの象徴的なコンサート会場である〈Hallé St Peter’s〉にて同年11月25日に行ったライブ・レコーディングであり、チャリティ団体の〈Mind〉を支援するための公演として自身のバンドを率いて敢行。翌年1月21日に世界中の何千人もの観客へとストリーミング配信された、豊穣なブラックネス溢れるスピリチュアル/モーダル・ジャズの名演!〈The Designers Republic〉の伝説的なデザイナーであるIan Andersonによるアートワークが施された限定3000部の2LP仕様。
Morteza Mahjubi - Selected Improvisations from Golha, Pt. I (CS)Morteza Mahjubi - Selected Improvisations from Golha, Pt. I (CS)
Morteza Mahjubi - Selected Improvisations from Golha, Pt. I (CS)Death Is Not The End
¥1,554
若干10歳でデビューを果たした、ペルシャ伝統音楽のピアニストMorteza Mahjubi(1900-1965)。イラン国営ラジオ番組「ゴルハ(ペルシャの歌と詩の花)」で1965年に死去する直前迄放送されていた秘蔵ピアノソロ音源を、各地の骨董音楽を大いに掘り起こす大名門〈Death Is Not The End〉がコンパイル!3世紀から7世紀には既に整えられていたというペルシャ古典音楽、まるでその歴史の重みを背負ったように美しく、思慮深く奏でられるイラニアン・トーンとイラニアン・メロディ。そして、聴き入れば聴き入るほど底深くへ浸透してくる深淵極まりないピアノの響き。冒頭のトレモロだけでもうその素晴らしさがわかりますが、中盤から後半にかけては更に壮絶です。神秘的なピアノの音色と流麗なメロディが彩る超絶美。西洋のピアノ音楽を聴かれる方にも是非聴いていただきたいです。
V.A. -  Is It Really Goodbye? More Ryūkōka Recordings, 1929-1938 (CS)V.A. -  Is It Really Goodbye? More Ryūkōka Recordings, 1929-1938 (CS)
V.A. - Is It Really Goodbye? More Ryūkōka Recordings, 1929-1938 (CS)Death Is Not The End
¥1,554
これは全音楽好き必携の一本!凄いのが出ました。戦前のブルースから移民の音楽、南米のフォルクローレを始め、各地の骨董音楽を掘り起こす一大名所〈Death Is Not The End〉からは、日本のレコード産業の黎明期に日本の伝統音楽や古典音楽と西洋のクラシックやジャズ、ブルースを取り入れて発展した「流行歌」の豊穣な録音の数々をフィーチャーした画期的なコンピレーション・アルバムの第二弾が登場!2018年に発売され当店でも大人気だった小唄勝太郎に続く和物企画で、戦後のアメリカ占領下で西洋のポップミュージックの影響を受ける前に、西欧との文化的な融合がポピュラー・ソングにも反映され始めていたことを示す、心に残るユニークなサウンドを収録したものとなっています。これは日本人なら一度は触れておきたい一作です。
Christos Chondropoulos - Relics (CS)
Christos Chondropoulos - Relics (CS)The Death Of Rave
¥2,498
極小部数のみストック、今回限りの入荷です。お見逃しなく。Rian Treanor、Sam Kidel、Gábor Lázárなどを始めとした現行ポスト・インダストリアル〜エクスペリメンタル・エレクトロニック系の尖鋭的な面々を取り揃える一大聖地にして、〈Boomkat〉のサブ・レーベルとしても知られる〈The Death Of Rave〉。知る人ぞ知るエクスペリメンタル/アヴァン・ジャズ・バンドの”XYSM”の一員としても活動、そして、現行サイケ名所〈Fuzz Club〉の名バンド”Acid Baby Jesus”の17年作『Lilac Days』にも参加していたギリシャ・アテネの前衛的なパーカッショニスト、Christos Chondropoulosの最新アルバムをカセットで発表!〈12th Isle〉からの好作に続く新タイトル!古代のギリシャ音楽へとフィーカスし、サイケデリック・フォークからニューエイジ、ヘヴィ・ミュージック、アヴァンギャルドなテクノ像まで取り込んだ、異形のトライバル/オリエンタル・ミュージック。ここでは過去を異国の地ではなく、別の惑星のように映し出します。Rashad Beckerによるマスタリング。限定150部。
Gigi Masin - Plays Venezia (CS)
Gigi Masin - Plays Venezia (CS)13 (SILENTES)
¥1,947
〈Music From Memory〉による一大編集作業で世界にその名を知らしめることになったイタリア・ヴェネツィアの作曲家、Gigi Masin。2016年に写真集付きで発表した限定作品が未発表楽曲を追加収録し奇跡の再登場!イタリア実験系聖地〈Silentes〉のサブレーベルである〈13〉が手掛けた極上物件が待望の拡張復刻版としてリリース。彼の故郷である都市ベネツィアへのオマージュとして発表された極上のタイトルであり、伝説的なイタリアのミニマリストによる最も美しく印象的な作品のひとつとしてレコメンドしたいアルバム。カセット/LP化は今回が初。カセット版は限定100部のみ、お見逃しなく!
Gigi Masin - Plays Venezia (LP)
Gigi Masin - Plays Venezia (LP)13 (SILENTES)
¥2,668
〈Music From Memory〉による一大編集作業で世界にその名を知らしめることになったイタリア・ヴェネツィアの作曲家、Gigi Masin。2016年に写真集付きで発表した限定作品が未発表楽曲を追加収録し奇跡の再登場!イタリア実験系聖地〈Silentes〉のサブレーベルである〈13〉が手掛けた極上物件が待望の拡張復刻版としてリリース。彼の故郷である都市ベネツィアへのオマージュとして発表された極上のタイトルであり、伝説的なイタリアのミニマリストによる最も美しく印象的な作品のひとつとしてレコメンドしたいアルバム。カセット/LP化は今回が初。お見逃しなく!
Sarah Davachi & Sean McCann - Mother of Pearl (CD)
Sarah Davachi & Sean McCann - Mother of Pearl (CD)Recital
¥2,173
遠影の中に揺らぐメランコリックにして野性であり永続的な深夜の祭典。〈Important Records〉や〈Boomkat Editions〉にも作品を残すカナダ出身の人気女性シンセシストであり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で音楽学の博士として勤務しているSarah Davachi、そして、USアヴァン/エクスペリメンタル/ドローン聖地〈Recital〉運営者にして、米アンビエント界隈の大重鎮Sean McCannによるありそうでまだ無かったコラボ・アルバムがCDリリース!カリフォルニアにある2人の自宅と農家にて、ピアノの連弾とギター、ヴィオラ、ベルを用い、ゴールデンタイムにレコーディングしたという初の共作。この2名の最大の味である繊細なミニマリズムが、インティメートかつ夜行性のドローン/アンビエント・ミュージックの中で溶け合う極上の演奏。金箔プリントのミニ・ゲートフォールド仕様。12ページのブックレットが付属。限定400部。これは今年度最後の名作のひとつとして大いにレコメンド!!!!!
Mary Mazzacane - The Art of Mary Mazzacane (LP)Mary Mazzacane - The Art of Mary Mazzacane (LP)
Mary Mazzacane - The Art of Mary Mazzacane (LP)Recital
¥3,465
NYの音響ギタリスト~フィンガー・ピッキング重鎮Loren Connorsの、ナンと実母でありオペラ・ソプラノ歌手であったMary Mazzacaneの秘蔵音源が、新たに5つの未発表音源を追加収録しフルアルバムでヴァイナル再発!

正式な音楽教育を受けた後にオペラ歌手として活動していたそうですが、1948年から1974年の間にプライベートに録音されていた7つの音源を収録。今迄発表されていなかった事が不思議な程の高い歌唱力と完成度の、シューベルトのAve Maria(1951年録音)をはじめ崇高な歌声を堪能できる珠玉の録音集。Nick Drakeの母親であるMolly Drakeの初出版でも驚きましたが、こちらの音楽家系も凄いです。そういった背景を抜きにしても、音楽として永遠の輝きを放っているタイムレスな内容。限定250部、インサート付属。これはお見逃し無く。Meditationsとしても、全音楽リスナーへ大推薦です!!!
Pendant - To All Sides They Will Stretch Out Their Hands (2LP)
Pendant - To All Sides They Will Stretch Out Their Hands (2LP)West Mineral Ltd.
¥4,225
毎度完売必至のこのレーベル、大本命が帰ってきました。これはまたしても人間離れした凄い一枚へと収束。座して浴びましょう!!Basic Channel〜Chain Reactionの命脈を継ぎ、〈Motion Ward〉や〈Experiences Ltd.〉〈Daisart〉といった周辺レーベルまでも育つつ、現行ダブ・アンビエントの地平を大きく押し広げてきた大名門〈West Mineral Ltd.〉。その首領であり、現代電子音楽シーン屈指のカルト・アイコンであるHuerco SのPendant名義での最新アルバムが実に3年の時を超えてアナログ・リリース。現行ダブ・アンビエントの金字塔的傑作として語り継がれていくであろうマスターピース『Make Me Know You Sweet』のわずか一週間後に書かれたという、超現実的かつトリップした、異星人的サウンドスケープ。荒涼としています。やはりマスタリングはRashad Beckerが担当、〈Loop-o〉でのカッティングと万全の仕様です。今作も絶対にお見逃しなく!
Vels Trio - Celestial Greens (Green Splatter Vinyl LP)Vels Trio - Celestial Greens (Green Splatter Vinyl LP)
Vels Trio - Celestial Greens (Green Splatter Vinyl LP)Rhythm Section International
¥3,842
モダンなプログレッシヴ・ミュージックの新たなヴィジョンとも言える意欲作。 昨年に敢行されたファースト・アルバムの復刻に続いて、待望の最新LPが4年ぶり遂に到来!Shabaka HutchingsやThe Comet Is Comingともコラボレーション、英国の現代ジャズにフォーカスした画期的コンピ『Kaleidoscope (New Spirits Known & Unknown) 』(Soul Jazz)にもフィーチャーされた大人気ジャズ・トリオ、Vels Trio。ここ数年で大きな注目を集める英国の現代ジャズ・シーンから現れた重要アクトによる最新アルバムが〈Rhythm Section International〉からアナログ・リリース。サイケデリックなシンセサイザーや、深みのあるアレンジ、洗練されたグルーヴ・セクションなどから巧みに組み上げられた一作となっており、ファンク風のベースを用いたドリーミーなジャム”May As Well Be”、ピッチダウンしたスロウコアへと溶け込んでいくメランコリックで力強い”Pop Stuff”といった強力なナンバーの数々が収録。ウェリングにあるケイト・ブッシュの個人スタジオで録音された作品となっています!
Anthony Naples - Club Pez (12")
Anthony Naples - Club Pez (12")ANS
¥2,197
DJ PythonやButtechno、Call Super、People Plusといった極めて尖った面々を揃える気鋭レーベル〈Incienso〉を共同運営していることでも知られるニューヨークの鬼才プロデューサー、Anthony Naplesによる最新作が自身の〈Incienso〉サブレーベル〈ANS〉からアナログ・リリース。本作のキーワードは2021年夏のニューヨークのダンス・ミュージック・シーンとのこと。希望とオプティミズムの間で、扇情的なシンセ・サウンドやディープなダブ・エフェクトまでもが渾然一体となったエクスペリメンタル・テクノを全5曲収録。
Deep Space Network - Big Rooms (2LP)Deep Space Network - Big Rooms (2LP)
Deep Space Network - Big Rooms (2LP)re:discovery records
¥4,179
祝初LP化再発!〈Warp〉や〈Modern Love〉といった聖地からの傑作群を始め、未だに大きな躍進を続けるドイツの大ベテラン・テクノ・プロデューサー/イノベーター、Move DことDavid MoufangとJonas
Grossmanによるプロジェクトであり、アンビエント、チルアウト、SFテクノ、IDMを見事に組み合わせた電子音楽を探求していた”Deep Space Network”がMove Dのレーベルである〈SOURCE RECORDS〉1993年にCDのみでリリースしていた名作が遂にアナログ・リイシュー!実に27年の時を経て初レコード化であり、これを敢行したのは90年代中盤のエレクトロニック・ミュージックにフォーカスし発掘を繰り広げていくという大注目な米国の新鋭レーベル〈re:discovery records〉。ニューエイジ・リバイバルというプリズムを通して90年代テクノ&ハウスを紐解いた画期的コンピレーションであり、〈Music From Memory〉が昨年発表、大きな話題となった「Virtual Dreams」とも大きくリンクした大変グレイトなリリース。全アンビエント・テクノ&IDMファンに!
Warda - Khalik Hena (LP)
Warda - Khalik Hena (LP)Wewantsounds
¥4,043
〈Sublime Frequencies〉が先日編集盤を発表したばかりのエジプト/アラブの伝説的な作曲家Baligh Hamdiも楽曲を提供。アルジェリア人の父とレバノン人の母の間にパリ郊外で生まれ、11歳の時にアラブ音楽を専門とする〈EMI〉傘下のレコード・レーベル〈Pathe Marconi〉のA&R部門の責任者であるAhmed Hachlafに見出された誰もが認めるアラブ世界の伝説的歌姫Warda。1973年に同国の大手レーベル〈Soutelphan〉より発表していたマスターピースにして激レアでも知られる一作『Khalik Hena』が〈Wewantsounds〉より初の公式アナログ復刻。アラブの弦楽器をフルに用いた自身のオーケストラの演奏をバックにしたカルト的なパフォーマンスを収録したアルバムであり、Jay ZやDillaがサンプリングしていたことでも知られています(!!)伝統的なアラビア音楽に70年代のグルーヴ感を取り込んだ催眠的パフォーマンス!Mario Choueiryによる仏語/英語によるライナーノーツ掲載のインサートが付属。オリジナル・アートワーク&リマスター・オーディオ仕様。

Recently viewed